auから格安スマホに乗り換える(MNP)前に知っておくべき全知識


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

auでの更新月の確認の仕方は以下の通りです。

◇スマートフォン、パソコンからの確認手順

①スマートフォン、パソコンで「auお客様サポート(ご契約内容の確認・変更ページ)」へアクセスします。

②「au IDでログイン」をタップしログインします。

③「au契約情報照会」画面が表示されたら「ご契約情報」を選択。

④「料金割引サービス」の項目で、契約中のプラン、サービスの「次回更新月」を確認できます。

「次回更新月」は必ず確認し、MNPにかかる費用を節約しましょう。

1-4.大手3キャリアのMNPキャンペーン

今回はMNVO(格安スマホ)への乗り換えを紹介するのですが、具体的に大手3キャリアがそれぞれMNPに対してどのようなキャンペーンを提供しているのか、参考までに簡単にご紹介いたします。

・au

img_0038

◇下取りプログラム(乗り換え)
他社からのMNP乗り換えの際にauスマートフォン、もしくはauケータイを購入し、以前利用してた端末を下取りに出すと最大で26,460円の割引を受けることができます。
割引価格は毎月の利用料金から分割で割り引かれます。

機種変更における下取りでは最大3,000円の割引なので、MNP乗り換えの際の下取りの方がはるかにお得です。

下取り対象機種とそれぞれの価格はこちら。

電源が入らない、充電を行っても充電ランプが点灯しない、暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない、水濡れシールに水濡れ反応がある、製造番号が確認できない、改造などメーカーの保障外になる、といった場合は下取りできません。

・ソフトバンク

img_0035

◇のりかえ下取りプログラム
MNP乗り換えでソフトバンクのiPhone、スマートフォン、ケータイを購入したユーザーを対象に、以前利用していた端末を下取りに出して最大26,400円の割引を受けることができます。

au同様、割引額は毎月の利用料から分割で割引、下取りできる機種や端末の状態には一定の条件があります。

◇ガラケーのりかえ割
◇あんしんファミリーケータイ基本料無料プログラム
◇シンプルスタイル(スマートフォン)MNP端末割

これらはすべて、ソフトバンクへのMNP乗り換えで対象の端末を購入すると、端末や基本料の割引を受けることができるというキャンペーンです。

・ドコモ

img_0047

◇ドコモにチェンジ割
MNP乗り換えでドコモに乗り換える際、対象のプランや端末を購入すると月850円×最大12か月(最大10,200円)が基本使用料から割り引かれます。

以上のお得なキャンペーンからも、MNP乗り換えがいかにお得で、キャリアにとっても良いことなのかわかりますね。

しかしながら今回は格安スマホに乗り換える方法を解説いたしますので、これらのキャンペーンは参考程度にしていただければと思います。

では、続いて格安スマホについて解説していきます。

2.格安スマホとは何か

img_0070

格安スマホと聞いて皆さんはどのように感じますか?

安いだけであまりスペックの高くないスマホですか、それとも通信費が安いけれど通信速度が遅いスマホですか?

その実態を紐解きましょう。

2-1.格安スマホとは

格安スマホとはその名のとおり、「通常のスマートフォンよりも安く使うことができるスマートフォン」のことを指します。

基本的には、ユーザーのニーズに合わせた様々なグレードの端末に格安SIMを組み合わせたものをいいますが、こうした方法でスマホを使うと通常のスマホの3分の1程度まで利用料金を節約することができると言われています。

・様々な端末のスペック

スペック別に格安スマホを分類すると以下のようになります。

◇ローエンドモデル、エントリーモデル
価格は1万円台、CPUはクアッドコア1.4GHz前後、カメラは背面が800万画素、前面が500万画素程度、電池容量は2,000mAh前後です。

◇ミドルレンジモデル
価格は2~3万円台、CPUはクアッドコア1.2GHz、オクタコア1.0GHz以上、カメラは背面が1300万画素、前面が800万画素程度、電池容量は2,500mAh前後です。

◇ハイエンドモデル
価格は4~5万円台、CPUはクアッドコア1.8GHz、オクタコア1.5GHz以上、カメラは背面が1500万画素、前面が800万画素程度、電池容量は3,000mAh前後です。

数字とカタカナの羅列でわかりにくいかと思いますので、一番一般的なスマホと言っても過言ではないiPhoneの6sと比較してみます。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない