アプリ

独学で英語学習するなら必携!めちゃくちゃ使える英語学習アプリ10選

ビジネス、教育、突然のトラブル。日本に住んでいるからといって、英語を学ぶことから逃げているわけにはいかない世の中になりました。そんなとき頼りになるのが、いつでも手軽に勉強できる、スマホで持ち歩けるアプリです。重たい教科書を持ち歩く必要はもうないのです。
しかし、玉石金剛というべきか、英語学習のアプリは数多く、どれを選んでいいのか分からない人も多いと思います。そこで今回は、これさえ選んでおけば間違いない!という学習アプリを、目的別にジャンル分けしてご紹介します!

英単語・ボキャブラリー編

1.まずはこれから「えいぽんたん!」

01eipontan
画像引用:http://app-liv.jp/
英語学習アプリといったら、まずこれが浮かぶ人が多いと思います。
プレイヤーは不思議な生き物が通う学校の教師となり、自分が英語を学習することで生徒であるキャラクターを育成していきます。
ここまで話すと子供向けのゲームのようですが、難易度はそう甘くありません。
最初に出題される実力測定テストに合わせた問題から始まり、徐々にステップアップしていきます。
この事前テストのおかげで、いきなり難しい問題を出題されることも、簡単すぎる問題に飽き飽きすることもなく、適切なレベルの問題と付き合っていくことができるのです。
iOSダウンロードはこちら
androidダウンロードはこちら

2.本気でいくなら「えいご漬けMOKA」

02moka
画像引用:http://app-liv.jp/
こちらはかなりハードなアプリです。
がっつり真面目に英語を勉強したい人向けとなっています。
このアプリでもっとも重視されているのは「シャドウイング」。
ネイティブの人の音読を聞き、同じ発音を繰り返す学習方法です。
このアプリでは、最初の段階だけでも30時間以上のシャドウイングと4000語の単語力を必要とします。
大変そうですが、逆に言えばそれだけみっちり勉強させてくれるということ。
覚えた単語数をアプリの中で確認させてくれるなど、ちょっと優しさを見せてくれるところもあります。
確かな英語力が身についていくことが、一番のモチベーションということでしょうか。
iOSダウンロードはこちら
androidダウンロードはこちら

英文法編

3.一石二鳥の「ニュースで磨く英文読解力!」

03
画像引用:http://app-liv.jp/
世界情勢を知るためにも、海外のニュースを聞く・読むことは大人としてのたしなみです。
それにプラスアルファして、英語の勉強もできればすばらしいと思いませんか?「ニュースで磨く英文読解力!」では、そんな都合のいい夢を一気に叶えてくれるのです。
1日10分という適度な時間配分も読み手を疲れさせないですし、題材は毎日変わるので飽きることもありません。
ビジネスマンにおすすめしたいアプリです。
iOSダウンロードはこちら

4.本場のアメリカ英語「GreenLeaf」

04
画像引用:http://app-liv.jp/
なんと1万以上のフレーズの英文を収録しているというボリュームたっぷりのアプリ。
死にかけの教科書英語ではなく、海外で実際に使われている単語やフレーズを映像+写真+音声というマルチな方面で学習できます。
重要な単語やフレーズを最優先に学ぶための機能も充実しており、今すぐ海外へ行く用事が出来た!なんてときに使いたいです。
iOSダウンロードはこちら

リスニング編

5. 17の言語に対応「NHK WORLD RADIO JAPAN」

05
画像引用:http://app-liv.jp/
あのNHKが開発している、多数の言語に対応した公式アプリです。
日本国内で取り上げられるニュースを外国の言葉で聞けるので、分からない単語ばかり出て来たとしても、日本語のニュースと比較することで意味を類推することができます。
英語やフランス語だけでなく、アラビア語、インドネシア語、ウルドゥー語、ベンガル語など日本ではなじみの薄い言語も扱っています。ライブストリーミング配信ですが、過去ログを聞くことも可能です。
iOSダウンロードはこちら
androidダウンロードはこちら

6.ミュージックプレイヤー感覚!?「サウンドフラッシュ」

06
画像引用:http://app-liv.jp/
このアプリの最大の特徴は、好きな単語や例文を自分で登録できるところです。
デフォルトで入っているデータを覚えてしまっても、自分で自分に必要な単語を増やせばいいのですから、無限に勉強することができます。
ミュージックプレイヤーのような扱いができる操作性も、手軽に勉強できるポイントのひとつ。通勤などの移動中に最適ですね。
iOSダウンロードはこちら

ゲーム感覚編

7.気分はガンマン「早射ち英文法」

07
画像引用:http://app-liv.jp/
ゲーム感覚かつ難易度は低めですが、だからこそ英語学習をはじめたばかりの人におすすめしたいアプリです。
いきなりハードルの高いアプリでつまづいたら、何も身につかないですからね。
早射ちというだけあって時間を測定しつつ、文法の項目ごとに出題される並び替え問題を解いていきます。
現役の学生さんにはちょうどいい難易度になっています。
iOSダウンロードはこちら
androidダウンロードはこちら

8.学生にもおすすめ「英単語検品工場」

08
画像引用:http://app-liv.jp/
ペンギンのキャラクターがかわいらしいポップなアプリ。
これも学生さんにおすすめです。
単語帳のページを、工場の部品の検品のように仕分けていくミニゲームで楽しく英単語を勉強できます。
単語が全然分からない!という方は、まずこのアプリで苦手意識を取り除くことから始めてはいかがでしょうか。
ただし無料で試せるのは初級編のみ。
中級以上はアドオンの購入が必要になります。
iOSダウンロードはこちら

英語検定対策編

9.目指せTOEIC600点オーバー「TOEIC 語彙問題(基礎)」

09
画像引用:http://app-liv.jp/
TOEIC600点は、最初の難関と言われています。
このアプリは、その壁を突破するのに必要な語彙力を鍛えるアプリです。
「選択モード」では穴埋め形式で空所に入る単語を選択肢から選びます。
「暗記モード」では表示された単語を○×形式で確認しましょう
。2つのモードを使い分けることで、より効率的な学習が期待できます。
過去に間違えた問題は一覧になり、自分が苦手な問題だけをピックアップして集中的に学習できるのもポイント。
結構大事なのに、この機能が付いていないアプリも多いので、アプリを選ぶときは注意しましょう。
iOSダウンロードはこちら

10.単語からマスターしていこう「キクタンFree」

10
画像引用:http://app-liv.jp/
英語学習で有名なアルクが開発したアプリです。
リスニングとゲームで楽しく英単語を学習できます。
英単語の理解状況を振り分けるところからスタートし、分かっていない単語を集中的にトレーニング。
そして全体をテストするという3ステップでトレーニングを重ねていきます。
中学・高校などの学年で分けるのではなく、知っているか知らないかで分けるので広く深く学習できるのが、試験対策に効果的な理由です。
画像のようなクロスワードで息抜きをすることもできます。休憩もはさまないと、体に毒ですよ。
iOSダウンロードはこちら

お金をかけなくても十分勉強できる

英語の学習にはお金がかかるというイメージがつきまといがちですが、そんなことはありません。
これらのような無料のアプリでも、ばっちり学習できるのです。
もっと格的に学習しようと考えている人も、まずは基礎を無料アプリでマスターしてから有料のサービスへ取り組んでいく、というステップを踏んでも良いのではないでしょうか。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧