iPhone

これだけ知っていれば完璧!iPhone6sに搭載される iOS9の特徴5つ

icatch-about-ios8iPhone6sと同じく発表が騒がれるiOS9ですが、気になるけどOSって言われても正直よくわからないし、使いこなせないけど何となくアップデートしている方も多いのではないでしょうか。

2015年6月10日に開催されたAppleの開発者向けイベント、WWCD2015の中で発表されたiPhone、iPad、iPod touch向けの新OSが「iOS9」です。
OSとはオペレーションシステムの略で、パソコンやスマホを動かす基本となるソフトウェアのことです。
このOSに新しく機能が増えるということは、私たちの使うiPhoneの機能が増えるということになります。
iOS9の公式ページ上には「これまでで最も大規模なiOSのバージョンアップ」と記載されており、アプリ開発者向けのベータ版をiOS9を実際に使っているムービーを見ても、これまでのiOSからは進化していることがわかります。
iOS6からiOS7に変わったときは、アイコンの見た目がフラットデザインに変わったこともあり目に見える進化でした。
今回のiOS9は見た目の大きな変化はありませんが、なによりも中身が進化しています。
数々の新しい機能を備えたiOS9の中でも、今回は皆さんの生活に密着した普段から使える機能を5つ厳選してわかりやすく紹介していきます。
この記事に書いてある5つの機能を理解すれば、新しいiOS9を使いこなせていると言っていいでしょう。

iOS9のイメージ動画

日本語版の説明動画がなかなかないのですが、こちらの「iOS9 大阪弁で紹介」という日本語の動画がとてもわかりやすいです。
こちらの動画でiOS9の基本イメージをつかむことができるかと思います。

iOS9のイチオシ5つの便利な機能

1、進化し続けるデザイン

about-ios8_01

メッセージ・Eメール・カレンダーの出席依頼・リマインダー・Facebookなどから、他社製にアプリの簡単な操作まで、すべてを通知バナー上で行うことが出来るようになります。使用中のアプリを閉じることなく、そのまま素早い返信が可能になりました。
どの画面やアプリを使っていても、ホームボタンを2回押すと「マルチタスキングインターフェイス」という画面が現れます。
この画面の1番上には、最近連絡をとった人たちや事前に設定している「よく使う項目」にいる人たちの顔が現れます。
ここからいつでもスピーディに電話や、メッセージを送ることができます。
メールアプリでは受信ボックスの中で、メールを開封済みにしたり、あとで探しやすくするために「フラグ」をつけることが出来ます。
他にも下書きにあるメールを、受信ボックスにあるメールの間を簡単に移動出来るようになったので、必要な情報を集めてメールを送るのがより簡単になりました。
特にビジネスでiPhoneを使っている方は、すごく使いやすくなります。
メールの中に予約・飛行機のフライト情報・電話番号がある場合、これをメールアプリが認識して通知してくれます。
更にその通知をタップすると、カレンダーに旅行の予定を入れたり、連絡先に電話番号を登録することが出来ます。
なんとも近未来的でワクワクする機能ですね。

2、写真に対する機能の強化

about-ios8_02

写真アプリの中に、新しく「iCloudフォトライブラリ」という機能がつきます。
今までも写真や動画はiCloudに保存しておけましたが、iCloudに保存してiPhoneから消去してしまった写真などは、わざわざ家でパソコンからiCloudに接続しなければ確認することが出来ませんでした。
しかしiOS9からは「iCloudフォトライブラリ」のおかげですべての写真や動画を持ち歩けるのです。
iPhoneやiPadで撮影したすべての写真や動画は、すべてiCloudに保存で出来、好きなときに好きなデバイスから自分のライブラリに自由にアクセスすることが出来るようになります。

about-ios8_03

そして写真アプリ内で検索バーが使えるようになりました。
iPhoneだとつい大量に写真を撮ってしまう方も、見たい写真を検索ですぐに探し出すことが出来るようになったので非常に活用度の高い機能だと思います。
カメラ自体の機能も更なる進化を遂げ、写真全体の明るさや色をコントロールしたり、さらに細かな値を微調整出来たりと、カメラの機能にこだわりたい人には嬉しい仕様になっています。
撮影したときに写真の構図がイマイチでも、撮影後に写真アプリが自動で傾きを補正して理想的なトリミングを行ってくれます。
これはそこまでカメラに詳しくないけど、きれいな写真が撮りたいという人にも嬉しいですね。
更にタイムラプスモードが追加され、写真を撮った時間も記録されるようになります。

3、意外と重要なキーボード機能

about-ios8_05

あまり気にしていなくても、使い勝手が非常に反映しやすいキーボード機能が新しくなり今までよりずっと使いやすくなっています。
元々Androidや日本製の携帯電話を使っていてiPhoneに変えた方の中には、前は予測変換がもっと賢かったのに、と不満に思っていた方も多いかと思います。
今回のアップデートではライバルであるAndroidの優秀な機能である、予測変換の機能にインスパイアされたと言われる機能を追加しています。
文字を入力すると過去のテキストによる会話や文書のスタイルを元に、次に入力しそうな単語やフレーズの候補が表示されます。

about-ios8_04

iOS9はメッセージアプリで使いそうなカジュアルな表現と、メールアプリで使いそうなフォーマルな表現の使い分けをも考慮してくれます。
また「家族や恋人への言葉は、ビジネスの相手よりもくつろいだ感じになりがち」といった、ユーザーが誰とコミュニケーションをとっているのかを考えて予測変換を行うというのだから、驚きですね。
これらのデータはデバイス上のみに保存されるので、プライバシーの心配もありません。
さらに「スワイプでの入力」や「パソコンで使うキーボード配列入力」など好みに合わせたキーボードが使えるように、iOS9ではキーボードを開発者に解放することで、新しいキーボードが使えるようになります。

4、メッセージ機能の強化

about-ios8_06

iOS9でのメッセージアプリはあらゆる音声を録音し、それを会話に取り込むことが出来ます。
使い方はコメント欄の隣にあるマイクボタンを長押しするだけで、それをスワイプすると簡単に送信することが出来ます。
ムービーを撮影して送信することもより簡単になっているようです。
いままで1つずつしか送れなかった、画像や動画を複数同時に送れるようになったのも嬉しい改善点です。
少しシャイな日本人にはあまり利用頻度が低そうな機能かとも思いましたが、気の知れたお友達同士で楽しいやり取りをするのには新しいメッセージの使い方として新鮮な体験が出来るかもしれません。

about-iOS8_07

また、グループでの会話にグループ名をつけることが可能になりました。
新しく参加してほしい人を追加したり、外したり、自分から会話から抜けることも出来ます。
おやすみモードも搭載しているので、深夜に他の人のメッセージのやり取りの通知音に悩まされることもなく、好きなときにまとめてメッセージに目を通すことも出来るようになりました。
これは私も欲しかった機能のひとつなのですが、現在地を地図に記して会話の途中で今いる場所を伝えることが出来るようになりました。
旅行先などあまり慣れない土地での待ち合わせの時に、今ここにいるよ、と地図でわかりやすく連絡することが出来たら便利ですよね。
この現在地情報は、自分が選んだお友達に指定した期間だけ公開することも可能で、期間は1時間・1日・無期限の中から選ぶことが出来ます。
逆に言えば、位置情報を公開している人の現在地を確認することが可能になったということです。
お仕事やグループで動いているときに使えば、便利さを発揮しそうな機能ですね。
間違っても夫婦やカップルでは使わないことをおすすめします。
さらに古いメッセージを自動的に削除してくれる機能が追加されるようです。
むしろ今まで消されていなかったことにもビックリですが、それくらい昔のメールなんて残っていても仕方がないものですよね。

5、iPhone・iPad・Mac、更には他社製品との連携

about-ios8_08

Appleシリーズをいろいろ使っている人には嬉しいニュースです。
Macで見ていたサイトをiPadで開いたり、iPhoneで書き始めたメールのつづきをMacで書き上げたりと、iCloudのアカウントでサインインしていれば、すべてが自動で同期してくれるようになります。
さらにMacやiPadと同じWi-Fiネットワークに接続されると、iPhoneにかかってきた電話をMacやiPadで受けることが出来ます。
電話がかかってくると、発信者の名前や電話番号がMacやiPadに表示され、通知をクリックするだけで簡単に応答することが出来ます。
もちろんiPadやMacから電話をかけるのも同じように可能です。
ユーザーが使っているiPhoneの電話番号に対応するので、設定は何もいらないというのが嬉しいですね。
キーボードの項目でも少し触れましたが、今回のWWCDでAppleは連携をいうキーワードを強調していました。
アプリ間の通信連携が強化されたことで写真編集アプリで加工した写真をより簡単SNSにアップ出来るようになります。
現在はFacebookやTwitterなど何かしらのSNSを使っている方が多いと思います。
他の編集アプリで美しく楽しく加工したアプリをそのままSNSでスムーズに使うことが出来るようになるので、この機能はよりiPhoneを楽しく使いやすくしてくれそうです。
スマート家電やスマート住宅と呼ばれる、家電や電気、玄関の鍵、お風呂のタイマーなど住宅の機能を携帯電話から制御する機能も近年じわじわとひろがってきています。
Apple以外のスマート機器を開発する会社に「Homekit」という名前の新機能で方法が提示され、Apple製品との連携を各社に促す流れが出ているそうです。
そのおかげで今までは専用アプリを落とさなくては機能を使うことが出来なかったスマート機器が、iPhoneひとつで自由に使いこなすことが可能になりました。

iPhone6sはどこで買うのがいい?

機種変更ならオンラインショップがおすすめ

ソフトバンクオンラインショップでiPhone6の機種変更
ソフトバンクからソフトバンク、ドコモからドコモというような機種変更する場合でしたら、1店舗毎の在庫入荷よりも入荷が安定しているオンラインショップを利用するユーザーが増えています。
通常のショップ店舗のように、審査や手続きで数時間待つ必要が無いという部分も大きなメリットになるかもしれません。
例えばソフトバンクの機種変更等であれば、「ソフトバンクオンラインショップ」がお勧めです。

乗り換えならMNP購入サイトの利用も考えてみてください

au、docomoからソフトバンクのように、携帯キャリアを乗り換えるなら、キャッシュバックの多いスマホルームの利用を是非考えてみてください。
ソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンに加えて、さらに30000円クラスの現金キャッシュバックを実施しています。
現時点では東京のみの受け付けになりますが、是非気軽にお問い合わせ下さい。
【iPhone6 & 6Plus】11〜12月 200台限定「いきなり30000円キャッシュバック」開催!

まとめ

iPhone6sほどの注目はなくても、やはり新しいiOSが発表になると気になるものですよね。
iOS9で私たちが使えそうな新しい機能は以下の通りです。
・通知バナーから出来る、スムーズな操作
・カメラ機能の強化、全てを持ち歩けるiCloud
・キーボードの自由な選択
・楽しさの増えたメッセージアプリ
・他の機器との連携にて増える様々な使い道
大きく新しい機能が増えたというよりも今まであった機能の進化や変更、他社との連携など、あまり変化が感じられないかもしれません。
しかし、これまでAppleはかたくなに独自のOSを貫き、他社に連携を許さずにきました。
それが今回のアップデートによって様々な連携が可能になり、開発者にとっては新たな可能性が生まれ、同時にユーザーである私たちにとっても今までより更に使いやすいiPhoneを手にすることが出来るチャンスだと言えます。
iOS9が実装できる日も楽しみですし、その先の他社が発表するiPhoneと連携出来る新しい機能やアプリにも注目ですね。
iPhone6sを手にしたら是非今回の5つの機能を使いこなし、新しいiOS9を堪能してみてください。

関連記事

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone6の機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
【iPhone6 & 6Plus】11〜12月 200台限定「いきなり30000円キャッシュバック」開催!
【徹底レビュー!】iPhone6を使ってみて分かった4つのこと

iPhone(アイフォン) ブログランキングへ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧