au一括0円のMNPでお得に機種変更するための6つのポイント


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

yuka20160818333714_tp_v

2016年からスマートフォン業界で減ってしまったもの、その代表が「一括0円」端末や「実質0円」端末です。これは、日本政府内で行われた「携帯料金の値下げ問題についての有識者会議」において、端末価格に対しガイドラインを設けたことが原因とされています。

機種変更はもちろん、MNPにおいても実質的な端末価格の値上げが予想され、「駆け込み需要」および「買い控え」現象が各地で発生しました。しかし、「一括0円端末は完全になくなってしまったのか? 」というと実際はそうでもありません

そこで今回は、特に一括0円端末の登場頻度が高いau端末を、お得にMNP・機種変更するためのポイントを6つご紹介します。この記事を参考に、皆さんがお得に携帯電話・スマートフォンを手に入れ、満足していただければ幸いです。

1.  一括0円が登場するタイミング

n112_sumafomotteodoroku_tp_v

一括0円端末は突然登場することもありますが、実は多く登場するタイミングがある程度固定化されています。端末の数が多ければ手にいれるチャンスも多いですし、選択肢が増えますね。ここでは、auでMNP・機種変更の一括0円端末が多く登場するタイミングについてご紹介します。

1-1. 決算期

yusei845yakantorihiki_tp_v

売上ノルマなどの期限が迫る決算期(主に3月と9月)には、端末をより多く販売しようと各ショップ必死に販売促進キャンペーンを行います。その目玉として登場するのが「一括0円」端末。それまで高値で販売していた機種も、MNP利用の場合は対象となることも多々あります。

進学を機に学生の新規契約が増えることから、契約更新のタイミングが重なる3月は特にその商戦に力が入っています。学生をメインターゲットに若年層に絞った一括0円キャンペーンが全国的に展開されるのも、実はこの決算期。偶然の一致ではありますが、狙い目であることは確かです。

1-2. 新機種登場直後

iphonereview6_tp_v

各キャリアで新機種の発売が開始された直後も、狙い目。最新機種の一世代前の機種が販売促進目的で突然一括0円販売を始めることがあります。MNPで購入する場合によく見られますが、機種によっては「機種変更一括0円」販売をすることもあります。auでは、かつてよく行っていた手法です。

iPhoneはアップル社からのノルマが各社に課せられている影響もあり、新機種が登場する3月と9月に一括0円端末を登場させています。このタイミングで登場させることで、売り切りを狙っているのでしょう。その他の機種については、後述「4. 対象機種のチェック」をご参照ください。

2. 料金プラン・オプションサービスのチェック

「一括0円」端末は、購入価格の面では確かにお買い得。しかし、これには一定の条件が課せられることがほとんどです。必須契約のプランやオプションサービスの種類によっては利用料金を含めると高くつく場合もあります。

ここでは料金プラン・オプションサービス、それぞれにおいてチェックすべき項目について、auの機種を例に挙げてご紹介します。

2-1. 料金プランのチェック

pak85_laladentakuol20140321_tp_v

一括0円端末においてよく設定される料金プランには、以下のようなものがあります。プラン名とその料金(すべて税別)を併せて記載しておきます。

・LTE NET(300円 / 月)
・カケホもしくはスーパーカケホ
カケホ 2,700円 / 月
スーパーカケホ 1,700円 / 月
・データ定額
3GB  4,200円 / 月
5GB  5,000円 / 月
20GB 6,000円 / 月
30GB 8,000円 / 月

どれもスマートフォンを使う上では必須ですね。通話定額プランとデータ定額プランについては、普段の通話料・使用データ容量をあらかじめ確認した上で選びましょう。かつては「テザリングオプション」も入っていましたが、データプランによっては無料となるため現在では条件に含まれなくなりました。

なお、「スーパーデジラ」とも呼ばれている20GB・30GBプランは、通話定額プランとの組み合わせでしか適用できません。「電話はほとんどしないけど、大容量データがほしい! 」という方は、特に注意が必要です。

2-2. オプションサービスのチェック

img_disney
出典:au

一括0円端末においてよく設定されるオプションサービスには、以下のようなものがあります。サービス名とその料金を併せて記載しておきます。

・auスマートパス(372円 / 月)
・ビデオパス(562円 / 月)
・ブックパス(562円 / 月)
・うたパス(300円 / 月)
・ディズニーパス(372円 / 月)
・Apple care+(600円 / 月、iPhoneのみ対象)
・安心ケータイサポートプラスLTE(380円 / 月)
・アップグレードプログラム(300円 / 月)
・ショップ指定の月額課金アプリ (金額はアプリによって変動)


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない