auの白ロムを買う前に知っておくべき全知識


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

この他にも、携帯電話の場合であれば、ボタンの一部が接触不良により反応しにくくなったがために下取りに出されているなんてケースもあります。

・中古にて販売されているau白ロム。
・とくに激安価格で購入されているもの。
上記に関しては、『安くでしか販売できない理由があるのかもしれない。』と疑いの目を持つようにしておきましょう。

5-2.赤ロムの購入は避ける

%e3%81%b5%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4%e5%a5%b3%e6%80%a711

皆さんは、『赤ロム』という言葉を耳にしたことはありますか?
赤ロムは、通信制限をかけられているスマホや携帯電話を示す言葉です。

ちなみに通信制限がかけられてしまった端末(赤ロム)は、一定期間通信料の滞納をしてしまったなどの理由で、キャリアが電話やネットを利用できないようにロックをかけてしまっている状態のものです。
※不正利用(盗品など)により、ロックをかけられるケースもあるようです。

赤ロムと呼ばれる状態になったスマホや携帯電話は、中古販売店がこのことを知らずにユーザーから購入してしまうケースもあるようで、中古端末として市場で販売されていることも多々あります。
※一部店舗では、赤ロムであることを知っている上で販売していることもあるようです。

通信制限がかかってしまった端末をキャリアショップに持ち込むようなことになれば、中古販売をした会社がキャリアから賠償金の請求をかけられるようなので、現在では販売されている数も少なくなりつつあると言われています。

ちなみに、赤ロムと知らずに購入をして、回線をつなぎたいがためにauに持ち込んだ場合、ショップスタッフが赤ロムであると判断をした時点で、その端末はショップにて回収されてしまいます。

回収された端末に関する費用は、auショップや中古販売店から返却されることはありませんので、端末を使用できないまま大損してしまう人もいるようです。

では、どこで赤ロムであるかどうかの判断を行えば良いのでしょうか?

大手家電量販店などでは、端末に関する情報を、端末横の札などに大まかに記載しているケースがあります。

その札に『通信制限なし』などの記載があるものに関しては、現時点では赤ロムではない端末になるため、購入しても問題がない端末であると言えます。
※端末詳細は、必ず店舗に確認をするようにしてください。

しかしながら、現時点では赤ロムではないものの、2~3日使用をしているとある日当然通信制限がかかるということもあるようです。

上記のような場合に備えて、一定期間内であれば返品交換を実施してくれるという条件のもとで、端末を販売している店舗もあるようです。

中古端末を購入する場合には、もしもの時に備えて、このような保証あり店舗にて購入を考えると、安心してお買い物をすることができますね。

※通信制限がかかった場合、電話やメールは使用不可ですが、Wi-Fi電波の受信は可能なので、タブレット代わりとして運用することはできます。

5-3.新機種は高額販売されていることがある

%e3%81%9d%e3%80%80%e7%a9%ba%e3%81%a8%e9%9b%b278

発売されて間もない新機種。
市場では売り切れ続出で、なかなか手に入れることができない。
しかし、中古販売店では既に中古端末として販売されていることがあります。

新機種を購入してみたものの、『好みではなかった』などの理由で、すぐに下取りに出す人もいるからです。

このような場合、ほぼ新品状態の端末が下取りに出され、端末の状態も良好であると考えることができます。

更に市場では手に入りにくい状態の端末であることから、プレミア価値が付加されて、定価よりも高額で販売されていることもあるようです。
au白ロムだって例外ではありません。

このような状態の時に端末を購入してしまうと、損をしてしまう可能性も高まります。
そこで、新機種を中古販売店で購入するような場合には、定価よりも安価に販売されているかの確認を行った上で、購入されることをおすすめします。

5-4.品質面に問題がある端末は購入しない

%e3%81%b0%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%84%e5%8d%b0

中古ショップなどで販売されている端末の詳細を見ていると、『脱獄済み』などと記載されていることがあるようです。

脱獄をすることにより、セキュリティー上でインストールを許可されないようなアプリなども、ダウンロードできるようになるのだそうです。

ヘビーユーザーにとっては、より自分好みにスマホを利用できるようになるので、脱獄済み端末にメリットを感じるのだとか・・・。

しかし、セキュリティーレベルが低くなってしまうといったデメリットもあります。
その為、中古端末購入時には脱獄済みなどの記載があるものは、なるべくなら購入をしないことがおすすめです。

ちなみに中古端末は、脱獄以外にも、内部改造が施されてしまっているケースもあるそうなので、これらの詳細を店舗に確認して品質面に問題がなさそうであると判断した場合にのみ、端末を購入するようにしておきましょう。

まとめ

%e3%81%ab%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3309

今回は、『auの白ロムを買う前に知っておくべき全知識』として、白ロムがどのようなものであるかについての情報や、白ロムを購入する上での注意点についてご紹介しました。

では今回のコラム内容を、簡単に振り返ってみましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない