iPhone

iPhoneの容量どれにする?迷った時に見たいサイト5選

iphone-410324_640
iPhone購入の際に迷うのが容量。 どのくらい利用したら何GBにすべき?こんな疑問、一度は抱いた事があるのではないでしょうか。
できるだけ安く済ませたいけど、容量足りずに後悔するのは嫌。 真ん中が一番、普通なんでしょ?でもそんなに使うのかな。思うところは皆それぞれでしょう。
今は調べれば、ほとんどの事は解決できます。
今回はそんなみなさんのために、わかりやすく容量判断できるサイトを ご紹介します。

APPBANK

APPBANK
こちらのサイトは、アプリゲームなど幅広く紹介しているサイト です。
iPhoneの容量に関しても表でわかりやすく記載されてあり、 文章読むのが苦手な人には良いかもしれないですね。
ただある程度、わかる人にとっての内容が多いので そんな事細かく説明されなくてもわかるよって方におすすめです。
冒頭でもご紹介しましたが、アプリゲームなどの記事も多く 記載されていますので、iPhoneの容量調べながら、気になるアプリについて 調べてみるのも良いかもしれないですね。
その他、最新情報なども多数ありますので、とても勉強になりま す。

価格.com

価格.com
こちらのサイトは紹介記事などはないのですが、 おすすめ理由は口コミによる、生の声が聞けること。
色んな人の色んな声が聞けますので、ご自身と照らし合わせな がら、ぴったりの容量を選ぶ事ができそうです。
一つのサイトで選んでしまえば、そのサイトの意見に左右され がちです。
でも、この口コミによる生の声はいち利用者の方が体験をも とに口コミしてくれますので、メリットもデメリットも色んな角度から検証できそうです。
大体このiPhoneの容量にし ようと決めて、最後にこのサイトで確認されるのも良いかもし れないですね。

ENJOYPCLIFE.NET

ENJOYPCLIFE.NET
こちらのサイトも、iPhoneについてわかりやすく紹介されてい ます。
こんな人には、これぐらいが良いというアドバイスや注意点な ども説明してあり、良い情報が満載です。
具体的に何にiPhoneの容量が必要かわからない人にとっても電話、メールがメインなら16GB。アプリや音楽、写真をいっ ぱい利用したい人は64GB。動画撮影、動画閲覧が多い人は 128GBなど。
使い方に合わせ、このiPhoneの容量ならこれだけ使えるという 実用性のある情報です。
安易な情報に振り回される前にまずはこのサイトで確認して ご自身に必要な容量確かめましょう。
そうすれば、ショップに行っても、iPhoneの容量はこれで!と自信をもって購入ができますね。

KZRANDUM.COM

KZRANDUM.COM
こちらのサイトは、初めからおすすめのiPhoneの容量を推奨して くれています。
どうしてその容量が良いのかを紹介してくれる記事で なるほどという感想にたどり着けるサイトです。
そして、細かいカテゴリに分けて、iPhoneの容量ごとに説明して くれるので、そのカテゴリの当てはまる数でiPhoneの容量を判断 できてしまいます。
ちなみにこのサイトでおすすめしている容量は64GBですが、 どうやらiPhoneを利用する際に人が陥る心情に基づいて導き出されたようです。
つまり、初めは利用しないと思っていてもiPhoneをもつと ついつい使いすぎてしまい、もっと容量が多いiPhoneにすればよ かった!と後悔するケースもあるという事なんですね。

iGeek2

iGeek2
iPhone、Androidの最新情報や役立つ情報がとてもわかり安く記 載されています。
容量選びで迷ったらまずここ。16GBなら写真1000枚と音楽1000曲、アプリ数個で 厳しくなるなど、具体的かつ分かりやすく紹介されています。
難しくなく丁寧に説明してくれていますので、専門用語はちょっ と苦手、という人におすすめです。
ご自身が何にどれくらい利用するのかさえわかっていれば 紹介記事に照らし合わせていくだけで、iPhoneの希望容量がわかります。
迷う事なく、ご自身にぴったりの容量を見つける事ができるはずです。

ご心配なく、実は容量いっぱいになっても大丈夫

iPhoneの容量が少ないものを購入し使いすぎてしまった場合、 しまった・・やっぱりもう一つ容量が大きい方にしとけば・・って事になっても実は大丈夫なんです。
パソコンでiPhoneの写真や 動画を移行して、iPhoneに入っているデータを消去すれば空いた容量分、また写真撮ったり動画入れたり出来るんですね。
他にもパソコンなしで、実質容量を増やす事もできます。そうです、USBメモリもiPhoneに使えるんですね。USBメモリがあれば、さしたまま利用ができますので、実質容量が 増えた状態で利用できてしまうんです。
こんな便利な方法もありますので、万が一の際にもご心配なく。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はiPhoneの容量選びの際に、 参考にできるサイトという事でご紹介しましたが、どれも、良い道標になってくれるサイトばかりです。
今回ご紹介したサイトを攻略すれば、iPhoneについて 語れる様になりそうです。
様々な情報を照らし合わされながら、ご自身にあった iPhoneの容量を選ぶ方法の一つとして閲覧されてみるのも良いですね。
色んなサイトの色んな意見に触れる事で 必然的に必要な容量はどれくらいなのか見えてくると思いま す。
万が一、容量が足りなくなっても方法はたくさんあります。 大切なのは、ご自身に合った情報を上手く吸収していく事です。

関連記事

iPhoneの容量は16GBでも十分に使いこなせるのか検証
最低容量の16GBiPhoneを上手に使いこなす方法5選
16GB・32GB・64GB、iPhoneの容量の選び方のコツ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧