ドコモ

ドコモで機種変更?その前に!人気機種ランキングトップ5

いくらauやsoftbankが台頭してきても、格安スマホが進出してきても、未だに45%ものシェアを誇るドコモ。
ガラケー時代の、N501とかSH206とか最新機種が数字ですぐ分かりましたが、スマホ時代になりイマイチよく分からない人も多いのでは?
一度、機種変更をすると、契約もあり、多くの人が2年以上使うものなだけに、適当には選べないですよね。そこで、ここでは、人気機種ランキングトップ5を簡単な特徴とともに紹介します。

第5位 Xperia Z5 SO-01H docomo(ソニー)

カラーバリエーションが5色展開しており、個性を主張できるモデル。
ソニー製だけあって、エンターテインメント性に長けています。例えば、音楽好きだったら、ハイレゾとノイズキャンセリングを両立しており、スマホとは思えない高音質を味わえます。
ゲーム好きだったら、PS4と連動でき、この機種をセカンドスクリーンにして楽しめるなど、ソニーならではの特徴も。カメラ機能も秀逸。世界最速となるわずか0.03秒で写真が撮れるオートフォーカスを搭載しており、ここぞというシャッターチャンスを逃がしません。
【カラー】White、Graphite Black、Gold、Green、Pink

第4位 Xperia Z5 Compact SO-02H docomo(ソニー)

上記のSO-01Hより一回り小さく(4.6インチ)のため、手の小さな女性にもおすすめのモデル。
機能的には、ほぼSO-01Hと変わりません。どちらもですが、一モデル前のものなので、価格も比較的安価になってきている点もメリットです。
【カラー】Yellow、White、Graphite black、Coral

第3位 AQUOS ZETA SH-04H docomo(シャープ)

シャープ製の唯一のランクイン。シャープと言えば、やはりAQUOS。
細部までくっきりあざやかに描画でき、画面の美しさには驚くほどです。本体をひねる操作でひとつ前に表示していたアプリに戻るツイストマジックが独自機能としてあり、寝ながらスマホなんて人にはぴったりかも。
低消費電力化を実現したIGZO液晶ディスプレイで、あと20%の充電となっても、1日持つと言われており、うっかり充電し忘れでも安心です。
【カラー】White、Green、Black

第2位 Galaxy S7 edge SC-02H docomo(サムスン)

バッテリーの長持ちが好評の同モデル。
3600 mAhもあり、通常の使い方だと丸3日は持つほどです。また、今、ブームのポケモンgoも電池を気にせずプレイできますね。
また、カメラ機能も、トップレベル。世界初となる、デジタル一眼レフカメラ技術搭載しており、薄暗い場所でも明るく撮れるのが特徴です。
更には、CMでもお馴染みの目の前に大画面が広がる「Gear VR」が付属品としてあり、新たなスマホの可能性も感じられます。
【カラー】Black onyx、White pearl、Pink Gold

第1位 Xperia X Performance SO-04H docomo(ソニー)

長らく続いたXperiaのZシリーズが終わり、新たなラインとなったXシリーズ初の実機。
ソニーの人気カメラブランド「α」の技術を応用しており、動物やスポーツシーンなどの動きがある被写体や、自撮りなども美しく撮影できます。また、バッテリーの劣化がしづらい構造となっており、2年経っても、バッテリーの省電力&長寿命化を実現している為、長い期間使おうと考えている人にもおすすめ。
もちろんながら、Zシリーズで好評だったハイレゾ+デジタルノイズキャンセリングや、高速カメラ機能は継続して搭載しており、死角がない総合力の高い1台として人気です。
【カラー】White、Graphite black、Lime Gold、Rose Gold

番外編 iPhone7(アップル)

apple-inc-508812_640
2016年9月に発売と言われており、今の段階ではiPhoneシリーズはランク外ながら、iPhone7が発売と同時に1位確実でしょうから、番外編としてランクインしてみました。
秘密主義が徹底しているアップルだけに、新機能などは噂が噂を呼ぶ段階となっていますが、イヤホンジャックが廃止になって、ライトニングケーブル(もしくはブルーツゥース)接続とイヤホンがなったり、ホームボタンが無くなるなど語られています。
アップルのティム・クックCEOは、「想像もつかない新機能される」と宣言しており、果たしてどんなモデルになるのでしょうか?噂によると9月16日発売なんて言われていますね。

ドコモ機種変更の際のポイント

機能などを説明されてもイマイチよく分からないスマホ初心者向けに、ドコモ機種変更の際のポイントをまとめます。
上記でランクインしたスマホが全てAndroid、番外編のiPhone7のみiOSというOS(オペレーションシステム)搭載になります。と言うか、アップルだけがiOSです。スマホ創生期はだいぶ両社で違いがはっきりしていましたが、今のモデルは初心者レベルでは大差ないと思います。
なので、スマホでは電話、LINEなどのメール、ネット、カメラ、ゲームくらいだったら、正直、価格とデザインで決めても問題ないと思います。それぞれの特異の機能はあるものの、OSは全てAndroidなので、そこまで機能に大差はないからです。それに半年もすればすぐに新しいモデルが出てしまって古い性能になっちゃいますしね。
そこで、ポイントとしては1つ。Android機種は、本体の選ぶ楽しみがある反面、シェアが半数のiPhoneシリーズに比べ、ケースや周辺機器などのバリエーションは少ないです。よって、スマホをとことん使いこなしたい人はiPhoneシリーズ、最低限の機能(ガラケーに毛が生えた程度)で良ければ安価のAndroidという選択肢で良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今や生活の一部のようになっているスマホ。もう手放せないなんて人も多いですよね。
せっかくの機種変更!周りに自慢できてしまうような新機種に替えちゃいましょう。

関連記事

ドコモオンラインショップの機種変更って得なの?全てのメリット・デメリットを紹介!
今がベスト!ドコモの機種変更 人気機種ランキングトップ5
見たら絶対欲しくなる!ドコモ携帯おすすめ最新4機種

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧