iPhone

iPhoneにMNP後にアドレス変更メールを一斉送信する方法

icatch-change-email-iphone新しいiPhoneに乗り換えたいけどアドレス変更メールを連絡先の友達全部に送るのって大変そう、そんな風に思っていませんか。もしくはすでにiPhoneに乗り換えたけど、既に一斉送信しようとチャレンジしたら急にメールが送れなくなり、困ってしまっている方もいるかもしれません。

実はiPhoneで一斉送信するためには、やってはいけないことと、カンタンに一斉送信する方法があります。
今回は私が実際に使ってみて便利に感じた方法も含め、一気にメールを送る方法をわかりやすく解説します。
これを読めば、もう二度とiPhoneで一斉送信するのに迷うことはないでしょう。
記事の後半に、送信制限がかけられてしまった場合の解除方法も記載しましたので参考にしてください。
またiPhone乗り換え予定の方はこちらからチェック

一斉送信するには2つの方法がある

iPhoneから一斉送信をすると送信に対する制限がかかるため、連絡先を友達全部に送るのには注意が必要です。
制限をかけられずにメールを送る方法は2つあります。

1. 手動で送信する

こちらはそこまで連絡先に登録している人数が多くない方におすすめの方法です。
単純に完全に手動でソフトバンクなら50件、auなら30件、ドコモは件数での発表はありませんので安全な30件ずつ、何度かメールを送ります。この程度の数字までなら、制限をかけられることなくメールを送ることが可能です。

メールを◯件ずつ送信する

iPhoneに変えたばかりの場合は事前に連絡先を引き継ぐ必要があります。
iPhoneに連絡先を引き継ぐ方法はコチラ。
【データ移行】ソフトバンクにのりかえて安全に連絡先を引き継ぐ方法
・・・リンクをはる・・・
?メールアプリを起動します。
?使用するメールアカウントを選択します。
?新規作成を選択。
?「宛先」列にある右側の「+」をタップ。
?出てきた連絡先から送りたい相手をタップ。
?この後は「+」をタップ、から繰り返すだけです。

change-email-iphone01

2. アプリを活用する

手動で送る方法は連絡先が多い方には、かなりの労力と時間がかかりそうです。
制限なしで一発で連絡をする方法、それがこのアプリです。
一斉送信/アド変メールならGroupMail(送信制限を回避できます)
?100
有料アプリですが、実際に使ってみると勝手がよく、使えるシーンも多い愛用アプリになります。
自動的にBCCで送ってくれるので、宛先が送られた相手同士に見られる心配はありません。

アプリの使い方

?アプリを起動すると最初に連絡先へのアクセスを求められるので許可します。
?次に使用するアプリ、メールかメッセージアプリを選択できるのでメールを選択します。

change-email-iphone02

?使用するアプリを選択すると送信リスト画面になるので、右上の「+」から連絡先から送信したい人を全て選択します。

change-email-iphone03

?完了したら連絡先の選択画面左の「完了」をタップして「送信リスト」画面に戻ります。
?次に下のほうにある「同時に送る宛先数:全て」をタップして、「1度の送信宛先数」を入力します。
?宛先数を決めた後は「送信リスト画面」右下の「送信」をタップ。
?メッセージ作成画面になるので送信内容を入力します。(件名・本文は一度入力すれば、次からは自動入力されます。)
?すると指定したメール/メッセージアプリが立ち上がるので送信を選択します。
?送信を終えると、「送信モード」としてアプリに戻るので、続けて次のグループに送信する場合は右下の「送信」を選択。
この作業を全ての宛先に送信が終わるまで続ければ一斉送信が完了します。

change-email-iphone04

メールで一斉送信すると制限がかかる

iPhoneで一気に、数十件の宛先に一斉送信しようとすると携帯会社からの規制がかかります。
なぜかというと、それは「迷惑メールの送信者」として判断されてしまうからのようです。
具体的には1度にソフトバンクなら50件、auなら30件、ドコモは件数での発表はありませんがやはり大量のメールを一度に送信すると制限をかける旨を呼びかけています。
例えばiPhoneでメールを作成するときには、宛先は大量に追加することが可能です。
一見、全てのメールが送れているようにみえますが、実際は上記の件数で制限がかかり送ることが出来ていません。
更に、送信出来ていなかったメールはiPhoneの仕様で、相手に届くまで何度も何度も一定間隔で自動送信を行っています。
携帯会社側には、更に1日に送れるメールの数は500〜1000件でそれを超えると24時間メールが送れなくなる、というい恐ろしいペナルティがあります。
iPhoneが送れないメールを何度も自動送信してしまうことで、この件数制限も超えてしまい、ついにメールを送ろうとしても「Filed Delivery Notifier」と表示され送れなくなってしまうのです。

既に制限がかかった場合の解除方法

もう既に、一斉送信してしまい「Filed Delivery Notifier」と表示されるようになっている場合は、以下の方法で解除しましょう。

24時間以内に送信失敗のメールを削除する

どの携帯会社でも24時間経過すると、制限が解除されるようになっています。
その24時間以内に送信に失敗したメールを削除しておかないと、24時間後にまたiPhoneが自動送信を始めてしまい、また制限をかけられてしまうので、注意が必要です。

新しいメールアドレスを発行する

携帯電話を新しく変えたし早く友達に連絡をとりたい、という方もいらっしゃると思います。
そんな方にはもう新しいメールアドレスに変更してしまうことをおすすめします。
メールアドレスが違えば、また新たに500〜1000件のメールを送ることが可能になります。
そのときこそ、この記事を参考に正しい方法で一斉送信を行って頂ければと思います。

まとめ

iPhoneから一斉送信を行うと、携帯会社から制限をかけられてしまいます。
既に制限をかけられてしまった方は、どちらかで解除しましょう。
・送信失敗メールを削除し、24時間待つ
・新しいメールアドレスに変更し、やり直す
一斉送信するためには2つの方法があります。
・手動で30〜50件ずつ複数回メールを送る
・件数が多い人は、アプリを有効に活用する
アプリを使う場合はカンタンな操作だけで一斉送信が出来るため、MNPの時以外でもいつでも気軽にアドレスを変更することが出来ます。
飲み会やお仕事など、複数の相手にメールを送りたいときにも使えるので、意外に普段から使えるアプリです。
日本国内だけでも1万人以上の方がこのアプリを使って、楽して一斉送信しています。
連絡先の件数にあわせて、使いやすい方法を試してみてください。

関連記事

iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選




iPhone(アイフォン) ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
にほんブログ村

ブログランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧