格安SIM

できるだけ安く済ませたい!SIMカード価格徹底比較3サイト

近年よく聞かれる「格安SIM」という言葉、何の事を指しているのか正確に理解していますか?
簡単に言ってしまえばスマートフォンを安く利用するための一工夫、と言ったところですが、その設定方法や端末の選び方にもちょっとしたコツと知識が必要になります。
しかし、いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)から機種変更した時、その利用料金の高さに驚いた方も多いのではないかと思います。
そのため、格安SIMカードを利用して安く済ませられるなら挑戦してみたい!という方も多いでしょうから、今回はそんな方のために、格安SIMを利用するのに必要な手順と、おすすめのSIMカード価格比較サイトを3つご紹介いたします。

格安SIMの基本

sim
まず、どうして格安SIMとは何なのか、どうして安いのか、基本的なところからお話しましょう。

①SIMカードとは?

SIMカードは、契約しているキャリアが契約者を識別するためのICカードです。
本体の中に挿入する形で入っていますので、普通にスマホを使っている時に目にすることは殆どありませんが、このSIMカードがないとスマホは公共の回線を利用することができません。
本来ならばauやSoftbank、docomoなどのキャリアが提供している回線を利用するためにキャリアと契約を結び、そのSIMカードを利用するのですが、ここ最近では携帯キャリアではなく、「MVNO」が提供しているSIMカードが多く流通しています。

②どうして安いの?

この「MVNO(仮想移動体通信事業者)」は、大手キャリアから回線をまとめ借りし、その回線を格安SIMとして提供しています。
通常のキャリアと異なり、店舗や通信設備を持っていないため販売に関わるコストを最小限に抑えているため、ユーザーに安く回線を提供できます。

格安SIMを運用するために

sim lock
では格安SIMを利用するためには何が必要なのでしょうか。

①端末を準備しましょう

よく言われているのが、「中古スマートフォン+格安SIM」でより安く、お得にスマホを利用しよう、という手法ですが、しかしながら中古スマートフォンが必ずしもお得とは言い切れません。
中古スマートフォンには、
・実は新品を買うよりも割高なものもある
・「赤ロム」のように、前の持ち主の残債が残っている機種を買ってしまった場合、突然使えなくなる可能性がある
・前の持ち主が保証制度を悪用して手に入れた端末の場合、返却を求められる可能性がある
・保証が切れている場合が多い
という落とし穴がいくつもあります。
しかも基本的に購入で失敗しても保証や弁償はありませんので、失敗するとかなりの損失が出ます。
そういったことを踏まえた上で中古スマートフォンを利用したい!という方は、その端末の保障や残債、流通ルートについてしっかり確認して購入すれば失敗も減るとは思いますが、不安な方はSIMフリーの新品の端末を購入した方が安全です。

②SIMカードを用意しましょう

さて、本体も手に入ったしSIMカードを手に入れたら使える!と期待は高まりますが、その前にSIMカードの種類や価格を知っておく必要がありますね。
格安SIMは大まかに分けて「データ通信のみのSIM」と、「データ通信+音声通話のSIM」の2種類があります。今ではLINE通話やIP電話などの無料通話が主流になりつつあるので、人によっては音声通話が必要ない場合があります。
さて、肝心の価格なのですが、これはもちろん回線によって価格が異なります。どれが一番安くてお得なのか、また自分に合った価格と内容なのか。
膨大なSIMカードの中から価格を比較する際に、非常に役に立つサイトを3つピックアップしましたので、ぜひSIMカード選びの際に活用してください。

SIMカード価格比較サイト3選

sim

①サバイブ

アクセスはこちら→サバイブ
こちらのサバイブでは、データ通信のみ、音声通話付きをそれぞれ利用GBで分類して比較しているので、自分が利用する目安のSIMカードを見つけやすいです。
また各GBごとにSIMカードの価格が表に整理されているので、どのSIMが安いのか一目瞭然です。
その他、主要MVNO13社の比較もありますので、気になるMVNOからSIMカードを探すことも出来ますし、どう探したらいいかよくわからない!とういう方のために、サバイブがおすすめする格安SIMも紹介してくれます。

②SIM-FAN

アクセスはこちら→SIM-FAN
SIM-FANではデータ通信のみ、音声通話付きSIMカードをGB別に整理しているだけでなく、データ繰り越しやかけ放題が使えるSIMカードについても比較できます。
基本的な通信料よりももう少し踏み込んで格安SIMを使いたい方におすすめのサイトです。各SIMの特徴について分かりやすくまとめてあるのも魅力的です。

③価格.com

アクセスはこちら→価格.com
様々な商品の販売で有名な価格.comでは、利用したいデータ量と回線を選択することで、おすすめSIMカードをクイック検索することができます。
また各SIMカードのランキングも載っているので、実際にユーザーからの評価が高いSIMカードを比較することができます。
価格.com限定のキャンペーンも行っており、割引や特典が受けられる可能性があります。

まとめ

さて、格安SIMのメカニズムから利用の手順、価格の比較までお話してきましたが、いかがでしたか。
いま一度、格安SIMカードを運用する手順を確認してみましょう。
①格安SIMのための端末を用意する(中古スマートフォンに注意)
②SIMカードのプランやデータ量を決める
③SIMカードの価格を比較して購入
手順自体は単純で、簡単な注意点を抑えておけば失敗することもないでしょうから、この機会にぜひ格安SIMを購入して安くスマートフォンを利用しましょう。

関連記事

SIMカードを比較するときに重要なポイントはこの3点!
SIMカードの月額料金を比較。月1000円の破格プランまである!
格安SIM探し、SIMを取り替える時は5つの失敗に注意!
格安SIMカードって本当にお得?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧