auから格安スマホに乗り換える(MNP)前に知っておくべき全知識


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

◇iPhone6s
価格は9~10万円台、CPUはApple A9@1.8GHz、カメラは背面が1200万画素、前面が500万画素程度、電池容量は1,715mAh前後です。

もちろん格安スマホもグレードごとに様々な特徴があり、iPhoneもiPhone独自の性能を備えているため単純比較はできませんが、スペックだけを見てみると、カメラや電池の容量を見ればミドルレンジで既にiPhoneのスペックを超えていることになります。

こうした様々なグレードの端末と格安SIMを組み合わせることで、格安スマホは完成します。

格安スマホ、とはいっても決して侮ることができない端末であるということが理解していただけたでしょうか

2-2.格安SIMとは

2-2cb

先ほどから繰り返し、格安スマホは端末と格安SIMの組み合わせと言ってきましたが、ところで格安SIMとはいったい何なのでしょうか。

・MVNOが提供しているSIMカード

SIMカードとは、スマホや携帯電話が通信を行う際に必要になるICチップのことで、その中にはそれぞれその端末が誰のものなのか特定できるような情報が入っています。

例えばauでスマホを契約した場合、基本的には店舗のスタッフがSIMカードを挿入して設定してくれるので、自分で格安SIMを運用したことがある方以外はSIMカードに触れたことがないのが普通です。

キャリアが提供するSIMカードとは別に、MVNOが提供する格安SIMカードがありますが、格安スマホの場合はこの格安SIMを利用します。

MVNOとは仮想移動体通信業者の略で、auやドコモなどの携帯会社の回線を借りて、格安でユーザーに無線通信を提供する業者を指します。

MVNOの場合は回線を提供しているだけなので店舗を持ちません。

そのため通常の携帯会社よりもかかるコストが少なく、そのため格安でSIMカードを提供することができるのです。

・豊富な料金プラン

格安SIMカードには非常に豊富な通信プランが用意されています。

通話料とインターネット通信がセットになったもの、どちらか片方だけのもの、SMS付き
インターネット通信のプランや、無料修理などの保障がついたものまで発売されています。

また期間や料金の計算方法も様々で、1日ごと、1か月ごとに使える容量が決まっているものなど様々です。

・SIMフリー端末とは

通常キャリアで購入するスマートフォンは、特定の携帯会社のSIMカードでしか利用できないようにSIMロックがかかっています。

他のキャリアに流れてしまうことを防ぐためですが、反対にSIMロックがかかっていない端末のことを「SIMフリー端末」と言います。

SIMフリー端末の場合はキャリアにその端末を持ち込んでSIMカードを契約して使うこともできますし、国内の格安SIMカードの他、海外の携帯会社が提供するSIMカードを利用することができます。(海外SIMカードについては一部利用できない地域もあります)

え、じゃあSIMフリー端末を持っていなかったら格安SIMカード使えないの?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、これには例外があります。

先ほど、MVNOの提供する格安SIMカードは携帯会社の回線を借りて提供していると述べましたが、もしその回線がauから借りたものであった場合、auが提供した端末はSIMフリーであるかどうかに関わらず利用することができます。

また、例えばドコモのスマホをau系の格安SIMカードで使いたいという場合は、ドコモに「SIMロック解除」を依頼しましょう。

SIMロックを解除すればSIMフリー端末同様、様々なSIMカードを使えるようになります。

2-3.MVNOとは

今現在格安SIMカードを提供しているMVNOは大きく分けてドコモ系とau系の二つです。

しかしながら、初めからこの二つが回線を提供していたというわけではなく、au系が登場したのは実は最近の話なのです。

以前は、ドコモの回線レンタル料が安かったということもあってドコモ系のMVNOが大半を占めていました。

しかしながらドコモ系のMVNOが乱立したせいで料金面での差異つけることができなくなり、MVNO業界の競争は停滞していました。

そんな時、他のMVNOとの差異化を図るため、ドコモと同水準までレンタル価格が下がってきたauの回線を利用してau系MVNOが格安SIMカードを提供し始めました。

その登場によって、今までSIMロックなどの事情で乗り換えをためらっていた方にとって、auから格安スマホに乗り換えるハードルはグンと低くなりました。

具体的なMVNOの名称は以下の通りです。
(一例です)

・ドコモ系
楽天モバイル、DMMモバイル、OCN BIC SIM


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない