Android

必読!有識者が厳選、au アンドロイド狙い目はこの3機種。

auのアンドロイド端末の購入を考える皆さん。たくさんのアンドロイド端末が販売されていることにより、どの機種を購入すれば良いかの判断に困っていませんか?
実際のところどれも同じなのでは?なんて考えていると大間違いです。
最近では各種割引が利用できることにより、お得にスマホを購入できるようになっていますが、実際に支払う費用がゼロであるとは限りません。
少しでもお得に、そして少しでも自分に合ったアンドロイド端末を購入する為にも、今回の『必読!有識者が厳選、au アンドロイド狙い目はこの3機種。』についても、参考にしてみてくださいね。

バッテリーの持ちの良さが自慢『Galaxy S7 edge SCV33』

auの最新機種である、バッテリーの持ちの良さが自慢のアンドロイド端末が『Galaxy S7 edge SCV33』です。価格は、98,280円と大変高級な機種です。
分割支払金額4,095円(税込)×24回になるそうですが、各種割引を利用することにより、月々の分割料金は半額程度まで減らすことができるようです。

主な製品の魅力は?

今回の機種は、前機種であるGalaxy S6 edgeの約1.4倍もの大容量バッテリーを搭載していることで、充電切れの心配が軽減されています。
サムスン電子ジャパン(株)調べによると、auスマホ史上最大のバッテリー容量を実現していて、その容量はなんと3,600mAhにも及ぶそうです(2016年3月)。
音楽や動画再生、ゲームの利用がメインとなっている人には、Galaxy S7 edge SCV33がおすすめです。
ちなみにこの機種は、ワイヤレス充電にも対応している機種です。スマホの問題点の一つであるのが、充電プラグを頻繁に抜き差しすることにより、差し込み口の接触不良が起こることです。
差し込み口が一つしか設置されていない場合は、買い替えを行なわなければいけない状態になってしまうこともありますよね。
しかし、ワイヤレス充電可能な機種であれば、この辺りの不安も軽減して維持ができるようになることでしょう。
画面サイズは5.5インチとワイド画面なのですが、横幅を73mmとスリムにしていることで、小さな手の女性でも操作しやすいように設計されています。
大画面のアンドロイドスマホは欲しいけれど、操作性が悪くなるからなかなか購入できずにいる人だって少なくはないことでしょう。
そんな手の小さい人にも、使いやすさを感じるスマホであると言えるのではないでしょうか?
また、このスマホは世界初のデュアルピクセル技術を搭載している機種であると言われています。
デュアルピクセルとは、デジタルの一眼レフカメラに搭載されている、ピント調整の素早さや、薄暗い場所でのフォーカス調整を可能とする技術なのだそうです。
よりクリアで明るい画質の写真撮影を求める人から、人気が出るであろうと予測される機種です。
その他、防水機能が搭載されている機種であることからも、『やっぱり夏を目前に買い換える機種は、防水機能付きでなければはじまらない!』と考える人にもおすすめの機種であると言えます。

おしゃれで高級感漂うデザインが自慢『Xperia(TM) X Performance SOV33』

またまたauの魅力的な最新機種のご紹介!
高級感が漂うおしゃれな外観がおすすめなのが『Xperia(TM) X Performance SOV33』です。

主な製品の魅力は?

なんといっても、光沢をおさえた独特のメタリックボディが醸し出す高級感が魅力であると言える機種です。
手になじむ質感であり、スマホ自体もラウンドしていることから、人に寄り添うかのように手にフィットしてくれるのもこのスマホの良さであると言われています。
2300万画素のカメラを搭載していることにより、より繊細で鮮やかな描写力を発揮してくれるので、優れたカメラ性能を求める人にもおすすめできます。
ちなみにauの公式サイトを見ると、まるで肉眼で見ているかのような迫力あるリアルな写真を確認することができるようになっています。
Xperiaで搭載されているカメラでは、瞬時に撮影ができるような高速シャッターにも対応していて、最速で0.6秒もの速さで撮影を完了させることができるそうです。
ちなみにこの速度は、2年前のXperiaに搭載されているカメラの約2倍にも及ぶのだとか!
ちなみにこの最速0.6秒というのは、カメラ機能を起動してから撮影までの時間なので、カメラの起動の速さがいかに速いかということも知ることができますね。
また、フロントカメラも約1320万画素と、メインカメラとして利用できるほどの高解像度設計です。
22mmにも及ぶ広角レンズにて広範囲にわたる背景の撮影が行えるため、撮れば撮るほど自撮りが楽しくなると言えるでしょう。
Xperiaでは、高性能すぎることにより少しバッテリーの持ちに対する不安が持たれてしまう時期もあったようですが、今回のXperiaでは省エネモードを搭載していることにより、2年前のXperiaと比較すると最大2倍もの持ちの良さにて維持することができるようになったそうです。
更にはアプリの起動や動作、ダウンロードに至るまでをスピーディにこなしてくれることで、ストレスなく快適な最先端アンドロイド端末として誕生しています。

簡単な操作性が自慢『Qua phone KYV37』

まだまだauの新機種であると言える、2016年2月に発売された、操作性の良さが自慢のアンドロイド端末が『Qua phone KYV37』です。価格は、49,680円と割安な機種であると言えるでしょう。
分割支払金額は2,070円(税込)×24回になるそうですが、各種割引を利用することにより、月々の分割料金は半額程度まで減らすことができるようです。
半額程度であればおおよそ月々1,000円程度の支払いで本体を手に入れることができるので、料金支払いへの負担も軽減されますよね。

主な製品の魅力は?

このアンドロイド端末には、簡単な操作を実現するための『auベーシックホーム for Qua』と呼ばれるホーム画面が搭載されています。
スマホはなんだか操作性も難しく、なかなかハードルの高い機種であるかのように考えられていることもあるようですが、Qua phoneのような簡単スマホであればスマホ初心者でも、悩まずに使いこなすことができるのではないでしょうか?
またこの機種は、米国基準の耐衝撃試験に合格している機種です。防水・防塵機能も搭載していることにより、水や埃を気にすることなく使用し続けることができます。
屋外の現場にて作業をするような職種の人であっても、この機種であれば破損に対する過度な心配を抱くことも少なくなることでしょう。
その他、スマートソニックレシーバーと呼ばれる音と振動による、騒がしい場所でも周りの音を遮断して通話音声を届けてくれるという機能が搭載されていることや、1,300万画素の高画質カメラが搭載されていることなど、魅力的な最先端機種であると言えます。
また、Qua phoneは設計・開発・試験・製造、この全ての家庭を国内で実施しているそうです。
細部までこだわりを持ち、製造された機種であるからこそ、安心感を持って使用することができるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、魅力の異なる3つの機種をピックアップして『必読!有識者が厳選、au アンドロイド狙い目はこの3機種。』と称してご紹介しました。
では今回の内容を簡単に振り返ってみましょう。
・バッテリーの持ちの良さが自慢『Galaxy S7 edge SCV33』
Galaxy S6 edgeの約1.4倍ものバッテリー容量と省エネ機能により、バッテリー切れに対する不安が軽減される機種です。
・おしゃれで高級感漂うデザインが自慢『Xperia(TM) X Performance SOV33』
光沢をおさえた独特のメタリックボディにより、高級感漂う質感を楽しめる機種です。
・簡単な操作性が自慢『Qua phone』
スマホ初心者でも戸惑うことのない、『auベーシックホーム for Qua』と呼ばれるホーム画面が搭載されている簡単スマホです。
いかがでしたか?
これから機種変更を行なうのであれば、まずはauアンドロイド端末に何を求めるかを考えます。
そしてあなたの求めるものが
・バッテリーの持ちの良さ
・おしゃれで高級感漂うデザイン
・簡単な操作性
このどれかに当てはまるのであれば、今回の端末情報も是非役立ててくださいね。

関連記事

auのアンドロイド機種が他社の機種と一味違うところ5選
auで売れ筋のアンドロイド系スマートフォンTOP5をお披露目
皆が待っていた!この夏発売のau最新スマホ情報5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧