iPhone

あなたのiOSは最新?確認は、とっても簡単3ステップ!

iPhoneのiOSの更新、iPhoneユーザーの中には最新なのかわからなかったり、そもそも自分がいつのiOSを利用してるかを知らない方は多いのではないでしょうか?
「気付いたら、アプリの更新が古すぎてできない。」なんて事もありえます。
また、新しいアプリが入れられないと機種変更時に電話帳の移行や写真の移行が上手くいかない、出来ないなんて事態に陥ってしまいます。
アプリの更新は簡単ですが、iOSと言われるとグッと難しくなった様に感じますよね。最新にすると、今までの不具合の解消や新たな機能が利用出来るようになります。
とても簡単に確認が出来るのでよく知らないという方はすぐに確認していきましょう。
 

①今のバージョンを確認

iphone-830480_640
まずは、現在のiOSのバージョンをを確認しましょう。
ご利用中のiPhoneから「設定のアプリ」を開きます。
開いたら、「一般」という項目を探して進みます。次に「情報」をタップして下さい。
そうすると、現在利用しているiPhoneの細かな情報が出てきます。
その中に「バージョン」という項目があります。そこに書いてある数字が今利用しているバージョンです。

②最新かどうかを確認

先ほど確認したバージョンが最新かどうかを確認します。
「設定のアプリ」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」にて確認が出来ます。
ご利用中のiPhoneのiOSが最新の場合、「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示が出ます。
更新が必要、最新のiOSでない場合は更新が可能なiOSが表示されます。
2016年3月現在、最新はiOS9.2.1などですが。ご利用中の端末によって表示が違う場合があります。
最新のiOSに対応していない機種をご利用の際はその機種で利用出来る最新のモノで表示されます。

③最新にしましょう

iphone-563072_640
最新になっていない場合は最新のものに更新しましょう。
更新の仕方は2通りです。
・Wi-Fi環境でiPhoneだけで行う
・パソコンでiTunes経由で行う
ご利用の環境に合わせて方法を選択しましょう。

Wi-Fi環境

ソフトウェアアップデートの画面でそのまま行えます。
Wi-Fi環境に入ると、ダウンロードとインストールが押せるようになるので、押して開始しましょう。
するとすぐにダウンロードが始まります。ダウンロードが完了すると、更新内容・使用許諾契約の確認が出てくるので確認の上、同意して下さい。
インストールにもしばらく時間がかかるのでその間iPhoneの操作ができません。電源が切れ、ゲージが表示されるので、それが終われば更新完了です。
更新後はiPhoneの初期設定をもう一度入れます。画面に沿って任意の設定を入れてください。そこまで難しくないのですぐ終わります。
ホーム画面が出てくればすべて完了です。設定からソフトウェアアップデートを再度確認してしっかり最新のものになっているかチェックだけしておきましょう。

パソコンで更新

パソコンを立ち上げiTunesを開きます。この時、iTunesの更新が必要の場合は更新してからにしましょう。
次にパソコンとiPhoneをケーブルでつなぎます。iTunesでiPhoneのマークが現れます。
最新のiOSでないiPhoneを利用中の場合つないですぐにiPhoneの更新を促されます。画面に従って更新を押しましょう。
あとは新しいiOSのダウンロードが始まり、更新内容・使用許諾契約契約の確認を行い同意します。
つないだiPhoneの方でも更新が始まるので操作しないようにしておきましょう。
iTunesの画面上部中央に更新のステータスが表示されるのでこのステータスが消えれば完了となります。
最後にiPhone側でWi-Fi環境での更新と同様、簡単な初期設定を済ませば完了となります。

更新時の注意事項

iphone-410324_640
今後も新たなシステムの更新は続々と出てきます。出てすぐに更新すれば良いモノでもなく、まずは今利用しているアプリが最新のiOSに対応しているかをまずは確認しましょう。
特に新端末が出た時のアップデートは新機能の追加に伴っての不具合が出てくる可能性があります。iOSの更新には少し様子を見るということが必要かもしれません。
対応確認はApp Storeから確認していただけるので事前に忘れず確認をしましょう。
ダウンロード環境(パソコン、Wi-Fiインターネット)が不安定な接続の場合、エラーとなってしまう可能性もあるのでバックアップも取っておきましょう。
出たばかりの時はネットで評判をチェックしてみるのも良いですね。
特に大幅な変更のある更新時は、ネットで評判を簡単に調べれます。アプリもAppStore内で説明欄に注意が促されています。1~2週間様子を見るのも1つの手ですね。
ですので、なるべく事前に情報を仕入れてアップデートを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最新のiOSに変更や利用中のiOSの確認は簡単に行えます。
あまりに古いiOSだと、使えるアプリなかったり便利な機能が使えない原因になってしまいます。
もしまだ最新のiOSに変えていないという方がいらっしゃればこの記事を機会に変えてみてはどうでしょうか。
なるべく新しいiOSで利用することがiPhoneを快適に利用するコツでもあります。気になった方は是非すぐ確認してみてください。

関連記事

これだけ知っていれば完璧!iPhone6sに搭載される iOS9の特徴5つ
マイナーだけど知っていると自慢出来るiOS8の機能5選
【iOS9対応】みんなが使ってる人気iPhoneアプリ8選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧