ドコモ乗り換えでキャッシュバックをMAXまで多く貰う方法まとめ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

唐突ですが、今や生活必需品となったスマホことスマートフォン、どんな基準でキャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)を選んでいますか?多くの人が「なんとなく」「ガラケーの時からそのまま」など、明確な理由は特にない人だと思います。しかし、電話番号はそのままでキャリアを乗り換えできるMNPを利用すれば、驚くほどお得になることが多いのです。

そもそもMNPとは、Mobile Number Portabilityの略で、日本語に直せば「番号ポータビリティ」。ポータビリティって英語じゃん!という感じですよね。無理やり日本語にすると「移動しやすさ」と言うことになります。つまり電話番号をそのままで機種変更ができるから「移動しやすい」というワードとなったのでしょう。

MNPがスタートしたのは、2006年。MNPを利用しての機種変更は、乗り換わったキャリアがユーザープラス1になるだけでなく、元々のキャリアがマイナス1になるため、事実上2名分のユーザー数が変動することに。それだけに各キャリアとも、どれだけMNPでユーザーを増やすか、過当とも言える競争が繰り広げられており、ユーザー側からすると、後述するようなキャッシュバック制度など、MNPを利用しないともったいないくらいの制度になっているというわけです。

ドコモ、au、ソフトバンクと言う3大キャリアのうち、携帯電話誕生以来、常にトップシェアを誇っているものの、それがゆえに、ターゲットにされていることもあり、シェア率は下がり続けているドコモ。しかし、そんな状況だからこそ、元々国営企業のNTTが母体で、底力のあるドコモに乗り換えて、お得にキャッシュバックを貰う方法などをまとめてみました。そろそろ新しいスマホに替えようと考えている方、必見情報ですよ。

どこで機種変更をするかが大事!

ドコモビル

携帯電話が、誰もが持つようなアイテムになってから早10年余り。多くの人が1度や2度は機種変更を体験していると思いますが、どこで機種変更されていますか?ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップといったいわゆるキャリアショップで機種変更している人が多いかと思います。

キャリアショップでの機種変更は、例えばデータの移し替えなど、変わってやってくれたりするので初心者の方にはおすすめだったりしますが、キャッシュバックと言ったお金の面では、あまりおすすめできないのです。

というのも、キャッシュバック制度はキャリアが行っているわけではなく、販売店が独自で行っているということになっているからです。総務省からキャリアが、過度なキャッシュバック制度について是正の指導されていることもあり、オフィシャルのキャリアショップもしくはオフィシャルのオンラインショップなどではキャッシュバックゼロになってしまっています。自分たちはキャッシュバックを指示していないという形ですから。

実際のところは、キャリアが販促費という名目で各販売店に支払っているお金がキャッシュバックになっているようですが、「販売店が勝手にやっているよ」ということになっているので、お金の面で選ぶとしたらオフィシャルではない販売店となります。

また、各販売店は、キャッシュバック額を増やしてでも、自分のところで機種変更を行って欲しいのです。もちろん売り上げを増やすという名目もありますが、より多くのユーザーを獲得すると、それだけキャリアから受ける販促費が増えて、よりキャッシュバック額なので還元できる点と、発売したばかりの新型iPhoneなど、入荷待ちとなるスマホをより多く卸してもらえるようになるから、赤字覚悟でキャッシュバック額を増やすというわけですね。

では、オフィシャルではない販売店とは具体的にどんなところになるのでしょうか?オフィシャルではないと言っても、別に裏取引をしているわけではなく、各キャリア公認なので、なんらキャリアショップと違いはありません。

ただ、デメリットもあります。それは、人気スマホなどの入荷がキャリアショップに比べると遅い点、基本的に機種変更のデータ乗り換えなどを自分で行う点などです。正直、便利さを取るか、それともお金のお得度を取るかという選択肢になる感じですね。

実店舗だと、家電量販店や駅前などによくある街のケータイ屋さんがそれに当たりますね。それらも後述するとおり、日にちや期間によってキャッシュバック額も変わっていきます。

もう一つ、これが極めておすすめなのですが、WEB販売店。キャッシュバック額で考えれば、ここを選びましょう。具体的には「ドコモ キャッシュバック」などで検索かけると、上位にWEB販売店が出てきますので、それらでキャッシュバック額を比較してみると良いと思います。

実際いくらキャッシュバックされる?

外人現金

ここからは、なんだかんだ言って一番重要な具体的にキャッシュバック額はいくらくらいになるのでしょうか?といった点についてみていきましょう。

前述したとおり、キャッシュバックはキャリア主導ではなく、販売店主導で行われているものなので、「いくらにしなさい」と言った取り決めは特にありません。そのため、過当競争になると高額になる可能性があるわけです。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない