絶対得する!ドコモからMNPで乗り換えるメリット・デメリット一覧


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

端末にはSIMロック(シムロック)というものがかかっているため、電話番号を認識するカード(SIMカード)を入れ替えても通信できないようになっています。

2015年5月以降に発売された機種の場合には、SIMロック解除の手続きをすることにより、他社の通信回線でも利用することができます。

しかし2015年5月よりも前に発売された機種の場合には、SIMロックの解除ができないため他社の通信回線では利用することができないので、注意が必要です。
SIMロック解除ができない端末の場合、電話はできなくなるものの、今保存しているデータやゲームを利用することはできます。

また、今使っている機種がスマートフォンやiPhone、wifi対応の携帯電話であれば、wifiを通してインターネットに接続することができます。

そのため、携帯会社をのりかえる前に使っていた機種は、データのバックアップ用や、万一の予備機として取っておくことも一つの手です。

 

デメリット6. ドコモポイントがなくなってしまう

ドコモを長期に渡って利用している方だと、5万ポイント、10万ポイント貯まっているという方もいるかもしれません。

ドコモを解約して他社にMNPなどで乗り換えると、ドコモポイントはなくなってしまいます。

 

のりかえるけれど、どうしてもポイントを無駄にしたくないという場合には、カタログギフトや商品に換えることも可能です。
スマートフォンの充電器や、モバイルバッテリーならば利用機種に関係なく、様々な場合に使えるかもしれません。

 

3. まとめ

料金のメリット・デメリットまとめ

のりかえる場合、ほとんどの方が更新月以外でののりかえとなるため、解約金の9,500円とMNP転出手数料2,000円がかかります。

また、長期利用割引やファミリー割引がなくなってしまうこともあります。

しかし、のりかえ先の割引制度を利用することで、MNP時に発生する手数料や解約金なども十分補うことができるでしょう。

契約事務手数料の3,000円は他社へMNPで乗り換える場合でもドコモ内での機種変更でも同じようにかかるので、メリットやデメリットとは言えなさそうです。

 

手続きや設定上のメリット・デメリットまとめ

MNPで乗り換えれば電話番号は変えずにそのまま使うことができますが、メールアドレスは変わってしまうため、アドレス変更の連絡をする必要が出てきます。

しかし、電話番号によるショートメッセージ(SMS)は、ドコモからSoftBankなど、携帯会社が異なっていたも送信が可能なため、のりかえ後にSMSを使って連絡先の変更を伝えることも可能です。

のりかえ前の機種がスマホであるなら、SIMロック解除できない場合であっても、Wi-Fiやテザリング機に接続することで、音声通話以外の機能はそのまま利用することが可能です。

MNPはメールアドレスの変更や連絡先のデータの引き継ぎなど、手間がかかってしまいますが、料金を大きく抑えるための手間と考えるならば、それほど苦痛に感じることはないでしょう。

 

またせっかくMNPで乗り換えるならキャッシュバックの多いところがオススメです。

MNPで乗り換えたいしたいキャリア先のサイトで選んで申し込みましょう。

ソフトバンクに乗り換えたい場合:「おとくケータイ

auに乗り換えたい場合:「au Online Shop

 

まとめのまとめ

ドコモメリット

もしのりかえを検討しているなら、まずは検討先の携帯会社で何かしらの料金キャンペーンが行われているか調べてみましょう。

時期によっては変わるものの、ドコモ、au、SoftBankなどの携帯会社は、互いに契約者数や契約シェアを競い争っています。
そのため、既存の利用者が機種変更するよりも、他社から乗り換えて契約するユーザーを優遇しています。

やはりMNPする最大のメリットは、キャリア公式のキャンペーンに加えて、店舗独自で実施されている5,000円〜30,000円規模の現金キャッシュバックです。

下記でご紹介する比較表なども参考にしながら、キャッシュバックを貰えそうな店舗を選ぶと良いかもしれません。

 

 評価キャッシュバック特徴デメリット
スマホルーム★★★20000~
50000円
・高額キャッシュバック
・5sや5cは一括0円
・東京と神奈川に限られる
おとくケータイ★★★20000~
30000円
・高額キャッシュバック
・全国に店舗あり
・実際のデモ機を触れない
ソフトバンクオンラインなど★★☆0~
10000円
・直営のため入荷が早い
・店頭の待ち時間が無い
・MNPでもキャッシュバックが少ない
ソフトバンクショップなど
(専売店)
★☆☆0~
15000円
・データ移行がスムーズ
・プリペイドなど特殊契約も可
・MNPでもキャッシュバックが少ない
家電量販店★☆☆5000~
20000円
・3社を比較できる
・実際のデモ機を触れる
・ポイント還元の場合が多い
併売店★☆☆5000~
25000円
・3社を比較できる
・時間を割いて対応してくれる
・フォトパネルなどの抱き合わせ契約

 

もともと携帯電話業界は、商品自体の差別化ができない分、店舗の立地と営業人員が全てと言われており、店舗の運営費用は非常に大きいものでした。
表でご紹介した「おとくケータイ」では、集客をインターネットで行い費用を大きく削減した分、数万円以上のキャッシュバックを実施しています。フォトビジョンやモバイルwifiなどを強制的に抱き合わせ販売することもないので、安心ですね。

関連記事

iPhone6sに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法

iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選

iPhoneSEに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法

iPhoneSEの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選

どっちがいい?iPhoneSEとiPhone6sの違い4選


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない