auのスマホおすすめ新機種|最新ランキング


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

main-3taro0112

ドコモ、au、ソフトバンク、そして最近では格安スマホ会社と、スマホ1つ契約するにしても、選ぶ自由が増えています。特に、大手キャリア3社は料金プランだけ比較すると、どこも横並びで大差ないように思えてしまいます。MNPで2年ごとにキャリアを乗り換えたほうがお得と思う人も多いでしょう。

しかし、今や、スマホは毎日使わない日はないほどの生活必需品、MNPキャッシュバックなどお得に手に入れるのも一つの方法ですが、値段は安いにこしたことはないものの、スマホの性能やデザイン、カラーリングも重要視したい人は多いはず。

そこで、ここではキャリアのなかでも、独善的なモデルが多く、個性を主張できると人気のauスマホ人気ランキングを紹介します。デザインや機能と言う基本情報だけでなく、「こんな人におすすめ」もお伝えしていきますので、是非自分向きのスマホはどれなのかチェックしてみて下さい。

桃太郎、浦島太郎、金太郎の3ヒーローを中心とした三太郎CMシリーズも好調のau、あのCMからも感じられるように、勢いのあるキャリアで、新たな最先端スマホを手に入れましょう。最後には、auのお得キャンペーンも紹介しますので、機種変更、MNPなどで新しいスマホを手に入れようと検討中の方は必見情報ばかりです。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%92%e3%81%84%e3%81%98%e3%81%8f%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7

1.Xperia XZ SOV34

1-1.スペック

Xperia XZ
機種画像  so-01j-s
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ液晶,解像度1080×1920ドット、FULL HD
プロセッサ 2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)クアッドコア
内蔵メモリー(RAM)  3GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB)
メインカメラ 有効画素数約2300万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー
インカメラ 有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
ビデオ撮影 前面動画撮影:1080p
背面動画撮影:4K
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ、ワンセグ/フルセグ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約146mm×約72mm×約8.1mm
重さ  161g
バッテリー容量 2900mAh
カラー プラチナ
ミネラルブラック
フォレストブルー
ディープピンク

カメラ機能から、指紋認証、Felica、ハイレゾなど現在のスマホスペックの最高峰にあり、オールインワンスマホと言えるでしょう。なかでも、特筆すべきなのが、インカメラ1320万画素とデジカメ並の高性能。自撮り撮影が好きな人には、よりキレイに撮影することができ、おすすめです。

1-2.デザイン

最近ではiPhone7もそうですが、丸みを帯びたデザインが多い中、Xperia XZ SOV34は角ばったデザインが特徴的。とても洗練されたスタイリッシュさを感じます。

素材に、高輝度・高純度のメタル素材を使っており、ディスプレイ面から側面、背面へと一体感のある近未来的なデザインとなっています。また、ディスプレイの表示色も、本体色と同色にできるなど、隠れたおしゃれ心も満載です。

カラーリングは、ミネラルブラック・フォレストブルー・プラチナ・ディープピンクの計4色。なかでも、フォレストブルーは、iPhoneを始め、他のandroid機でもなかなかお目にかかれないカラーリングで人気です。

1-3.機能

まず特筆すべき点は、今やスマホのメイン機能の一つとなっている「カメラ」機能の充実。デジカメ全盛期から一世を風靡したサイバーショットやαシリーズなど名機を生み出してきたSONYの技術がXperia XZ SOV34に詰め込まれています。

具体的には、一眼レフカメラ並みの画像処理エンジンBIONZを搭載、例え夜間の暗い場所での撮影でも鮮明に撮影できるなど、光の調整がもはやスマホレベルを超えていると言う声もあるほどです。

また音楽プレーヤーとしても、Xperia XZ SOV34は威力を発揮します。CD以上の音質を誇っており、一度聴くと、もう元には戻れない程の衝撃を受けるとまで言われている高音質ハイレゾ音源の再生に対応しています。更には、電車内など雑音の多い場所でもキレイな音が流れてくるノイズキャンセリング機能搭載と、スマホを音楽プレイヤーとして使用している人には大注目の機能が満載です。

1-4.その他のおすすめポイント

使ってすぐには分かりませんが、基本、契約の関係で2年間は少なくとも使うスマホ。まだ2年縛り中なのに、朝充電したのに、家に帰る夜まで電池が持たないなんて経験した事ある人、そんな不満を言っている人いませんか?結構多いですよね。

その点、Xperia XZ SOV34は安心です。2年使っても劣化しにくいバッテリーを搭載しているだけではなく、充電をしている時間をスマホが学習して、バッテリーの性能をより良い状態に保つことで、バッテリーの寿命を伸ばす「いたわり充電」、いざ充電がピンチの時に、節電モードに切り替えられるなど3段階で選択でき、より長く使えるようにする「STAMINA」モードがあるなど、充電切れの心配からおさらばできる機能が多々搭載されています。

また、細かいことながらちょっと嬉しいのが、充電ケーブルが上、下の区別がなくどちらからでも挿すことができるUSB Type-Cに対応しており、例えば寝る前に暗い部屋で充電している人、運転中に充電している人などには待ちに待った機能だと言えるでしょう。

1-5.Xperia XZ SOV34はこんな人におすすめ

・肌身離さずいつもスマホが手放せないようなヘビーユーザーの方

・スマホを音楽プレイヤーとしても使っていて、音楽を楽しんでいる方

・YouTubeやニコニコ動画など、動画サイトをよく見ていて、外出先で充電切れをした経験がある方

・2016年11月発売で、とにかく最新機種スマホを手に入れたい方

2.isai Beat LGV34

2-1.スペック

isai Beat LGV34
機種画像  「isai Beat LGV34」の画像検索結果
OS  Android7.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ液晶,解像度2560×1440ドット
プロセッサ MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
内蔵メモリー(RAM)  4GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSDXC 256GB
メインカメラ 有効画素数約1600万画素
インカメラ 有効画素数約500万画素
防水/防塵 防水(IPX5/7)、防塵(IP6X)
その他 VoLTE、ワンセグ/フルセグ
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約72 × 149 × 8.0mm
重さ  146g
バッテリー容量 3000mAh
カラー チタン
ゴールド

2-2.デザイン

カラーバリエーションは、チタンとゴールドの2色展開ながら、どちらもラグジュアリーな雰囲気が漂い高級感のあるデザインとなっています。スーツにもマッチした感じで、ビジネスマン、ビジネスウーマンにもフィットするのではないでしょうか。

2-3.機能

現段階での最新OSであるandroid7.0を搭載したスマホです。搭載バッテリーが3000mAhもあるので、普段の日常使いなら2~3日はもつほどで、うっかり充電を忘れて充電切れしてしまう人にもおすすめです。

カメラ機能は、人間の視野角度より広角な135度ものワイド撮影ができ、手ブレ補正機能、オートフォーカス機能などの気泡性能も完備しています。

2-4.その他のおすすめポイント

世界中の音にこだわりを持つマニアが愛用しているデンマークの有名音響メーカーである「バング&オルフセン(B&O)」が創ったプロレベルのサウンドを搭載しており、スマホながら高級スピーカーのような高音質を体験できます。

また、重要もこのサイズのスマホにしては軽量の146gしかなく、横になりながらスマホをいじくる人などスマホが重いと感じている人にももってこいです。

2-5.isai Beat LGV34はこんな人におすすめ

・高級感のあるスマホを持ちたい方

・スマホが重いと感じている方

・音楽視聴の音にこだわりたい方

3.Galaxy S7 edge SCV33

3-1.スペック

Galaxy S7 edge SCV33
機種画像  「Galaxy S7 edge SCV33」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.5インチ液晶,解像度2560×1440ドット(Quad HD)
プロセッサ MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
内蔵メモリー(RAM) 4GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSDXC(200GB)
メインカメラ 有効画素数約1220万画素
デュアルピクセル
インカメラ 有効画素数約500万画素
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ、ワンセグ/フルセグ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約73 × 151 × 7.7mm
重さ  158g
バッテリー容量 3600mAh
カラー ブラックオニキス
ホワイトパール
ピンクゴールド

3-2.デザイン

今までのgalaxyから伝承している持ちやすさに追求したデザインで、5.5インチと大画面スマホながら、女性のような小さな手でも持ちやすいと定評があります。サイドの淵がない一体感のある流線型のデザインがスタイリッシュで美しさも自慢です。

3-3.機能

通常状態でのオートフォーカス撮影までの時間が約0.15秒(最速時約0.03秒)と、現スマホレベルでは最速、もはや一眼レフカメラを搭載しているようなもので、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

また、F値1.7の明るいレンズを搭載、ピクセルサイズを大型化したことで、夜景の撮影や、暗いところでの撮影などにも、ノイズの少ないキレイな撮影が可能です。

3-4.その他のおすすめポイント

au史上最大のバッテリー数である3600mAhもの大容量バッテリーを搭載、スマホゲームや動画閲覧なども存分に楽しむことができます。

3-5.Galaxy S7 edge SCV33はこんな人におすすめ

・夜間撮影などシチュエーションを問わずカメラ撮影をしたい方

・ゲームや動画閲覧などバッテリーを食う行為を思う存分楽しみたい方、数日間使い続けるなどタフなスマホを探している方

4.Qua phone PX

4-1.スペック

Qua phone PX
機種画像  「Qua phone PX」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ液晶,解像度1920×1080ドット、FULL HD
プロセッサ MSM8937 1.4GHz クアッドコア+1.1GHz クアッドコア
内蔵メモリー(RAM)  2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC(200GB)
メインカメラ 有効画素数約1610万画素
インカメラ 有効画素数約800万画素
防水/防塵 防水(IPX5/7)、防塵(IP6X)
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約73 × 148 × 7.5 mm
重さ 127g
バッテリー容量 3000mAh
カラー ホワイト
ネイビーピンク

4-2.デザイン

厚さが約7.5mmと薄型設計で、女性などでも持ちやすいのが特徴です。ホワイトのボディにはシャンパンゴールド、ネイビーにはガンメタリック、ピンクにはピンクゴールドのフレームを組み合わせており、より高級感を醸し出すようなデザインになっています。

4-3.機能

他の新機種スマホに比べて、特筆すべき高機能はないものの、ハイレゾ、VoLTEを始めとした現行スマホの基本性能はしっかり搭載しています。なかでも、カメラ機能は、自動調整で、逆光や夜間の撮影にも対応してくれるだけでなく、まるで一眼レフカメラのように手動で設定を変更できるので、カメラ好きにも満足いく高機能です。

4-4.その他のおすすめポイント

Qua phone PXの最大の魅力とも言ってよいのが、本体価格。実売20000円強と、前述通り最新の基本性能は搭載ながら、リーズナブルな価格設定となっています。また、auオリジナル商品で、他キャリアでは販売していないオンリーワン感も嬉しいところです。

4-5.Qua phone PXはこんな人におすすめ

・とにかく安いスマホを手に入れたい方

・auオリジナルの他にはないスマホを持ちたい方

・カメラの性能にこだわりたい方

5.Xperia X Performance SOV33

5-1.スペック

Xperia X Performance SOV33
機種画像 「Xperia X Performance SOV33」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ液晶,解像度1080×1920ドット、FULL HD
プロセッサ MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
内蔵メモリー(RAM)  3GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB)
メインカメラ 有効画素数約2300万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
インカメラ 有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
ビデオ撮影 前面動画撮影:1080p
背面動画撮影:4K
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ、ワンセグ/フルセグ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約71 × 144 × 8.6 mm
重さ  165g
バッテリー容量 2570mAh
カラー ホワイト
グラファイトブラック
ライムゴールド
ローズゴールド

5-2.デザイン

バックパネルにメタルを採用しているなど、質感が向上しており、ラグジュアリー感があります。他スマホにはないライムゴールドのカラーリングも人気です。

5-3.機能

上記の「¥Xperia XZ SOV34」と基本性能は、大きく変わっていないものの、前モデルと言う位置づけになっていることもあり、価格がやや下げられ、お得感がアップしています。なかでも、特筆すべきなのが、やはりカメラ機能。メインカメラが、2300万画素もあり、起動~撮影まで0.6秒という高速起動を実現、インカメラも1320万画素と、自撮り撮影でも鮮明に映し出してくれます。

5-4.その他のおすすめポイント

PS4のリモートプレイやSONY製ブルーレイディスクレコーダーで録りためたテレビ番組を外出先で視聴など、他のSONY製品とも連携機能が多彩で、Xperia X Performance SOV33を使って、よりSONY製品の性能を引き出すことができ、SONY好きにはたまらない機能が満載です。

5-5.Xperia X Performance SOV33はこんな人におすすめ

・SONY製品好きの方

・オールインワンスマホなので、長い間使い続けたい方

・自撮りにこだわっている方

6.HTC 10 HTV32

6-1.スペック

HTC 10 HTV32
機種画像  「HTC 1 0 HTV32」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ液晶,解像度2560×1440(WQHD)
プロセッサ MSM8996 2.2GHz デュアルコア + 1.6GHz デュアルコア
内蔵メモリー(RAM)  4GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSDXC(200GB)
メインカメラ 有効画素数約1200万画素
インカメラ 有効画素数約500万画素
防水/防塵 防水(なし)、防塵(IP5X)
その他 指紋認証、VoLTE、
ハイレゾ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約72 × 146 × 9.2 mm
重さ 161g
バッテリー容量 3000mAh
カラー カメリアレッド
カーボングレイトパーズゴールド

6-2.デザイン

同じレッドやゴールドでも、他スマホとは一線を画すダイヤモンドカットで光と影の演出による煌めくボディが目を惹きます。また、最低限の機能に凝縮したことで、サイドの薄さ約3mmという薄さを実現したところも魅力的です。

6-3.機能

CD以上の音質を誇るハイレゾ対応なだけでなく、そのハイレゾに対応したイヤホンも同梱されており、スマホを購入したその日から高音質音楽を楽しむことができます。また、auでは初となる約90分で充電が完了する急速充電Quick Charge™3.0対応専用充電器+Type-C対応ケーブル同梱しているなど付属品の充実ぶりが魅力です。

6-4.その他のおすすめポイント

テレビ機能や防水など他のスマホにある機能を省くことによって、薄型を実現しているだけでなく、低価格となっていて手に入れやすい価格設定です。また、光学式手ブレ補正搭載で、特に自撮り撮影に威力を発揮します。

6-5.HTC 10 HTV32はこんな人におすすめ

・持ちやすいスマホを探している方

・スマホで音楽をよく聴く方

・リーズナブルにスマホを手に入れたい方

7.AQUOS SERIE SHV34

7-1.スペック

AQUOS SERIE SHV34
機種画像  「AQUOS SERIE SHV34」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.3インチ液晶,解像度1080×1920ドット、FULL HD
プロセッサ MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
内蔵メモリー(RAM)  3GB
ストレージ  32GB
外部メモリ microSDXC(200GB)
メインカメラ 有効画素数約2260万画素
インカメラ 有効画素数約500万画素
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ、ワンセグ/フルセグ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約73 × 149 × 7.6 mm
重さ 153g
バッテリー容量 3000mAh
カラー ネイビー
ホワイトコーラルピンク

7-2.デザイン

持ちやすさを追求したメタルフレームのスリム形状となっており、画面と本体の一体感が美しいデザインです。長い間使っていても、飽きの来ない普遍的なデザインに仕上がっています。

7-3.機能

sharp製ならではの、目の疲れにくく、倍速120Hz表示のハイスピードを実現したIGZOやシャッターチャンスを逃さない高速撮影が可能なカメラなど、目の付け所が違う唯一無二の機能が満載です。なかでも、電池残量20%からでも1日使えると言われている長エネスイッチは、うっかり充電し忘れてしまう人にも魅力的機能です。

7-4.その他のおすすめポイント

人工知能「エモパー」搭載で、自宅にいるときや、外出時のイヤホンを使っているときに、健康維持やダイエットに役立つ話をしたり、一緒に行った場所の記憶などをしゃべってくれます。特に、忘れやすいことをメモとして登録しておけば、その日時に話してくれるので重宝します。

7-5.AQUOS SERIE SHV34はこんな人におすすめ

・目に優しい設計なので、長時間動画サイトなどを閲覧する方

・他のスマホにはない機能を楽しみたい方

8.AQUOS U SHV35

8-1.スペック

AQUOS U SHV35
機種画像 「AQUOS U SHV35」の画像検索結果
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約5.0インチ液晶,解像度1280×720ドット、HD
プロセッサ MSM8952 1.5GHz クアッドコア + 1.2GHz クアッドコア
内蔵メモリー(RAM)  16GB
ストレージ  16GB
外部メモリ microSDXC(200GB)
メインカメラ 有効画素数約1310万画素
インカメラ 有効画素数約500万画素
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ、ワンセグ/フルセグ

8-2.デザイン

デザイン、カラーリングともに清潔感があり、男女どちらでもマッチするスタイリッシュなユニセックスモデルです。最低限の機能に絞ることによって、低価格化及び128gと軽量化も実現しています。

8-3.機能

上記の、AQUOS SERIE SHV34の廉価版と言う位置づけながら、IGZO搭載、人工知能「エモパー」搭載や、モーションセンサーにより端末を持ち上げるだけで画面が点灯する機能や、端末をひねると直前に起動していたアプリに切り替えるツイストマジック機能、WebブラウザやSNSアプリなどで自動スクロールできるスクロールオート機能などハイテク要素満載のスマホです。

8-4.その他のおすすめポイント

省エネ機能の搭載したIGZO搭載だけでなく、バッテリーも3010mAhと大容量なので、数日間使い続けることができます。また、スマホゲーム専用など2台目のスマホとしてもおすすめです。

8-5.AQUOS U SHV35はこんな人におすすめ

・はじめてスマホを持つ初心者の方

・2代目のスマホの方

・とにかく安いスマホを手に入れたい方

・sharpならではの機能を楽しみたい方

auのおすすめキャンペーン

au乗り換えでキャッシュバックをMAXまで多く貰う方法まとめ

ここでは、auのお得にスマホを手に入れられるなど、知っている人だけが得をするおすすめキャンペーンを紹介します。当てはまるものがあったらauを選ばないと損をしてしまいますよ。

auスマホはじめるプログラム

auのガラケーを26カ月目以上使っている人は、今がスマホへの機種変更のチャンスです。今なら国内通話24時間かけ放題のプランがついて最大3年間2980円~/月とガラケー並の基本使用料でスマホを持つことができます。スマホは高いという固定概念を打ち崩してくれますね。

auスマホ交換プログラム

auのスマホやガラケーを16カ月以上利用しており、「au購入サポート」でスマホを購入する場合、最大20000円の割引サービスを受けることができます。低価格のスマホの場合、このサービスにより無料同然くらいになる場合もあり、とにかく本体代にお金をかけたくない人には注目のキャンペーンです。

WiMAXも加入で基本使用料が最大934円/月割引

家での設置工事が不要で、持ち運びもできるので、旅行や出張時などにも便利なモバイルルーター。使い勝手の良さや、高速化が進んだことで、利用している人も増えています。そんなモバイルルーターのWiMAXは、auと同じKDDIグループ。ゆえに、auスマホとWiMAXどちらも加入することで、auの基本使用料が最大で934円割引となります。

また、販売店によっては、同時申し込みキャンペーンで、WiMAXの機器代が無料になるなど魅力的なキャンペーンを展開している場合も多く、モバイルルーターも使っている方、使う予定の方はauスマホ要チェックです。

auでんきやauひかりなど、他のサービスとセット割でお得

auでんきやauひかりなど、スマホサービス以外のauのサービスも加入することで、例えば毎月の電気代の最大5%相当キャッシュバックなどセット割引を受けることができます。電気会社の自由化が2016年4月からスタートしましたが、サービスの差異化が分からず、そのままの人多くないですか?数%でも、貰えないものがキャッシュバックされるわけですから、知っておかないと損ですよ。

また、このauでんきやauひかりなどのサービスも、上記のWiMAX同様、販売店独自でのキャッシュバックを行っている場合が多く、場合によっては新機種スマホが無料になるほどの額になることもあります。機種変更の際は1店舗だけで決めるのではなく、複数店舗で比較して購入することをおすすめします。

auWALLET 初月引落し分の手数料・利息をキャッシュバック

auの月々の支払いにも使用できるポイントがもらえるauWALLET。クレジットカードタイプとプリペイドカードタイプがあり、自分のライフスタイルに合わせて持つことができます。クレジットカードのポイントは、何枚にも分散化せず1枚で合算するのが貯まる鍵、auユーザーには持っておいて損はない1枚です。今なら、au WALLET クレジットカードのキャッシングサービス・カードローンの利用で初月引落し分の手数料・利息をキャッシュバック、10000円以上一口で応募できる豪華賞品プレゼントなどのキャンペーンを実施中です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?洋服を毎日着ることはなかなかありませんが、スマホは家にいても、外にいても常に持ち歩いているもの、よりこだわって選びたいところです。ガラケー時代では、各メーカーでデザインも多彩となっており、〇〇派と好みが分かれていましたが、スマホ時代となり、ぱっと見はそこまで変わっていないように見えます。しかし、前述したように、各スマホそれぞれ特徴が細分化しており、じっくり吟味して選ぶべき個性的なモデルが多いのです。契約上、2年は使うことが一般的のスマホ、どれでも良いではなく、肌身離さないものだからこそ、洋服や靴などを選ぶ以上にこだわって選んでも損はしないですよ。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない