ソフトバンク

知らなきゃ絶対損する!ドコモ携帯の端末価格がおトクになる選び方

Coffee
今やほとんどの人が使っている携帯電話ですが、各社から様々な種類が出ています。
ドコモ、au、ソフトバンク共通で発売しているiPhoneも各社料金やサービスは横並びですが下取りサービスや家族で使用する割引などによって価格に微妙に違いが出ています。
ドコモの携帯電話の価格も製品やサービスによって少しずつ違いがあります。
自分自身、携帯で電話をすることが多いのか。電話はほとんどしないのかによっても違いが出ます。価格形態はどのようになっているのでしょうか。

◎ドコモのAndroid携帯の価格◎

もともとドコモを使っていて機種変更をする場合の負担金は0円まではいかないものの、月額数百円で購入できるものもあります。もちろん、携帯電話端末の価格の支払いは一括支払いも分割もどちらも選ぶことが可能です。
また今現在使っている携帯電話を下取りに出したりFOMAから携帯電話への変更をする場合などでも価格は違ってきます。
安ければどんな携帯電話端末でもこだわりがないという方は価格負担金が安い端末を選択し、現在使っている端末を下取りにすることで、実質0円やそれ以下にすることも可能になってきます。
どうしてもこの携帯電話端末が良いというこだわりがある方も分割や一括での支払い、下取りによるポイントなどを賢く利用して新しいドコモの携帯電話端末を手に入れて下さい。

◎ドコモのiPhoneの価格◎

なかなかiPhoneを発売しなかったドコモ。以前ドコモを利用していた方は待ちきれずにauやソフトバンクに乗り換えてiPhoneを購入したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
iphone baby
今や、ソフトバンクだけではなく、auやドコモでも購入できるようになったiPhone。最新のiPhone7は防水機能やおサイフケータイのような使い方もできるようになったことから、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
iPhone7も容量によって月々の支払いは異なりますがドコモの月々サポートを利用すれば携帯電話端末の価格はとってもお安く抑えることが可能になります。
このドコモの月々サポートとは、購入した端末によってその機種に応じた月々サポートを毎月の利用料金から割り引きしてくれるサービスになります。
これが最大24ヶ月間も割引が続くのです。対象の機種を購入し、(指定パケットパック)(シェアオプション)(パケット定額サービス)(定額データプラン)のいずれかに加入すればドコモの携帯電話端末の価格がお安くなります。
対象のドコモの携帯電話端末も豊富なのでこの中からお気に入りのものを探してみるのとお得に携帯電話端末を購入することができます。

ドコモ携帯のお得なプラン選び

ドコモ携帯電話の価格は、それだけ見れば驚くほどの料金ですが、携帯電話を購入する際のドコモのオプションやプランの契約によるサービスなどによって自己負担金はお安く抑えることが可能になります。
月々の出費を抑える面でもドコモの携帯電話の価格はよりお安くお得に購入できるほうが嬉しいですよね。
今は、どのキャリアもサポートサービスが充実しているので実質の端末代は、半額以下や1万円台で購入できる場合もあります。
ドコモの携帯電話の価格はとても高いですが分割で支払うこともできますし、割引サービスにより月々の負担金を0円近くまで抑えることも可能です。
ドコモの携帯電話の価格は、Android端末が高いという人もいましたが割引サービスによりとてもお求め安い設定になっています。
家族でスマホを利用する場合には、同一のシェアプランに加入することで家族まとめて割の適応になり、端末代金がその場で5,184円割引になります。
ドコモの携帯電話の価格は、端末によって違いますが対象のスマートフォンであれば一様にこの割引サービスが使えます。
ドコモの携帯電話は、今の私達の生活に必要不可欠なものだと思います。毎日持ち歩くものだからこそ、妥協せずに自分に合ったものを購入したいですよね。
携帯電話に自分が何を求めるかによっても違ってくると思います。
ドコモの携帯電話を購入しても電話とメールしか使わないのであればカメラ機能が優れているものや容量が大きいものでなくとも対応できると思います。
最新のドコモ携帯が欲しい場合は価格が高くなることもありますが、その分割引サービスが充実している場合もあります。
なので自分が欲しい端末があれば、値段が高かった場合はその端末の機能が全て自分に必要なのか考えてみるのも大切かもしれません。
自分がどの程度の機能を必要としているのか考えて購入すれば無駄なく使うことができるのではないでしょうか。
もちろん、見た目のデザインや手にしたときの質感がお気に入りというのも端末を選ぶときの大きな決め手になると思います。
またドコモの携帯電話を購入する際に、他社からの乗り換えの場合や以前携帯電話を使っていて他社に乗り換えており、番号そのままで携帯電話にまた戻るときなど、さらにお得になるサービスも充実してるようです。
携帯の価格は、さまざまなのでサービスを上手く活用して端末代は抑えることが出来ればよいのではと思います。そうすれば月々の支払いも、分割で支払う端末料金も抑えることができて節約になるのではないでしょうか。

まとめ

ドコモの携帯価格はAndoroidの端末それだけを通販サイトなどで比較した場合、若干高く感じるかも知れません。しかし、契約をする際の割引サービスにより端末の負担金額を抑えることも可能なのです。
自分の大切なアイテムになるドコモ携帯なので購入してしまってから後悔しないように価格など吟味して選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

絶対得する!ドコモからMNPで乗り換えるメリット・デメリット一覧
簡単にMNP予約番号を取得する方法を解説!au,docomo,ソフトバンク
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧