【au】安い!スマホを本体価格0円で機種変更する方法2つ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

本体0円でスマホが購入できなくなる?とのニュースが取り上げられてから1年以上経過しましたが、本当に本体0円とか、1円のスマホはなくなってしまったのでしょうか?

しかし街中の携帯ショップでは未だに「本体0円」と書かれたPOPが貼りだされていたり、家電量販店でも0円や1円で販売している光景を目にすることが多いと思います。

本体0円、と書いていなくとも数万円引き、とPOPを打っているショップもよく見かけます。

期間限定キャンペーンと称して旧機種の在庫処分、投げ売りが行われていたりする光景もよく見ますよね。

auでも本体0円でスマホを入手できる方法がいくつかあります。ここでは、本体0円でスマホを購入する方法二つご紹介します。

 

旧モデルを本体ゼロ円で購入

bnr_sp-change-pg

https://www.au.com/mobile/campaign/sp-change-pg/

auスマホ交換プログラムの利用とスマートパス加入で指定の機種が最大2万円割引で購入することができます。

スマホ交換プログラムで2万円の割引が受けられるのはAQUOS SERIE mini SHV33になります。

AQUOS SERIE mini SHV33の場合だと、機種変更の場合で21,600円になります。

これにプラスして、今まで使っていた端末を下取りに出すことで機種に応じて最大35,640円の値引きになります。

場合によっては、0円以下になる可能性もあります。

shv33_color_01-png

https://www.au.com/mobile/product/smartphone/shv33/

ただしスマホ交換プログラムは前提条件として、auケータイもしくはauスマホを16カ月以上利用の方が条件、更に「誰でも割」+「LTE NET」+「LTEフラット/LTEフラット(V)または データ定額 1(V)~30(V)」にご加入の場合に限られます。

各ショップが独自に期間限定ですとか在庫限り、と言って投げ売りを行うこともありますが、大半がMNP(他キャリアからの乗り換え)が前提で、au同士の機種変更には適用されない場合がほとんどですから注意しましょう。

これに対してスマホ交換プログラムはauとau同士の機種変更の際に使える割引ですから、利用しないと損ですよね。

0円ではないですが、本体1,000円程度で機種変更ができる機種もありますから、ネットで情報収集をして自分好みの機種を探してみましょう。
きっとお買い得な機種が見つかることと思います。

もう一つの方法はTwitterのハッシュタグで「本体0円」と入れて検索して見ましょう。ショップ限定が多いですが、掘り出し物が見つかることもあるでしょう。

MNP引き留めポイントを使う

13

これもauを10年以上継続して使用している方に限られますが、MNP予約番号発行窓口に電話をかけます。

必ず電話をかけましょう。オンラインショップ経由のMNPではなんの特典もありません。

実際にMNPをするのではなく、引き留めポイントをもらうだけなので、MNPをしたいと申し出るだけです。

MNPをしたいと言って、オペレーターに予約番号の発行を依頼すると、MNPの理由などいろいろと質問されるはずです。

キャリアに取ってMNPで自社から他キャリアに転出されることは困ることですし、キャリアが嫌う事項になります。

この時に、機種変更に使用できるポイントを発行するのでMNPを考えなおしてほしい、とオペレーターが言って来たらこちらの勝ち、素直にポイントを付与してもらいましょう。

万一引き留めポイントの話が出てこないようであれば、「ポイントがもらえたらMNPは考え直す」と言いましょう。

他キャリア(ドコモ、ソフトバンク共に)でも同様にMNP引き留めのためにポイント付与は行っていますので、遠慮せずにハッキリと言いましょう。

万一引き留めポイントがもらえなければ、MNPは考え直しますと言って電話を切りましょう。二回目、三回目とチャレンジして引き留めポイントを付与された人もいるようです。やってみて損はありませんので、チャレンジする価値大です。

10年以上使用の場合は30,000ポイントは付与されます。これにDMで郵送される新機種変更のクーポンやキャンペーン割引、下取りを組み合わせれば0円機種変更ができます。

ちなみにソフトバンクもMNP引き留めは上限30,000ポイント、ドコモは20,000ポイントもらえるようです。

まとめ

先にも述べましたが、携帯ショップ、家電量販店などで目にする「本体0円」や「本体1円」はさまざまな前提条件が付く場合が多く、広告に惹かれて飛びつくのではなく、まず話を聞いてみる程度に留めるのが賢明です。

クーポンやキャンペーン、通信料支払いで貯めたポインントを上手に組み合わせれば本体0円を正攻法で手に入れることができます。

オンラインショップやキャリア公式Webなどで告知されるキャンペーンはチェックしておいた方がよいでしょう。期間限定の公式キャンペーンもありますので、知らないと損をしてしまいます。

またキャリアからのDMクーポンは有効期限が切れるまで保管しておきましょう。

DMクーポンは有効期限とクーポン適用条件は書いてありますから、ゴミ箱直行ではなく、よく読んでおきましょう。

関連記事

価格は?大きさは?バッテリーは?auのスマホ徹底比較

これなら手が届く!ビックリ価格のauスマホをご紹介します

auスマホの料金を安く抑える!知れば得する裏ワザ5選

auの携帯料金を劇的に安くするために知っておきたい事5選


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない