iPhone

あなたはどれを選ぶ?auスマートフォンを徹底比較

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s
スマートフォンを購入する際に、何を決め手に選ぶかは人それぞれだと思います。しかし、その決め手は何かと比較してこちらのほうが優れているからといった理由で選ぶのが多いのではないでしょうか。
カメラ機能が良いものが欲しい場合このスマホよりあちらのスマホが優れているからそっちにしよう。今、使っているスマホと比較して全体的に高機能なものが欲しいからこのスマホにしよう。
自分が求めるものを比較してよりよいスマホを選んでいる場合が多いと思います。
auのスマホをいろいろな角度から比較してみた場合、どういったところが優れているのでしょうか。過去の端末と比較した場合、最新モデルの方が高機能になっているとは思いますがどういった点がよりよくなったのでしょうか。

?◎auのスマートフォン◎

バッテリーの持ち時間や容量などAndroidの携帯にはそれぞれ優れた特徴があると思います。
iPhoneの端末はauだけではなくソフトバンクとdocomoからも発売されているのでキャリアごとにスペックを比較する場合はAndroidのタイプになるのではないでしょうか。
スマホはやはり携帯に比べると電池持ちが悪いように感じます。しかし、各キャリアともに電池の持続時間に特化したスマホが続々発売されているようです。

バッテリーの持ち

auのスマホも「連続通話時間」を見てみると電池持ちが格段によくなっていっているのが分かると思います。
充電時間は、2時間程度で済みますが連続通話時間が日本国内ならば1000分超可能なスマホが続々と発売されています。
電波が正常な状態であれば、余裕を持って使えるのは嬉しいですよね。お出掛けするときはやはりスマホは必須アイテムなので電池に余裕があるのは助かります。

軽量化

最新のスマホはより軽く軽量化されている端末が多いのではないかと思います。
iPhone6シリーズとXperiaの端末はより薄く軽さに特化している端末だと思います。
auで販売しているAndoroid端末の中でも薄さでいえばXperiaがより薄い端末であると言えるのではないでしょうか。

カメラ機能向上

また、最新のスマホはどんどんカメラの機能が向上していっているように感じます。
数年前に携帯電話で撮影した画像をブログなどで見て最新の撮影したものと比較してみるとその差は歴然なのではないでしょうか。
auのスマホもカメラの機能がどんどん向上していってると思います。2015年春モデルのスマホを比較してみても800万画素から1310万画素ととても鮮明で綺麗な画質であることが分かります。
格安のデジカメであれば1060万画素とか1200万画素のものもありますので、比較しても見劣りしないのではないでしょうか。
スマホで撮る写真がどれだけ綺麗で鮮明になってきているかが分かります。手ブレ補正機能もありますし、アプリでそのまま加工することもスマホなら出来ます。
デジカメをわざわざ持ち歩かなくともスマホがあれば充分なほど綺麗な写真が撮影できると思います。
iPhoneの画素数は800万画素なのでスマホで写真を撮ることが多い人はカメラ機能が優れた端末を選ぶのが良いのではないでしょうか。
またディスプレイもスマホが出始めた頃と比較してみても綺麗で大きく鮮明になってきていると思います。最大表示色が約1677万色と鮮やかな画面になっています。

料金

8e6aafafe69b4723f85c35a76a8062c4_s
料金面は、auと他のキャリアを比較してみても基本的な使用料金には大きな違いはないのが現状です。
iPhoneシリーズに関してはどのキャリアからも発売されているので比較するのであれば各キャリアのサービスを比較して購入するのが良いのではないでしょうか。
もちろん、ご家族で契約されるのであれば同じキャリアで契約をしたほうがとてもお得になります。
auのスマホは「プラチナバンド」により従来と比較してネットワークの通信環境が快適になっていると思います。電波が「回り込む」「すり抜ける」といったことができるのでオフィス外や室内でも繋がりやすく、山間部でもより遠くまで電波が届いてつながりやすい環境が整っているようです。
Au VoLTE といったサービスではウェブの閲覧中やゲーム中に電話が掛かってきた場合実行中のアプリを表示したままスピーカーやイヤフォンで通話が出来る基本機能の「シンクコール」と言ったものがあります。
このサービスでは他に「画面シンク」「カメラシンク」「位置シンク」「手書きシンク」といって画面で情報を相手と共有したり一緒に落書きをしたりすることが出来るサービスもあります。
また電話の音質も高画質ですし最大30名で同時に通話が出来る「ボイスバーティー」といった機能もあります。
他の、キャリアと比較した場合auはオリジナルのサービスが豊富なように感じます。
INFOBARの端末はデザインが個性的でとてもおしゃれです。INFOBAR専用のアプリで端末をよりおしゃれにカスタマイズすることも可能です。
他に、音楽や動画を見ることが出来るサービスもauはオリジナルで展開していますのでそういったサービスを有効に活用してスマホを楽しく使いたいですよね。

まとめ

機種を変更したりする場合、よほどコレと心に決めたスマホがない限りいくつかのスマホで悩むことがあると思います。
auのサイトでは「製品比較リスト」というものが作成できるようです。自分が悩んでいるスマホを選択してスペックをまとめて比較することが可能です。
自分がスマホをどの程度使っているのかによって自分に合ったスマホを見つける際にとても有効に活用できるのではないでしょうか。
スマホの中に写真や電話帳などの容量をたくさん保存しているわけでなければ「容量」を重視する必要はないでしょうしそれぞれに合った特徴を探して大切に使えるスマホに出会えれば嬉しいと思います。

関連記事

auのスマホを使いこなそう!知られざるauサービスまとめ 
【auユーザー必見!】auからdocomoにMNPで乗り換えのススメ
スマートフォン、格安時代の始まりと未来

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧