iPhone

iPhoneの電波が悪い時にすべき電波改善方法を大紹介

iphone6plus-538898_640
iPhoneを使っていてる時に突然電波が弱くなってしまったり、電波の強さは変わっていないにもかかわらず通信速度が遅くなったと感じることはないでしょうか。
電波の状況が悪いとブラウジングもまともにできなくなり、とてもストレスになってきますよね。
これでは、せっかく高性能なiPhoneも役に立たなくなってしまいます。
様々な原因によりこのような状況になると思いますが、ここではiPhoneの電波が悪くなった時に解消するための方法を紹介していますので、iPhoneの電波の状態が良くないと感じた時にはここで紹介している内容をお試しください。

機内モードにする

電波が悪いと感じた時にはiPhoneの電波を一度全部切断して、繋ぎなおすことで改善されることがあります。
手順としては、「設定」アイコンをタップし「機内モード」のスライドボタンを右にスライドすると機内モードがオンとなり、全ての通信が切断されます。
この状態で数秒経過したら再度「機内モード」のスライドボタンを左にスライドさせて機内モードをオフにすることで、iPhoneの電波が繋がり状況が改善されることがあります。
もう一つの手順として画面下部から上方向にスワイプし、コントロールセンターを表示し、左端にある飛行機のアイコンをタップすることで機内モードをオンにし、再度タップすることでオフにすることもできます。
コントロールセンターから操作するほうがホーム画面に戻る必要がないため、より手軽かもしれませんね。

LTEをオフにする

iPhoneは通常は、高速なLTE回線にで接続する仕様にになっています。
しかし、電車などで移動している場合や地域によっては基地局の許容量をオーバーするほど多くの携帯電話が接続している場合があり、その場合には電波はつかんでいるにも関わらず通信速度が遅くなる場合があります。
そのような時にはLTE回線ではなく3G回線に繋ぐことで改善する場合があります。
操作方法としては「設定」アイコンをタップし「モバイルデータ通信」の項目を選択します。続いて、「4Gをオンにする」のスライドボタンを左側にスライドすることで4Gがオフになり3Gに接続されます。
もし、基地局の許容量の問題によりiPhoneの電波の状況が悪化している場合にはこれで改善する可能性があります。
一時的な回避なので電波状況が良い場所に移動した場合には、4G接続をオンに戻すことをお忘れなく。

ケースの材質を確認する

iPhoneを利用している方の多くは、iPhoneに傷が付くことを防いだり、個性を演出するために、お気に入りのケースを付けているのではないでしょうか。
プラスチックやシリコン資材の場合には電波の状態に影響を与えることは少ないと思いますが、アルミなどの素材でできたケースをお使いの場合には注意が必要です。
ご存知の通りアルミは電波を通しにくい性質があるため、ケースの形状によってはiPhoneの電波を遮ってしまうため電波が弱くなってしまうことがあります。
もしアルミ素材のケースやバンパーを使っていて電波が悪いと感じている方は一度ケースを外してみて電波の状況を確認してみるとよいでしょう。

SIMカードを入れなおす

sd-card-34041_640
SIMカードの接触が悪くなったことによりiPhoneの電波の状況が悪化する場合もあります。このような時にはSIMカードを一度本体から取り出して再度入れなおすことで改善することがあります。
SIMカードを入れるときに指紋がついていたり、埃が何かの原因で入りこんだことが原因で接触が悪くなっていることもあるため、SIMカードを取り出したら軟らかいティッシュペーパーなどで軽く拭いてから本体に戻すと良いでしょう。
SIMカードを取り出す方法ですが、iPhoneの入っていた箱からSIMカード用のピンを取り出します。
iPhone本体の側面にあるSIMトレイにある小さな穴に、先ほど箱から取り出したピンを差し込みます。そのまま力を入れて押し込むことでSIMトレイが出てきますので、指でつまんで引き出します。
この時に金色の接触部分に直接触れてしまうと指紋などがついて電波が悪化する原因となるため注意が必要です。再度トレイにSIMカードをセットしてトレイを押し込んで完了です。

再起動する

iPhoneの場合、長時間使い続けていると不具合が出てくることがあります。
何日も再起動をしていない場合にはiPhoneの動作自体が不安定になっていることが電波が悪化する原因となっている可能性もありますので、一度再起動することで電波の状態が改善する場合もあります。
再起動する方法は電源ボタンを長押しし、画面上に「スライドで電源オフ」のメッセージが出てきたら右方向にスライドします。
しばらくするとiPhoneの電源が完全に切れるので、再度電源ボタンを押して電源をオンにします。

まとめ

ここまでiPhoneの電波が悪くなったときの対処方法を紹介してきましたがいかがでしょうか。
大抵の場合にはこれらの方法で電波が改善します。
もし電波を掴んでいるにも関わらずデータの通信速度が遅いという場合には電波の問題だけではなく、1カ月あたりの高速通信可能なデータ容量をオーバーしている場合やSoftBankで契約している方の場合には3日で1GBを超えるデータ通信を行ったことにより、通信速度の制限をかけられていることも考えられます。
通信速度が極端に遅くなったという場合には通信制限がかけられている可能性が高いため利用状況を確認してみると良いでしょう。

関連記事

知らなかったじゃ済まされない!iPhoneに潜む3つの罠
もう電池を気にすることもなくなるの?スマートフォンの電池
ソフトバンクは電波もすごい!?ここまで届いた都内7地点

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧