docomoを解約する時の違約金を0円にするための裏技


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

解約に伴う違約金について

主に解約される理由として多いのはdocomoから、他社キャリアへお乗り換えしたいことが一番かと思います。

他社キャリアから他社キャリアへのお乗り換えによるキャンペーンは非常にお得で高額なキャッシュバックキャンペーンやサポートが長く無料で受けることができたり嬉しいことばかりなのですが、一番ネックになってくるのが解約のときに伴う違約金です。

そもそも違約金とは一体何なのでしょうか。

多くのユーザーの方々は2年契約で通信会社とご契約を組まれて、スマートフォンや携帯電話をご購入されていらっしゃるのですが、解約する際には契約更新月以外の月の解約には、おおよそ10,000円近くの違約金がかかってきます。

これはどのキャリアにおいても同じことがいえます。

なぜ、2年間の契約となってしまうのかと申しますと、2年間のご契約をされることでキャリアの月々のサポートやサービスによりご購入されるスマートフォンや携帯電話の機種端末本体の価格が割引きされて安くなったり、2年間のご契約により基本料金が無料になったりとお得な特典が必ずついてくるためですが、これを世間では「2年縛り」と呼ばれております。

これは、皆さんご存知のことでしょう。

また、なによりも近年始まったサービス携帯電話番号ポータビリティーMNPにより、携帯電話番号をわざわざ変更する必要なく他社キャリアへ移ることができるようになり、docomoに限らず各キャリアではユーザーが気軽に他社キャリアへ移ってしまうため、このような処置を違約金というかたちで行っているとも捉えることができます。

しかし、解約をされる際に必ず違約金が発生してしまうわけでもございません。さきほどもご説明したとおり、このご契約のポイントは2年間です。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない