iPhone

超初心者必見!今更聞けないiPhoneって何?7つの答え

今までケータイを利用していた方も、そろそろスマホに機種変更しようとお考えの方も多いのではないでしょうか。
巷では、スマートフォンの中でもiPhoneの人気がとても高く、スマートフォンを利用しているユーザーの2人に1人はiPhoneを利用しているとも言われています。
そのため、身近な人がiPhoneを利用している方の場合には同じiPhoneを購入しようとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、そもそもiPhoneって何なのか。スマートフォンと携帯は何か違うのか。
スマホ初心者や、これからスマートフォンの購入を検討している方が疑問に思う、今更聞けないiPhoneって何?に対する7つの答えを、ここでは紹介しています。
iPhoneの購入を検討されている方はもちろんですが、スマホ初心者にも参考になる部分がありますので、是非ご一読いただけたらと思います。

スマートフォンの一機種である

スマートフォンの一機種としてのiPhoneですが、まずスマートフォンとは何かについて触れておきます。
スマートフォンが登場する前の携帯電話はフューチャーフォンあるいはガラケーと呼ばれていますが、スマートフォンとはどのように違うのかということになります。
電話やメールは同じ様に使うことができますし、ガラケーにもメモ帳やカレンダーなどの便利機能は搭載されていました。
しかし、それは限定的なもので、メーカーが予め準備したものしか使う事が出来ず、それ以上の機能を望む場合には、対応した端末を新たに購入するしかありませんでした。
それに対してスマートフォンは、様々なメーカーや開発者が作成したアプリを自由に選択し、追加する事が可能です。
パソコンを利用した事のある方にはイメージが付きやすいと思いますが、CDやDVDでパソコンに必要なソフトを追加することに似ています。
そのような、意味からもスマートフォンとはパソコンのような高性能な機器に電話機能が埋め込んである端末であるといえます。

iPhoneと他のスマートフォンはOSが異なる

apple-763766_640
スマートフォンとはパソコンのような高性能な端末であるとお伝えしましたが、パソコンなどのソフトを自由にインストールする事ができるわけではありません。
パソコンでもWindowsパソコンとApple社のMacなどがありますが、これらは相互にソフトを利用する事が出来ません。
これはパソコンの基本ソフトと呼ばれるOSが異なるためですが、スマートフォンの場合にも同様にOSの違いによりインストールできるアプリも異なってきます。
スマートフォンもパソコンの様に搭載されているOSにより分類されており、Googleが開発したAndroidと呼ばれるOSを搭載したスマートフォンはAndroidスマートフォンと呼ばれ、Apple社が開発したiOSと呼ばれるOSを搭載したスマートフォンがiPhoneとなります。
Androidスマートフォンは様々なメーカーが開発しているのに対して、iPhoneはApple社のみが開発しています。

Appleのみが開発する事のメリット

Android端末はソニーやシャープなど日本国内のメーカーをはじめとして、サムスン・ASUSなど海外メーカーも含め多くの企業が開発しており、その端末にAndroidOSを端末に載せるという事になりますが、先ほども触れた様にAndroidOSはGoogleが開発しているため、端末に合わせたOSのカスタマイズが容易ではなく、むしろOSに合わせた端末作りと言うスタイルになってしまいます。
しかし、iPhoneの場合にはiOSとiPhoneをAppleが一手に開発しているため、ソフトとハード相互にカスタマイズし易いというメリットがあります。そのためiPhoneは独自で使い易いインターフェースを実現しているという状況になっています。

アプリの質にも違いがある

apple-1125136_640
iPhoneでアプリを入手したい時には、AppStoreからダウンロードします。Androidにも同様にGoogle PLAYと呼ばれるマーケットからダウンロードします。
どちらも開発者が作成したアプリを公開する場に違いはないのですが、Appleの場合には全てのアプリについてAppleの審査があります。
開発者にとっては敷居が高くなってしまいますが、アプリを利用する側からすると大きな安心に繋がります。
ウイルスなど不正な動作をする可能性のあるアプリは審査で落とされてしまうので、セキュリティー面で優れているスマートフォンはiPhoneであると言えます。

カスタマイズ性に劣る

iPhoneはAndroidスマートフォンに比較するとカスタマイズ性に劣っています。ホーム画面で動作するウィジェットなども設定ができないため、独自の設定を楽しみたいと言う用途から見ると物足りないかもしれません。
その理由として、iPhoneはAndroidと比較すると基幹部分へのアクセスを限定的にしているとことがあります。
アプリからはAppleが許可した部分へのアクセスしかできないよう制限されているという事は、逆に考えると深刻なダメージを与える可能性のあるウイルスに接触したとしても、その動作を無効化してしまうということになります。
アプリ同様、制限されているからこそ得られる安全と言う意味で、iPhoneはよりセキュリティーを重視していると言えます。

iPhoneの歴史

iphone-569065_640
iPhoneと一言でいっても歴史は長く、初代3Gから最新のiPhone6sそしてiPhoneSEに至るまでの経緯の概要を見て行きます。

◇iPhone3G

発売時期:2008年7月
初代iPhoneです。3.5インチサイズの液晶画面を搭載しカメラも背面のみ搭載で解像度は200万画素でした。
背面がラウンドしたデザインで当時の電話機としては斬新なデザインでした。

◇iPhone3GS

発売時期:2009年6月
iPhone3Gからおよそ1年後に発売されたiPhone3SGの見た目は、iPhone3Gと変わらず、内部のプロセッサーの強化やメインメモリの容量アップなどが行われ、動作も見違えるように高速化しました。
また、メインカメラも性能があがり300万画素に強化されています。

◇iPhone4

発売時期:2010年6月
全モデルからナンバーリングが上がったことで、外観も大幅な変更が加えられました。
背面は強化ガラスで覆われ、側面はメタル素材が採用されることで、質感は大幅に向上しました。
液晶画面サイズはiPhone3GSと同じ3.5インチですが画素密度が大幅に向上したRetinaと呼ばれる液晶画面が採用されました。
また、背面カメラは500万画素に強化され、全面にもカメラが追加されました。

◇iPhone4s

発売時期:2011年10月
iPhone4の後継モデルとして登場したモデルですが、iPhone3Gの時と同様、ナンバーリングに変更はなく、「S」が付与されるモデルになっています。
外観上には変更点はなく、プロッセッサーやメモリの強化の他、カメラの解像度も800万画素まで向上しています。

◇iPhone5

発売時期:2012年9月
これまで変わらず3.5インチサイズを維持してきた液晶画面ですが、iPhone5で大型化が図られ4インチ液晶が搭載されています。
また大きな変更点としては、従来の3G回線の他現在では当然になってきましたが、より高速なLTEに対応したのもこのモデルからになります。
そして、パソコンやタブレットをiPhoneの通信回線を介して接続する機能であるテザリングもこのモデルから使えるようになりました。

◇iPhone5s

発売時期:2013年9月
iPhone3G、iPhone4から恒例となっているS付のモデルとなります。
外観はiPhone5から変わりはありませんが、プロセッサーやメモリが強化された他に、指紋認証によるロック解除を実現するTouchID機能が搭載されたのはこのモデルからになります。

◇iPhone6

発売時期:2014年9月
ナンバーリングモデルとしては現行の1世代前のモデルになりますが、このモデルでは従来よりも液晶画面のサイズが大幅に拡大され、サイズにより2モデル展開となりました。
iPhone6は4.7インチ液晶を搭載し、iPhone6Plusは5.5インチの液晶を搭載しています。

◇iPhone6s

発売時期:2015年9月
そして、ナンバーリングモデルとしては最新モデルとなるiPhone6sになります。iPhone6から外観上は大きな変更はありませんが、プロセッサーの性能が大幅に向上したばかりではなく、新色ローズゴールドが追加されました。
また、液晶画面内部に感圧センサーを搭載したことにより、画面をタップした後に更に強く押し込むことでメニューを表示するなど便利な機能が追加されています。

◇iPhoneSE

発売時期:2016年3月
iPhoneシリーズの中では最も新しいもでるになりますが、これまでとは異なりナンバーリングのないSEモデルとなっています。
iPhone6sの後継機種というよりは4インチ最後のモデルとなったiPhone5sの後継機種という位置づけになっています。
外観はiPhone5sを継承したものとなっていますが、内部のスペック的にみるとiPhone6sと同等となっているため、片手操作が容易な4インチモデルが好みの方には適したモデルとなります。

iPhoneを購入できるショップ

iphone-563067_1280
初代iPhone以来、当面日本国内ではソフトバンクのみで取り扱っていましたが、iPhone4sからはソフトバンクに続いてauでも販売が開始されました。
そして、iPhone5からはドコモも参戦し、現在では大手3キャリアで購入することが可能になりました。各地にあるAppleStoreやAppleのオンラインストアでもiPhoneを購入することが可能です。
しかし、Appleで購入できるiPhoneはSIMフリーと呼ばれる機種のため、電話回線の契約はユーザーが適宜契約する必要があります。
最近通信料金が安い格安SIMと組み合わせて使うならAppleStoreでSIMフリー端末を購入するのも良いでしょう。

まとめ

ここまで、スマホ初心者が思うiPhoneって何?に対する7つの答えを紹介してきましたが、いかがでしょうか。
iPhoneはスマートフォンの一機種ではありますが、日本国内では利用者が多く人気機種となっています。
シェアを二分するAndroid端末と比較されることの多いiPhoneですが、デザインの良さばかりではなく、ここで紹介したようにセキュリティー面でみても優れている点多いiPhoneですので、スマートフォン初心者の方にこそお勧めの機種であると言えます。
ここでiPhoneがどのようなものであるか理解いただいた上であなたに合ったスマートフォンを選んでいただけたらと思います。

関連記事

教えて!!スマホからiPhoneにするメリット5項目
【裏ワザ】iPhoneを長持ちさせる方法で充電切れ知らず!
4つの手順でキャッシュをクリア!iPhoneライフを軽やかに
油断大敵!メモリを食うiPhoneキャッシュを1発で削除する!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧