iPhone

難しい操作も一挙解説!iPhone6sのマニュアル分析!

iPhone6sの操作が分からない。iPhone6sは便利なはずなのに、全く使えこなせていない。iPhone6sのようなスマートフォンは、あまりにも高機能過ぎて、逆に操作を難しく感じてしまうこともありますよね。
でも安心してください。本記事を読めば、操作が苦手な方でもiPhones6sの便利な機能を使いこなせるようになります。文字だけでは無く、実際の操作画面を載せて説明していますから直感的に操作方法を理解して頂けます。
ここでは便利と感じるiPhone6sの機能の中から、少し設定や操作が難しいけれど使えれば特に便利、というものをiPhone6sのマニュアルから厳選して4個ご紹介します。ご参考になさってくださいね。

iPhone6s の操作が劇的に楽になるSiriの使い方

「Siri」は話しかけることでiPhone6sユーザーのやりたいことを実現してくれる、頼りになる秘書アプリです。Siriを使うようになれば、iPhone6sの使い勝手は劇的に代わること間違いありません。
正直なところSiriがあればiPhone6sの細かい操作方法など知る必要がないさえ言えるほどです。

Siriでできること

Siri では次のようなことができます。
 インターネット検索
 WiFiの接続
 メールの作成と送信
 電話をかける
 スケジュールの入力と確認
 アプリの起動および連携
 目的地までの経路検索
 その他いろいろ
「Safari」や「時計」など、iPhone6sの基本アプリの操作のほとんどはSiriが代行可能です。

Siriの使い方

まずはSiriを有効にします。
[設定] → [一般] → [Siri] の順で選択していき、Siriを有効にして下さい。
Siriが無効の状態です↓↓
iphonets siri
Siriが有効になりました↓↓
iphone6s siri2
Siriが有効にできたら、実際に使ってみましょう。
iPhone6s のホームボタンを長押しするとSiriが起動します。
iphone siri
Siriが起動すると、次のようなメッセージが表示されます。
iphone6s siri3
この状態で話しかけてみましょう。話し言葉で話しかけて通じます。
また、より的確に指示を伝えられる話しかけ方をSiriが教えてくれます。
iphone6s siri4
これらを参考にして話しかけます。ちなみに、インターネット接続がないとSiriは機能しないです。

iPhone6sに触らずに操作できる

Siri の「Hey Siri」という機能を有効にすると、iPhone6sに触らなくても操作できます。やり方は、Hey Siriを有効にし、iPhone6sを電源につないでおくだけです。
例えば、iPhone6sに「Hey Siri」と呼びかけてから、「音楽流して」と言えば、自動で音楽を流してくれます。
Hey Siriを有効にするには、先ほどのSiri設定画面に移動し、「“Hey Siri”を許可」をタップします↓↓
iphone6s siri5
Her Siri の設定が始まりますので、「今すぐ設定」をタップしてください。
iphone6s siri6
Hey Siri にユーザーの声を登録します。画面の指示通りにiPhone6s に向かって話しかけてください。
「Hey Siri」は「ヘイ、シリ」です。これを何度か繰り返します。
iphone6s siri7
Hey Siri が有効になりました↓↓
iphone6s siri8
あとはiPhone6sを電源につないで、「Hey Siri」と呼びかけてから、やりたいことを伝えてiPhone6sを操作してください。

家族全員で音楽や写真を共有する

iPhone6s には、家族で音楽、写真、映画、アプリなどを共有できる「ファミリー共有」という機能があります。ファミリー共有で家族旅行の写真やカレンダーを共有することで、家族内のコミュニケーションもスムーズになり、絆も深まるかもしれません。

ファミリー共有で共有できること

ファミリー共有では次の事柄を共有できます。
 iTunes Store の購入項目
 App Store の購入項目
 iBooks Store の購入項目
 カレンダー
 写真
 位置情報

ファミリー共有の使い方

ファミリー共有を使うには、まず家族でグループを作ります。そして代表者一人がグループに参加している家族のiTunes Store、App Store、iBooks Store における購入代金を支払うことに同意すれば利用できます。
以下具体的なiPhone6s の操作の流れを見ていきましょう。

代表者の設定

まずグループの代表となる人が設定します。[設定] → [iCloud] → [ファミリー共有を設定…] を選択します。
icloud
[ファミリー共有を設定…] を選択すると次のような画面が開きます。
icloud2
画面の指示に従って、設定を進めていきます。
まずはファミリー共有の管理者として、グループの支払いをすることに同意します。
icloud3
続いて、購入アイテムが共有されることに同意します。
icloud4
続いて、支払方法について同意します。
icloud5
これでグループ代表者の設定は完了です。

家族をグループに招待

次は家族をグループに招待します。
[家族を追加…]をタップします。
icloud6
グループに招待したい家族の名前またはメールアドレスを入力します。
icloud7
招待する家族にApple IDのパスワードを直接入力してもらうか、登録案内を送って本人のiPhoneでApple IDのパスワードを入力してもらいます。
icloud8
ここでは直接入力してもらう方を選択しました。
icloud9
パスワードを入力したら、後は画面の指示に従って iPhone6sを操作していけばファミリー共有が有効になります。
同様にして、他の家族もグループに招待していきます。

離れた場所にいる自分と友達の位置を互いに把握する

iPhone6sのアプリ「友達を探す」を利用すると、離れた場所にいる友達の位置を把握することができます。
待ち合わせる時にとても役立ちます。地図上で複数人の位置を同時に把握できるので、グループ行動の時などに万が一はぐれても安心です。
アプリ「友達を探す」のアイコン↓
iphone6s find friend

「友達を探す」の使い方

始めに互いに位置情報の共有をオンにしておく必要があります。
[設定] → [iCloud] → [位置情報を共有] と選択します。[位置情報を共有] は、[iCloud] 画面の下の方にあります。
icloud10
[位置情報を共有] をオンにします。
icloud11
アプリ「友達を探す」を起動します。
画面左上の「<」マークをタップします。
icloud12
「追加」もしくは「友達候補」をタップします。
icloud13
連絡先一覧が表示されるので、位置情報を共有したい相手を選択します。
icloud14
位置情報を共有する期間を選択します。
icloud15
位置情報が共有された相手はリストに表示されます。
icloud16
この段階ではまだ友達が自分の位置を把握できるようになっただけで、自分はまだ友達の位置を把握できません。
次に友達の位置を自分にも共有させてもらえるようにします。
リストの友達をタップすると下のような画面が出るので、「フォローをリクエスト」をタップします。
icloud17
友達のiPhoneでアプリ「友達を探す」を起動すると、下のような位置共有の承認画面が出ます。承認してもらいましょう。
icloud18
友達の承認が済むと、下の図のように友達の位置が地図上に現れます。
icloud19

頻繁にする操作をショートカット登録して利用する

「画面の回転をロックしたいんだけど、どうするんだっけ?」iPhone6sを操作する時に、ちょっとしたことなのに方法を忘れてしまって余計な時間がかかってしまった、なんてことありませんか?
iPhone6s には頻繁に行う操作に対してショートカットするためのアプリ「AssistiveTouch」が入っています。全ての操作に対してショートカット登録ができるわけではありませんが、使えるようになると操作時間を短縮できるのは確かです。
AssistiveTouch は他のアプリが起動していても常に画面の端で待機しています。そのためいつでもショートカット機能を使えます。通常の操作の仕方では不可能なタイミングでもAssistiveTouchなら可能な操作もあるので、ぜひいろいろ試して使ってみてください。

AssistiveTouchに登録できる操作

 ホームボタンを押す
 マルチタスク画面を呼び出す
 通知センターにアクセス
 コントロールセンターにアクセス
 Siriを呼び出す
 デバイス操作一覧の呼び出し
 画面をロック
 画面を回転
 画面の向きをロック
 スクリーンショットを撮る
 音量を上げる
 音量を下げる
 消音
 トリプルクリック
 シェイク
 ピンチ
 ダブルタップ
 ジェスチャ
 オリジナルジェスチャ

AssistiveTouchの使い方

まずはAssistiveTouchを有効にしましょう。
「設定」 → 「一般」 → 「アクセシビリティ」 → 「AssistiveTouch」と選択し、AssistiveTouchを有効にします。
iphone6s assistive touch
すると、画面にAssistiveTouchの半透明なアイコンが現れます。
iphone6s AssistiveTouch2
アイコンをタッチするとショートカットメニューが現れます。
iphone6s AssistiveTouch3
登録内容を変更してみましょう。先ほどのAssistiveTouchの画面で、「最上位メニューをカスタマイズ…」を選択します。
iphone6s AssistiveTouch4
最上位メニューが表示されますので、変更したいアイコンをタップします。
iphone6s AssistiveTouch5
すると、登録できる操作の一覧が出てきます。好きな操作を選んで、「完了」を押してください。
iphone6s AssistiveTouch6
最上位メニューを増やしたり減らしたりすることも出来ます。
iphone6s AssistiveTouch7
最上位メニューを初期設定の6個から2個増やして8個にしました。
iphone6s AssistiveTouch8
追加したメニューに操作を登録して自分が使いやすいようにカスタマイズしていきます。

まとめ

本記事では、iPhone6sの操作で少し難しいけれど使えると便利な機能を4つご紹介しました。
 iPhone6sの秘書である「Siri」
 家族とのコミュニケーションを親密にできる「ファミリー共有」
 友達と互いに位置を把握できる「友達を探す」
 iPhone6sの操作をショートカットできる「AssistiveTouch」
iPhone6sの便利な機能を上手に使いこなして、生活や遊びをより楽しくしてもらえたらと思います。

関連記事

5分で使い方をマスター!初心者向けのiPhone6s基本操作集
iPhone6sを使いこなせ!進化した使い方はこれだ!!
今更聞けないiPhoneの便利な使い方小技~裏技5選
【保存版】3分でわかるiPhoneのテザリング設定方法と使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧