MNP

docomoを解約する時の違約金を0円にするための裏技

24
皆さんは、スマートフォンや携帯電話をご利用になられていらっしゃいますでしょうか。
それぞれの通信会社でもあるキャリアでは、ユーザーの獲得に力をいれており、他社キャリアからのユーザー獲得のため、さまざまなお得なキャンペーンやサービス、サポートを充実させております。
皆さんの中にもお得なキャンペーンやサービス、サポートを求めて現キャリアから他社キャリアへお乗り換えされたご経験のある方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
しかし、お乗り換えをされる場合には必ず通るべき道があります。それは現在お使いになられていらっしゃるキャリアの解約です。この解約には実は落とし穴があることをご存知でしょうか。
そこで今回はこの解約に伴って発生してしまう違約金について、その中でもdocomoに目を向けてご説明したいと思います。
またdocomoを解約するときに発生してしまう違約金を0円にするための裏ワザもご紹介します。

解約に伴う違約金について

主に解約される理由として多いのはdocomoから、他社キャリアへお乗り換えしたいことが一番かと思います。
他社キャリアから他社キャリアへのお乗り換えによるキャンペーンは非常にお得で高額なキャッシュバックキャンペーンやサポートが長く無料で受けることができたり嬉しいことばかりなのですが、一番ネックになってくるのが解約のときに伴う違約金です。
そもそも違約金とは一体何なのでしょうか。
多くのユーザーの方々は2年契約で通信会社とご契約を組まれて、スマートフォンや携帯電話をご購入されていらっしゃるのですが、解約する際には契約更新月以外の月の解約には、おおよそ10,000円近くの違約金がかかってきます。
これはどのキャリアにおいても同じことがいえます。
なぜ、2年間の契約となってしまうのかと申しますと、2年間のご契約をされることでキャリアの月々のサポートやサービスによりご購入されるスマートフォンや携帯電話の機種端末本体の価格が割引きされて安くなったり、2年間のご契約により基本料金が無料になったりとお得な特典が必ずついてくるためですが、これを世間では「2年縛り」と呼ばれております。
これは、皆さんご存知のことでしょう。
また、なによりも近年始まったサービス携帯電話番号ポータビリティーMNPにより、携帯電話番号をわざわざ変更する必要なく他社キャリアへ移ることができるようになり、docomoに限らず各キャリアではユーザーが気軽に他社キャリアへ移ってしまうため、このような処置を違約金というかたちで行っているとも捉えることができます。
しかし、解約をされる際に必ず違約金が発生してしまうわけでもございません。さきほどもご説明したとおり、このご契約のポイントは2年間です。

違約金を0円にする裏ワザとは?

違約金についておおよそのご契約の仕組みをご理解いただけたでしょうか。
それでは、つづきましては解約に伴う違約金を0円にする方法はあるのかを徹底的に解明していきましょう。
違約金を0円にして、他社キャリアへ移られたりdocomoを解約する方法はあります。それは、この違約金が発生する元のご契約内容にポイントがございます。
結論から申しますと、docomoでは違約金の発生しない月が存在します。
そして、この違約金が発生しない月に解約することで違約金を0円にすることができるのですが、この違約金が発生しない月は実はユーザーの方々一人ひとり異なる月なのです。
それは、なぜなのかと申しますとこの月は違約金の発生しない契約満了月の翌月と翌々月のみだからです。
つまり、たとえば2017年の2月05日にdocomoでスマートフォンをご購入されたと想定をしましょう。
2年間のご契約となりますので、ご契約満了月は2017年の2月ですので、その翌月である2019年の3月から4月の間に解約すれば違約金は発生しないということです。
しかし、注意すべきはご契約満了月の翌月と翌々月ということですので、あくまでも違約金が発生しないのは3月と4月の間だけということです。
万が一にも2019年5月に解約をしようと思えば違約金は発生してしまうというわけです。
それでも、ご自分のご契約満了月はいつなのだろうか把握していらっしゃらない人がほとんどのはずです。ご自分のご契約満了月はカンタンに調べて知ることができます。
My docomoへインターネットからアクセス、もしくは、docomoのお客さまサポートセンターである153へ電話をかけて知ることもできます。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
解約時に伴う違約金を0円にするには、ご自身のご契約満了月の翌月に解約されることです。
しかし、注意すべきポイントはありましたね。あくまでも違約金が発生しない月はdocomoではこのご契約満了月の翌月と翌々月のみです。
翌々月以降の月に解約をされても、違約金はかかってしまうので注意してください。そして、ご契約満了月ではなく、その翌月と翌々月ですのでしっかり把握しておきましょう。
これさえおさえておけば、docomoから他社キャリアへ移られるさいに違約金が発生してしまい無駄な出費をおさえることができるはずです。

関連記事

ドコモの解約違約金の負担を少しでも軽減する方法を紹介!
いつ変えていいの?いくらかかるの?ドコモの違約金についてまとめ
絶対得する!ドコモからMNPで乗り換えるメリット・デメリット一覧

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧