Android

2015年春の新作!才色兼備なドコモのスマホ

smartphone-583686_640
ドコモユーザーのみなさま、新機種に変えましたか?それとも、考え中でしょうか。
スマホユーザーが新機種に期待すること。カメラの性能や音楽の音、画面の大きさというのがいちばん多いのではと思います。
ちゃんとユーザーの心をつかむ新製品を、各メーカー出してきています。ドコモの新しいスマホ、機能でアピールしているように思います。
もちろん、外観もスッキリとスマートなデザイン。画面は大きく、薄く・軽く。
ドコモの2014冬?2015春モデルの特徴などを紹介します。

聞きなれないことばですが、進化です

ドコモが機能でピックアップしているものを、初めに紹介します。

*VoLTE(Voice over LTE)

高音質な音声で通話ができる機能です。
ビデオコール(テレビ電話機能)は高精細な画像・高音質な通話が楽しめます。

*ハイレゾオーディオ

ハイレゾオーディオは、人間の耳には聞こえないような高音までの帯域を再生できるというもの。
これはもうスマホとは言えない。音楽を楽しむためのオーディオです。

*docomo LIVE  UX

見慣れているはずのホーム画面、なのにいざとなると同じ画面を再現するのはむつかしい。
どこに・なにが入っていたのか、記憶はあいまいでどうにもならない、なんて経験ありませんか。
ホーム画面のレイアウトを、ドコモのクラウドにバックアップ(保存)しておけば、機種変更したときや、失くしたとき・故障したとき、いままでの使い慣れたホーム画面のレイアウトを問題なく引き続き利用できるというものです。
これは意外といいかも知れない。
ホーム画面のレイアウトなんて、改めて考えたことありませんでしたが、言われてみれば『あるアル』、あったらいいかもと思いますよね。

種々多々 ファンタジックからガテン系まで

2014年冬2015年春モデル、ドコモから発売されたスマホの新機種は7機種。
ナニを基準に選ぶのかとてもむつかしいところです。
OSはみなAndroid4,4でおなじ、外部メモリーも128GB、内部メモリーは16GBと32GBの2種。
となると、あとはバッテリーの容量、カメラの画素数か画面の大きさで選ぶ。デザインの好き嫌いで選ぶ。
ディズニーからも新機種が発売されています。ファンの人は、ディズニーしか目に入らないものなのか気になるところです。
まず、ディズニーの新機種からいってみます。

Disney Mobile on docomo SH-02G

側面のあざやかな光のイルミネーション、背面はミッキー&ミニーのかわいいデザイン。
ディズニーは太っ腹なところも見せています。ディズニー・マーケットの100以上のアプリと、3万以上のコンテンツを無料で楽しめるそうです。さすがディズニー。
Disney SH-02Gはかわいいだけじゃない。
バッテリーは3日間の長持ち、カメラは1310万画素、画面も大きく5,5インチ。
とうぜんVoLTE・ハイレゾ、会話もクリアで音楽は耳にやさしい高音質。
プリインストールされているアプリも、ディズニーならではのものが盛りだくさん。ディズニーファン必須アイテムでしょう。

Xperia Z3 SO-01G

大きさは5,2インチ。SONYですから画像にはこだわっています、なんと2070万画素。
走りながらの撮影でもブレない、電子式手ブレ補正技術「インテリジェントアクティブモード」を搭載。
暗いところでの撮影でも、室内の撮影でもクリアな画像で撮影できます。どんなシーンもお任せということですよね。
カメラのアプリも豊富で、カメラマニアもきっと写真の出来に満足できるはず。
SONYのもうひとつのこだわりは音です。
もちろんハイレゾ音源、対応のヘッドフォンやスピーカー(別売り)をつかえば、CD以上の高音質で音楽をたのしむことができます。
さらに、Walkmanで培った技術デジタルノイズキャンセリング機能がXperiaに。
デジタルノイズキャンセリング対応のヘッドフォンを使うことで、騒音を98%カットできてしまいます。
乗り物の中、騒音の中でもじっくり音楽をたのしみたい人には、絶対うれしい機能ですよね。いい音は、時間を忘れさせてくれます。
これはカメラの話か音楽メディアの話のようですが、スマホの話なんです。

Xperia Z3 Compact SO-02G

同じくXperiaですが、Compactとついている通り、手のひらにおさまるサイズ約4,6インチ。
コンパクトサイズですが、上記のZ3 SO-01Gとおなじカメラ機能が搭載されています。
ちょっと小さくなっただけで、遜色はありません。
ボディーカラーは、OrangeやGreenもあり全4色。ビビッドなオレンジは、女性の好きな色、元気カラーですよね。

GALAXY Note Edge SC-01G

『エッジスクリーン』、曲面有機ELディスプレイ。
ことばでは理解も想像もできないと思いますが、実物を手にとってみたら納得です。
メイン画面とは別に、エッジ部分が独立して動くというもので、どうして今までなかったんだろうと思いました。
5,6インチの大きい画面が、エッジまで広がっているので、さらに大きくゆったり感をかんじます。
メイン画面だけというのは、ここにたどり着くまでの過程だったんですね。なに気なく、片すみにあるアイコンですが、使いようではとても便利だと思います。
スマホのカメラは大活躍していますよね。
外部カメラの画素数は、みんなが気にするところだと思いますが、Note Edgeはイン・カメラにちょっとこだわっています。
Note 3はF値が2,4でしたが、このEdge はF値が1,9とかなり明るくなりました。さらに、ワイド自分撮りモード搭載で、みんなでワイワイお楽しみ写真も楽勝です。付属のペンで、手書きでメッセージなどを加えることができます。
ドコモのスマホ最速CPUを搭載。
5,6インチ高精細の大きな画面に、最大で5つのアプリを同時に起動できる(ポップアップで)マルチウィンド。
3つのマイクを使ったノイズキャンセラー機能を搭載、8方向からの音を拾うことができ、ビジネスシーンなどでボイス・レコーダーとしても重宝しそうです。もちろん、VoLTEで音には自信アリ。

GALAXY S5 ACTIVE SC-02G

アクティブ、という名前にふさわしい男性好みの外観。耐衝撃・耐温度・耐湿度・防水・防塵のタフネスモデルです。
これだけそろえば、どんなシーンでも安心して使える気がします。アウトドアのスポーツや仕事・遊び、日常生活の中で『あっ、スマホが危ない』って思う場面けっこうありますよね。
アクシデントはどこで遭遇するかわからない、でもマンガイチでも大丈夫。米国軍用規格というのに対応している、と言うことなのでこれは『太鼓判』ってことなんでしょうね。
外観はゴッツイ感じですが、実は9.2ミリと薄く、しっかり持てるデザインになっています。
ハードキーと側面のアプリを簡単起動できるアクティブキーで、ぬれた手や手袋をしていても操作がらくにできます。
アクティビティーゾーンを側面のキーから呼び出せば、コンパスや気圧計もアリ。
アウトドア派、屋外で仕事・スポーツ大好きな人には絶対おすすめです。

AQUOS ZETA SH?01G

第一印象『スッキリ美形』、5,5インチの大画面。EDGESTというだけあって、サイズ目いっぱいが画面と言う感じのデザインです。
カラーも4色で、インディゴブルーとコーラルはちょっと目新しく、4色それぞれの質感が違うというのもとてもいい感じです。
癒しの『エモパー』、話しかけてくれる機能も搭載です。時代はここまで来てしまったのか、素直に感動です。
シャープのAQUOSの技術ですから、もちろん画質はとてもきれい。写真も動画も、きれいな画面で見られるのは当然のことです。
カメラのレンズにもこだわって、光学式手ぶれ補正も搭載。EDGESTのスッキリ大画面なら、撮影した画像も『一枚の絵』のように再現できるでしょう。
見た目は一見シンプルですが、機能はもちろん充実しています。
撮ってよし・聴いてよし・見てよし。

ARROWS NX F?02G

世界最高峰のディスプレイ、WQHDディスプレイを搭載。立体感のある画像を、5,2インチの画面いっぱいに体感できます。
カメラの画素数は2070万画素。デジカメですよね。高性能カメラと世界最高峰ディスプレイと言う『ナイスカップル』、これなら誰でもカメラマン気分になれてしまいます。
電池は3日の長持ち、卓上ホルダでクイック充電も可能とベンリになっています。
『プレミアムサクサクタッチパネル』、早口ことばみたいですよね。
それなに?と思うでしょ。入力しようかな、と思った文字が確実に入力できるシステムだそうです。
さらに、Super ATOK ULTIASという、とてもかしこい日本語入力システムを搭載しています。間違えて入力しても、なおしてくれるというお利口なシステムです。
パーソナルアシストも搭載しています。
聞きなれない言葉ですが、時間や場所によってユーザーが使いたいだろうアプリを分析して、ホーム画面に表示してくれます。
スマホは、どんどん『人』に近づいている、そう思います。

まとめ

smartphone-569059_640
スマホの新機種が発売されるたび、パーフェクトと思うのに、終わりはないんですね。
電話が外で歩きながらできる、というだけで超ベンリモノと誰もが感じていた時代はすでに昔々の話。
時計・電話・カメラ・音楽・メモ・レコーダーetc、すべてがひとつに。出かけるときにも、荷物はとてもコンパクトで済むようになりました。
その分、スマホがなくなったりしたらパニックです。デジタルに頼りきっていますから、突然のアナログ生活には対応がむつかしくなっている気がします。
こんなに急速にスマホが『ヒト化』してくると、どちらがユーザーなのか。
主導権はわたし達だと主張ができるように、上手に使わなければいけないと思いませんか。

関連記事

2015春ドコモのスマホはどれを選べばいい?徹底比較!
【2015年春】みんなが選ぶドコモの人気スマホTOP5
やっぱりドコモがいい!こんなに優秀、ドコモのスマホ
【2015春】絶対後悔しないドコモのおすすめスマートフォン7選
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧