Android

どれにする?目的別au アンドロイドの選び方3つのポイント

先日auから2016夏モデルの発表会が行われました。auのサービスに対する方針や、今後提供されるサービスについての内容も報告されました。
auはお客様のサービスや商品に対する声を積極的に取り入れ、具体的にサービスや商品造りに反映させています。
ユーザーのニーズを取り入れた今回の新商品は全部で10機種。スマートフォンの新作6機種と新色追加1機種、ガラホ1機種に加えてWi-Fiルータが1機種となっています。
機種などのタイミングで新しい機種の購入を検討されている方や、周りの人とは一味違う携帯をお探しの方、そして、自分の使い方にマッチした、端末をお探しの方のために、auのアンドロイドスマホの選び方のポイント3つを紹介して行きます。
また、今回発表されたアンドロイドスマホの新作6機種とタブレット端末の概要も紹介していますので、auのアンドロイドスマホの購入を検討されている方は是非参考にしていただけたらと思います。

auのアンドロイドスマホを選ぶ際のポイント3つ

android
皆さんがスマホを選ぶ時、利用目的により、求める要素は異なってきます。
auではお客様がスマホに求める項目を集計し、ランキングを集計していますが、その結果は以下のようになっています。
多くの方が理想としている項目となりますので、この上位3つの項目がスマホ選びの大きなポイントになるということができるでしょう。

auアンドロイドスマホ選びのポイント1【バッテリー持ちの良さ】

アンドロイドスマホにはGooglePlayを通して数多くのアプリが提供されています。
通勤や通学時間にスマホを利用してニュースやSNSを確認したり、動画やゲームなどをたのしんだりとスマホを活用されている方も多いのではないでしょうか。
そのように、様々な場面目で利用できるスマホだからこそ、問題になってくるのがバッテリー持ちの良し悪しになってきます。
スマホが登場した当初に比較すると飛躍的にバッテリー持ちの良さは最善されつつあるとはいえ、スマホの機能が向上し利用方法が多様化して行く中で、さらなるバッテリー持ちの持ちが求められる結果となっています。
そのため、アンドロイドスマホを購入する場合には、バッテリーの容量の多さの他、連続通話時間や連続通話待受時間も参考にするとよいでしょう。

auアンドロイドスマホ選びのポイント2【デザイン・色】

スマホは出かける時には常に持ち出し、家にいるときでも常に身に着けていたり、すぐに手の届くところにおいたりしている方が大半です。
そのため、性能面以上にスマホのデザインや色という要素はユーザーにとって大きなウェイトを占めているということが分かります。
デザインや色は人それぞれ好みが異なりますし、身の回りの人と同じスマホを使うということに抵抗を感じる方もいらっしゃることでしょう。
auの2016夏モデルはカラーバリエーションも豊富で個性的なモデルも多く、一部機種については数量限定で特別バージョンの発売も予定されているようですので、個性を重視する方の場合にはそのような情報もしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

auアンドロイドスマホ選びのポイント3【液晶画面の大きさ】

スマホのカメラ機能は日々向上しており、撮影した写真を高画質なまま楽しみたいと思うと、それなりの液晶画面の大きさが必要になります。
また、オフィス系のアプリも高機能になってきており、閲覧だけではなく新規作成や編集なども以前に比較するとかなり踏み込んだところまでこなせるようになってきました。
高機能でスマホのスペック的にもそれらの作業を快適にこなせるほど向上してくると、後はそれらの作業が快適にできる液晶画面のサイズが重要になってきます。
また、液晶画面のサイズは一緒でも商品により解像度が異なりますので、液晶画面の精細さにこだわる方の場合には、液晶画面サイズに合わせて解像度のチェックもしっかりとしておくと良いでしょう。

auの2016夏モデルのアンドロイドスマホ7機種の概要

Qua phone

◇スペックと概要
メーカー: auブランドモデル
サイズ: 約73 mm × 148 mm × 7.5 mm
質量:約127g
液晶画面サイズ:約5.2インチ
液晶画面解像度: 1,920×1,080(FHD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8937 1.4GHz クアッドコア+1.1GHz クアッドコア
メインメモリ:2GB
記憶領域:16GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量: 3,000mAh
連続通話時間: 約1,300分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約500時間、WiMAX 2+ 約500時間
メインカメラ:約1,610万画素
サブカメラ:約800万画素
カラーバリエーション:ホワイト、ネイビー、ピンク
au独自ブランドのスマホになります。5.2インチでフルHDの高精細液晶を搭載していながらも、シンプルでコンパクトな筐体となっています。
カメラ機能など基本的な部分はしっかりと押さえられているため、他の人とは違うスマホを使いたいという方にはお勧めのスマホになります。

Qua tab

◇スペックと概要
メーカー: auブランドモデル
サイズ: 約124 mm × 211 mm × 7.8 mm
質量:約310g
液晶画面サイズ:約8.0インチ
液晶画面解像度: 1,920×1,200
OS: Android 6.0
CPU: MSM8952 1.5GHz クアッドコア + 1.2GHz クアッドコア
メインメモリ:2GB
記憶領域:16GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量: 4,800mAh
連続通話時間: –
連続待受時間: 4G LTEエリア 約800時間、WiMAX 2+ 約800時間
メインカメラ:約500万画素
サブカメラ:約500万画素
カラーバリエーション:ホワイト、ネイビー、ピンク
2016夏モデルとして発売されるタブレットになります。スマホではないため、音声通話機能は搭載されていませんが、Qua phoneの相性がとてもよいタブレットになります。
auシェアリンクと呼ばれるau独自のサービスにより、スマホとタブレット双方で閲覧中のサイトや動画を転送して続きを見るという使い方が可能になります。

Galaxy S7 edge

◇スペックと概要
メーカー: SAMSUNG
サイズ: 約73 mm × 151 mm × 7.7 mm
質量:約158g
液晶画面サイズ:約5.5インチ
液晶画面解像度: 2,560×1,440(Quad HD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
メインメモリ:4GB
記憶領域:32GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量: 3,600mAh
連続通話時間: 約1,480分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約530時間、WiMAX 2+ 約530時間
メインカメラ:約1,220万画素
サブカメラ:約500万画素
カラーバリエーション:ブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールド
サムスンから発売委されているGalaxyシリーズの最新モデルになります。
液晶画面は5.5インチと大変大きなサイズで、さらに解像度もクアッドHDとなっており高画質な写真も高画質なまま楽しむことができます。電子書籍などを読む場合でも細かい文字などもつぶれることなく読むことができるのではないでしょうか。
そして、5.5インチの大型液晶を搭載しているにも関わらず本体の幅が77mmと大変コンパクトな仕上がりになっています。
auではWEBからの申し込み100台限定でバットマンモデルを購入することもできるため、他の人とは違う携帯をお探しの方はこのモデルを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

XPERIA X

◇スペックと概要
メーカー: ソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ: 約71 mm × 144 mm × 8.6 mm
質量:約165g
液晶画面サイズ:約5.0インチ
液晶画面解像度: 1,920×1,080(FHD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
メインメモリ:3GB
記憶領域:32GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量: 2,570mAh
連続通話時間: 約1,330分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約490時間、WiMAX 2+ 約490時間
メインカメラ:約2,300万画素
サブカメラ:約1,320万画素
カラーバリエーション:ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールド
ソニーから発売となるXPERIAシリーズの最新モデルになります。
本体背面部分はアルミ素材となっており、高級感と高い質感を実現しています。XPERIAシリーズではソニーのデジカメなどで培われてきた高画質カメラが搭載されており今回のモデルも同様に、高機能カメラが搭載されています。
スマホなどのバッテリーは通常2年程度で劣化して満充電しても持ちが悪くなってきますが、ソニーとQnovo社が共同開発したバッテリーの充電技術により、2年経過後もバッテリー性能が落ちにくいため、気に入ったスマホを長い間使い続けたいという方にはうれしい機能です。

HTC 10

◇スペックと概要
メーカー: HTC
サイズ: 約72 mm × 146 mm × 9.2 mm
質量:約161g
液晶画面サイズ:約5.2インチ
液晶画面解像度: 2,560×1,440(WQHD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
メインメモリ:4GB
記憶領域:32GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量: 2,570mAh
連続通話時間: 約1,590分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約390時間、WiMAX 2+ 約390時間
メインカメラ:約1,200万画素
サブカメラ:約500万画素
カラーバリエーション:カメリアレッド、カーボングレイ、トパーズゴールド
HTCの最新モデルになります。液晶画面は5.2インチのWQHDと高精細なものを搭載している他、世界発メインカメラとサブカメラ両方に光学式の手ぶれ補正機能を搭載しています。
最近はSNSの投稿などの目的でセルフィーを撮影する方も増えてきているため、手ぶれを気にせず撮影できるということは
メリットが大きいのではないでしょうか。

AQUOS SERIE

◇スペックと概要
メーカー: SHARP
サイズ: 約73 mm × 149 mm × 7.6 mm
質量:約153g
液晶画面サイズ:約5.3インチ
液晶画面解像度: 1,920×1,080(FHD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
メインメモリ:3GB
記憶領域:32GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量:3,000mAh
連続通話時間: 約1,590分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約500時間、WiMAX 2+ 約500時間
メインカメラ:約2,260万画素
サブカメラ:約500万画素
カラーバリエーション:ネイビー、ホワイト、コーラルピンク
シャープから発売のAQUOSシリーズの最新モデルとなります。
シャープ独自の液晶画面IGZOにより高画質で消費電力の少ない5.3インチ液晶を搭載しており、更にハイスピードIGZOにより動作の速い動画や画面すクローズ時に従来の液晶画面よりもなめらかに表示することが可能になっています。
バッテリー容量も十分なものを搭載していますが、更に省電力モードによりバッテリー残量20%からでも一日利用することが可能です。バッテリーの持ちが気になる方にはお勧めのモデルとなります。

AQUOS U

◇スペックと概要
メーカー: SHARP
サイズ: 約71 mm × 141 mm × 8.3 mm
質量:約128g
液晶画面サイズ:約5.0インチ
液晶画面解像度: 1,280×720(HD)
OS: Android 6.0
CPU: MSM8952 1.5GHz クアッドコア + 1.2GHz クアッドコア
メインメモリ:2GB
記憶領域16GB
外部メモリ: 200GB microSDXC
バッテリー容量:3,010mAh
連続通話時間: 約1,220分
連続待受時間: 4G LTEエリア 約870時間、WiMAX 2+ 約870時間
メインカメラ:約1,310万画素
サブカメラ:約500万画素
カラーバリエーション:ミントブルー、シルキーホワイト、エレガントブラック
シャープのAQUOSのコンパクトモデルになります。
5.0インチでHDとやや控えめの液晶画面ではありますが、実用上は十分な性能であるといえます。また、軽量でコンパクトな筐体であるにも関わらず、バッテリーは3,010mAhと大容量なものを搭載しています。
スペックよりも携帯性を重視される方にお勧めの機種となります。

まとめ

ここまで、auのアンドロイドスマホを選ぶときのポイント3つと、2016夏モデルの概要を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
スマホ初心者の方や初めてスマホを購入する方の場合にはどの点に注意して購入してよいのかわからず、購入してから後悔するということもあるかもしれません。
具体的に気になっている機種がある場合は別ですが、これからどのようなスマホにしようか検討される方の場合には、ここで紹介したポイント3つがご自身の利用方法にあっているかをよく考えて購入することで購入後に後悔することなく、長い間使い続けて行くことができるのではないでしょうか。

関連記事

auで売れ筋のアンドロイド系スマートフォンTOP5をお披露目
auのアンドロイド機種が他社の機種と一味違うところ5選
買うなら急げ!この冬、話題沸騰中のau新機種最新情報まとめ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧