iPhone

高い?安い?ドコモ契約者の毎月の料金

95935be6747c6ccfbc5951c870ca905d_s
今や生活必需品と言えるまでになった携帯電話、スマートフォン。毎月利用料金を支払わなければいけません。
ドコモの料金が高いといって、解約する人が相次いだと話題になった事もありますが具体的にどういった問題があるのでしょう。
今は、利用料金だけでなく端末そのものも月々分割で支払いをしています。各社ともさまざまなサービスを打ち出して価格競争が行われています。
具体的にドコモの料金が高いと言われてしまった理由は何なのでしょう。果たして本当に高いのでしょうか。

ドコモの料金

ドコモは「カケホーダイ&パケあえる」を打ち出し、完全な通話定額の「カケホーダイプラン」と5分までの通話が定額となる「カケホーダイライト」プランがあります。
パケット通信については、家族で契約するときにお得になるシェアプランと、ひとりでも無駄なく必要なデータ容量を選択することができるデータプランがあります。
ドコモはこれら「通話定額+データ通信プラン」の新しい料金プランを目玉として設定しました。今までの料金プランを廃止しているのでドコモを契約している人に選択肢はこれしかない状況なのです。
通話が定額になったことにより、普段から電話を多くかける人にとってはお得なサービスであると思います。しかし、ドコモ側としては通話料金の収益が大きく下がってしまう結果になったのです。
しかし、こういったサービスを行ってもドコモの料金に厳しい意見も少なくありません。今はスマートフォンであれば無料通話アプリでやり取りをするので電話を使わない人にとっては、高く感じると思います。
また、普段から電話を良くする人も電話料金は下がったがデータ通信料が高いと言われる事もあるようです。

ドコモのキャンペーン

309bf333358f90d1e782887f75f31a85_s
ドコモの料金も工夫次第で安く抑える事もできるのではないでしょうか。キャンペーンなどで価格を抑えることは出来ないのでしょうか。
顧客流失を防ぐために、ドコモもキャンペーンをいろいろと打ち出しているようです。
他のキャリアを使っていてドコモのスマホに乗り換える場合、今まで使っていたスマホを下取りしてくれます。「下取りプログラム」という名称で提供されており、iPhone6s Plusの場合には30,000円相当の値引きをしてもらうことができます。
そして、他社からの乗り換えによる契約者への優遇だけではなく、既存の契約者に対してもお得に機種変更できるキャンペーンを実施しています。
今までiモードケータイを使っていた方が、スマホにすることで1,650円から使うことができる「はじめてスマホ割」というキャンペーンや、この時期機種変更をすることで、機種代金から最大5,184円割引となる「春のおとりかえ割」というものがあります。
これらの割り引きが端末店頭価格に適用されれば、毎月の支払いを抑えることも出来るのではないでしょうか。
また家族で携帯を使う場合は、同じキャリアを使うのが節約の大前提になると思います。ドコモの料金も家族で使うことによる割り引きがあります。
さらに家族の中に25歳以下の人がいれば割引が加わる嬉しいサービスもあるのです。それは「ドコモの学割」という名称で提供されておりスマホーダイなら2,000円/月、カケホーダイライトなら1,500円/月でスマホを利用することが可能になります。
25歳以下でiモードケータを使っている方であれば、はじめてのスマホ割も適応になるため800円/月からスマホを利用することもできてしまいます。
スマートフォンが普及し機能はどんどん素晴らしいものになっていきます。それと同時に端末の料金もどんどん高くなってしまいました。世間では2年縛りと呼ばれていて、端末も分割して支払うのが主流になっています。
ならばこうした、キャンペーンを利用して端末価格から割り引きがあれば月々の支払い料金も抑えることが可能になるのではないでしょうか。
また「ドコモ光」といったサービスを使えばさらにお得になるようです。
「家族のスマホ料金+家のネット+プロバイダ」により家の光インターネットがプロバイダ込みで月額4,000円から使えるそうです。
家族何人でも、一人暮らしでも家のネットとスマホがお得になるサービスのようです。これに加え、家族の月々のスマホ料金がお安くなったりするサービスもあります。選ぶプロバイダによって割引は違ってくるそうです。
家族全員のキャリアをまとめるだけでなく、家のネットもまとめて契約することによりますますお得になるようです。

まとめ

確かに、ドコモの料金は高いと評価されることもあるようです。しかしそれは工夫次第で抑える事も可能になるのではないでしょうか。
通話が定額になったことにより、仕事で電話を多く掛ける人にとっては通話料金が劇的に安くなったと思います。電話をしない人にとっては、あまりメリットに感じないかもしれませんが端末料金などを割り引きするキャンペーンを賢く使ってみると良いのでは。
通話が定額な事を活かして積極的にレストランの予約の電話などをすると周りから感謝されるかもしれませんね。
月々支払う利用料金は、価格競争が激しい今、キャリアを比べても大差はないように感じます。ドコモの場合は選択肢がこれだけな点が高いと言われてしまう原因かもしれません。
しかし詳しく調べればたくさんのキャンペーンが行われており、支払い料金を抑える事も可能だと思います。家族で新しく携帯を持つ人がいる場合は、家族全員でドコモにすればお得です。自宅でインターネットを使用するのであれば、ネットもまとめてしまえばさらにお得になるようです。
高くても、支払わない訳にはいかない電話代。安かったらもちろん嬉しいですよね。
ドコモの料金も何となくのイメージで高いからといって懸念するのではなく、安くなる場合ももちろんあるので自分の利用状況に応じたプランを調べてみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較
【2015春】今おすすめのドコモ携帯ランキング
春だから新しくしちゃう?2015年春、ドコモの最新機種
やっぱりドコモがいい!こんなに優秀、ドコモのスマホ
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧