暮らし

お金持ちは絶対やらない!貯金がどんどんなくなっていく悪習8選

freee151108368494_TP_V
いつのまにかお金を使ってしまい、なかなか貯金ができない人はいませんか?
そういう方は貯金に結び付かない行動パターンが習慣になっている可能性があります。
今回は貯金がどんどんなくなっていく悪い習慣について、代表的なものを8つ選んでまとめてみました。
 

1.ATMで引き出す習慣がある

 

引用元:豊田工業高等学校

例えば銀行のATMから頻繁に引き出す習慣がある人はいないでしょうか。
必要になった時すぐにATMへ行き、引き出してばかりいると、月に総額でどのくらい引き出したのかわからなくなってしまうものです。
そうなると、自分が使ったお金が使いすぎているかどうか、確認することができなくなってしまいます。
これを解消するには、やはりATMで少額づつ引き出すのことをやめて、一括で引き出す方がいいと思います。
使うお金の額をきちんと把握することができ、お金が貯まるようになっていくでしょう。

2.時間の管理ができない

引用元:clock-widge

予定を立て続けに入れて、時間の配分ができない人はついつい割高を気にせず、時間をお金で買ってしまいます。例えば次の予定まで電車では間に合わないからと、タクシーを利用しまう。また朝ごはんを食べる余裕がなく、近くのコンビニでパンとドリンクを買う習慣があるなど、 一見して仕事熱心な人にも見えますが、本当に仕事ができる人というのはいつも時間に余裕を持って行動し、細かな小銭は使いません。 自らの行動を省みて有効な時間の使い方ができるよう工夫しましょう。

3.お金の管理ができない

引用元:最新ニュース速報ブログ

度を超えた節約をする人はいませんか?必要なものすべてを切り詰め、何かに取りつかれたようにお金を貯めることに夢中になりすぎる人は要注意です。お金はバランスよく使うことが大事で、何にも消費せず貯めることだけを続けていると、本当のお金の使い方がわからなくなってしいます。そしてそういう人こそが、信じがたいことに大金を使ってしまったりするものです。浪費しすぎても、また貯めるばかりでもお金を散財してしまう結果を招くことになってしまいます。

4.整理整頓ができない

引用元:Apaetment Therapy

整理整頓や掃除が嫌いな人は、お金の管理・整理ができないことにつながっていくようです。自分が探しているものがどこにあるのかを把握し、使わないものが転がっていないか、本当に必要なものはなにか、今一度仕分けをしてみましょう。そうすれば部屋も快適になり、自分にとって必要なものの基準がはっきりしてくるでしょう。整理整頓を面倒くさがっていては、お金の流れも停滞してしまいます。身の回りにあるものを分かりやすいように整えてておき、無駄のないように整理整頓することが大事です。

5.テレビばかりみている

引用元:Green House

テレビをなんとなく見ている時間の多い人は生産性のない時間を過ごしてしまっています。例えば会社から帰ってきて、だらだらと何時間もテレビを見ている時を、自分が成長するための時間として使うことができれば、仕事面でも将来的に上収入が上がっていくと言えるでしょう。

6.面倒なことを先延ばしする

引用元:tabetainjya

例えば家賃、税金、ローン返済の支払いを、支払い期日を過ぎても払っていない方はいませんか?払うお金はあるけれど、支払期日を先伸ばしていると、遅延損害金や督促手数料などといった手数料が発生してきます。このようなことばかり繰り返していると、将来的にお金の借り入れができなくなったりしてしまいます。面倒なことはすぐに済ませてしまう習慣を身につけましょう。

7.生活が夜型である

dftyguhijoohugyf_TP_V
引用元:https://www.pakutaso.com/20160229055post-7062.html
夜になると様々な誘いが多くなり、結果的にお金を浪費してしまいがちです。 お金を持っている人の多くは、早起きが得意な朝型の生活をしている傾向にあります。夜は無駄な時間やお金を費や費やさず、早めの就寝を心掛け、その分朝の時間を有効活用する習慣にしましょう。

8.安物ばかりを購入してしまう

引用元:creva

とにかく安いという理由だけで、それほど気に入っていない商品を買うと、あとで使えないものばかりが増えて後悔してしまいます。「安物買いの銭失い」という風に言われている通り、安いから買うんだという発想の人は、お金を貯めることはできません。

まとめ

お金持ちは絶対にやらない悪習を見てきました。あなたの習慣と照らし合わせ、貯金が貯まる習慣作りに変えていくきっかけになれば幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧