auからソフトバンクへ乗り換えるときに気をつけたいことまとめ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

まずは料金プラン比較

●au●

スマートフォン

基本料

カケホ  2700円
スーパーカケホ 1700円

WEB接続料

LTE NET   300円

パケット料金

データ定額1(1GB)2900円
データ定額3 (3GB)4200円
データ定額5(5GB)5000円
データ定額20 (20GB)6000円
データ定額30 (30GB)8000円

ドコモにはない、1GBのデータプランが用意されています。

例)スマートフォンでスーパーカケホ+毎月5GBのプランなら
1700円 + 300円 + 5000円 = 7000円

 

●ソフトバンク●

基本料

スマ放題 2700円
スマ放題ライト 1700円

WEB接続料

S!ベーシックパック   300円

パケット料金

データ定額ミニ 1GB(1GB)2900円
データ定額ミニ 2GB(2GB)3500円
データ定額 5GB(5GB)5000円
データ定額 20GB(20GB)6000円
データ定額 30GB(30GB)8000円
家族で持つならデータ定額パック・大容量を用いて通信容量を分け合えます。

家族データシェア10:9500円
家族データシェア15:12500円
家族データシェア50:16000円
家族データシェア100:25000円
※データシェア月額使用料:500円
計3人で15GBにする場合なら、
本人の回線1700円 + 300円 + 12500円 = 15500円
家族の回線1700円 + 300 + 500円 = 2500円 ×2 =5000円
合計20500円。ひとりあたり6833円

ひとりで持つならau、家族や複数回線で組むならソフトバンクが有効

単純にこういえますね。

ただし冒頭に書いた、ネットと携帯組み合わせでの料金もみてみましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない