auから格安スマホに乗り換える(MNP)前に知っておくべき全知識


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

バッテリーはZenFone3よりもさらに大きい3000mAh。TurboPowerチャージャーによる高速充電にも対応。

4-3.万能型スマホから選ぶ

◇HUAWEI P9 lite(HUAWEI)
価格は29,980円、カラーはゴールド、ホワイト、ブラックの3色展開。高級感のあふれる素材や側面がアルミフレームになっているなど、デザインにこだわり。

この価格帯では珍しい指紋認証にも対応した万能格安スマホです。

カメラは背面が1300万画素、前面が800万画素、バッテリーは3000mAhの大容量。

◇honor8(HUAWEI)
価格は42,800円、カラーはサファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイトの3色展開。

カメラは背面が1200万画素、前面が800万画素とiPhoneと同水準、バッテリーは3000mAhとこれまた大容量。

2.5D曲面ガラスの高級感あふれるデザインと、価格、性能どこをとっても優秀なハイスペック格安スマホです。

4-4.初心者向け格安スマホから選ぶ

◇ZenFone Go(ASUS)…価格は19,800円、カラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンクの5色展開。

5.5インチHDディスプレイのスマホでは破格の値段ですが、その性能は決して低いわけではありません。

初心者向けのモードやキッズモードもついているので、幅広い年代の方に使っていただける格安スマホです。

◇gooのスマホ g06(goo)
価格は7,800円、カラーはレッド+ブラック、ホワイト、インディゴ、カーキ、ピンクの5色展開。

4インチの小型サイズディスプレイはどなたにでも使いやすく、初めて使う格安スマホとしては申し分ないスペックです。

◇ZTE BLADE E01(ZTE)
価格は14,800円、カラーはホワイトとブラックの2色展開。

こちらも程よいスペックで使いやすくなっています。バッテリー容量は他のエントリーモデルよりも大きめな2200mAh。

4-5.定番の人気機種から選ぶ

◇iPhoneシリーズ(Apple)
格安スマホ端末ではないものの、非常に人気があるiPhoneシリーズ。最新機種のiPhone7を例にスペックを見ると、価格は9万円程度、カラーはローズゴールド、シルバー、ゴールド、ブラックジェットブラックの5色展開。

カメラは背面が1,200万画素、前面が700万画素で画素数では格安スマホのミドルレンジ~ハイエンドに劣りますが、iPhone独自の様々な機能が搭載されています。

iPhone7はイヤフォンジャックがなくなったことで話題を呼びました。

◇AQUOS SH-M02(SHARP)
価格は39,800円。画面のきれいさが売りで、動画や映画をよく鑑賞するという方におすすめです。

カメラは背面が1,310万画素、前面が210万画素で申し分ないスペックです。

◇arrows M02(富士通)
価格は24,000円、カラーはブラック、ホワイト、ゴールド(楽天モバイル限定)、ピンク(mineo限定)、ロイヤルブルー(J:COM限定)の5色展開。

おサイフケータイ対応で、防水及び防塵機能付きなのがポイントです。

◇XPERIA J1 COMPACT(SONY)
価格は54,800円。おサイフケータイ対応、防水防塵機能付きの上、背面カメラが2,070万画素とハイスペック。

デザイン、スペック、使いやすさすべてにおいてクオリティの高いハイエンドモデルスマホです。

5.まとめ

%e3%81%ab%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3309

それでは最後に、今一度押さえておくべきポイントをおさらいしましょう。

5-1.auから格安スマホに乗り換える(MNP)前に

・MNP乗り換えとは、電話番号を変えることなくキャリア乗り換えることで、それはキャリアにとってもメリットがあります。そのためたくさんのキャリアがMNPに対して特典を提供しています。

・格安スマホとは、通常のスマートフォンよりも安く購入できる、様々なスペックを持った端末と、格安SIMカードを組み合わせて使うことを言います。

・SIMカードを使用する際には端末のSIMロックに注意しましょう。au系のスマホであればSIMロックを解除することなくau系MVNOのSIMカードを使用することができます。

5-2.実際に乗り換える時には

・MNP乗り換えには必ずMNP予約番号が必要です。auの場合電話、店舗、Ezweb(ガラケー)で予約することができますが、電話が最もスムーズです。

・MNP予約番号には15日間の有効期限があります。有効期限内に手続きを終わらせまし
ょう。

・MNP乗り換えには3種類の手数料がかかりますが、そのうちの契約解除料は更新月に乗り換え手続きをすることで0円にすることができます。

6.終わりに

高いなとは思いながらなんとなく、月1万円前後もする携帯代金を払い続けるよりも、思い切って格安スマホに乗り換えれば、きっと今までと変わらない携帯環境をより安い価格で利用することができます。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない