au乗り換えでキャッシュバックをMAXまで多く貰う方法まとめ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ガラケー(ガラパゴス携帯)からスマホ(スマートフォン)へ機種変更をして、新たな1歩を踏み出した皆さんは毎月の請求額の違いに驚いては居ませんか?それは時代の流れと共にユーザーの使用方法が変化していったことが原因です。

以前はガラケー(ガラパゴス携帯)使用時の携帯電話は電話やメール(内訳:携帯電話端末料金+通話基本料金+通話料金+インターネット基本料金(上限あり)=毎月の請求額)でした。

一方、現在はスマートフォンは(内訳:携帯端末料金+通話基本料金+通話料金(一部上限あり)+インターネット通信料金(上限無し)=毎月の請求額です。

通話より使用時間の長いインターネットがメイン機能になり、以前のように使い放題などの上限額がなく、使えば使うだけ翌月の請求額が増えてしまいます。

通話は限られた時間内で済むものですが、気軽に出来るインターネットは暇な時間から通勤 ・通学時、就寝前まで続くことがあります。この時間がキャリアの回線で通信中であるため、スマートフォンの請求額の高い理由です。

毎月、高い請求額を払っていくだけでは嫌になりますよね。ですから機種変更などに付属する得点で割引を極限まで使用するのがベストです。行える内に行わないと知り損ですよ?

大手キャリアの場合、携帯電話の機種変更や料金が高い時などは携帯会社の移転や変更に伴う得点を模索していくものですね。そんな模索中に当ページを見て良かった、参考にしたらトラブルを無しに割り引きで、機種変更などを出来たと読者の皆さんに言えるようにキャリアを絞ってauの乗り換えに伴って付いてくるキャッシュバックについて解説していきます。

キャッシュバックの現状

YUKA20160818503514_TP_V

昨年からメディアやニュースなどで実質0円を禁止する等と言われておりました。現在は総務省の指導により、実質禁止されているのは読者の皆さんもwebや報道等で周知のことと思います。

なぜ、安くなるのに止めるの?と思う方も多いでしょう。簡単に説明しますと、携帯電話業者の規制緩和により、MVNO(格安SIM業者)の参入から端末価格のバランスが取れなくなった事が原因です。

私たち、購入者は端末価格が安いに越したことありません。毎月の支払いも安心ですね。ですがMVNO(格安SIM業者)の参入以前より大手キャリアはキャッシュバック付き&契約内容次第では実質0円に限りなく近づくシステムを採用していました。

が、MVNO(格安SIM業者)は通信料金が安い分、端末本体を定価に近く価格で販売するなど政府見解は不公平であり、公正取引委員会に問題を委ねると言いだし、各キャリアは足並みそろえて幸平になるようにと従いました。

この指導を受けて大手キャリアは割引キャンペーンを廃止するなどして、総務省の意向に沿う形で対応しており実質0円販売やキャッシュバックを含めると0円を超えるような販売方法は取れなくなりました。

よって大手キャリアの各直営ショップではキャッシュバック廃止になりました。(量販店内のショップは除きます。)

現在は各社、ショップで割り引くのではなくサポートセンターやMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)のオペレーターによる後日ポイントの発行で機種変更を促したり、クーポン券を発行するなどをしています。当ページを回覧中の方はせっかく使えるキャッシュバックは最大限利用するべきです。

キャリアの「実質0円」の廃止「MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)キャッシュバック」が0に近くなり、キャッシュバック額の減額。しかし、少額の割引、キャッシュバックはします、と言うのが現状です。

ここまで述べたように大手キャリアのショップでは多額なキャッシュバックはすることが出来ません。縛りなく高額のキャシュバックをもらえることを期待できる出来る店舗が存在します。

それは家電量販店・携帯電話販売代理店・ネット販売代理店などの販売代理店です。現在の規制の対象は大手キャリアの直営ショップのみとされているからです。今後の規制により直営ショップと変わらなくなるかも知れませんが、今は規制の対象外です。

キャッシュバックは何故あるか

money

契約中の人のキャリア移転をとどまらせる事により、キャリアは特典を付け継続契約をさせようとしますが、その際に年間割引特典やキャッシュバックなどを付けてきます。

またユーザー獲得の為、MNPによる乗り換えキャッシュバックや自社ブランドの電気事業やインターネットインフラ事業などを組み合わせた上での割引、キャッシュバックなどを行っています。

auは乗り換えユーザーへ「au光」や「auでんき」などので総額の料金から毎月割引を行うなど独自の自社サービスを行っており、これらも乗り換えることによって割引・キャッシュバックなどがもえらます。

auへ乗り換えされる方は自宅も家族もauに変更することが機種変更以外でもお得になり、様々なキャッシュバックを受けられ、MAXまで多く貰う方法の一つと言えます。

MVNO(格安SIM業者)が増える中、大手キャリア内でも競争があります。MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)で他の業者へ行かれないようにキャリアは販売代理店へ1回線の契約に付き、数万円(売り上げで変動あり)までの成功報酬が存在します。これは販売した店舗に支払われます。

キャッシュバックはこの販売代理店の受け取る予定の料金の一部を購入者へ当て最初に割り引くと言うシステムを採用しており、通常のキャリアショップより格安に新端末を提供出来るよう成り立っております。

正規ショップでは前半の記事で書いたように規制があり、大手量販店と実店舗を持たずに販売しているお店は通常以上のキャッシュバックが存在しますが、その中にも差が存在します。

量販店内ショップや携帯電話販売代理店は実質、実店舗と従業員を常時抱えているので店舗は契約がなくても毎日のコストがかかりながら成り立っています。

web店舗の代理店は実店舗がない、店舗数が少ない為、前者よりコストが少なくすみます。実店舗より浮いているコストをキャッシュバック金額へ回すことが可能で高額キャシュバックを可能にしています。

web販売代理店が「週末」や「月末」にキャッシュバック金額が高いことを目にした方も多い方と思います。これはノルマの締め日が月末や週末の為、そのノルマ達成へ向け週末や月末にはキャッシュバック金額が高くしているのです。機種変更の際は週末や月末に目を向け購入するとさらにお得に購入できるかも知れません。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない