ソフトバンク

1年で〇万円も夢じゃない!携帯代の節約方法まとめ

Saving Money
月々の支出の中で絶対に外せない月々の携帯の使用料金。これが少しでも節約できれば嬉しいですよね。
家計に占める携帯電話の使用量は意外と高いものだと思います。様々な携帯会社がありますし、今は格安スマホもたくさん出ています。
携帯電話の料金をどのように節約するのが一番賢くて良い方法なのか。また節約するといっても具体的にどういった方法があるのでしょうか。
月々なんとなく毎月引き落とされて支払いをしているという人が多いのではないでしょうか。
節約する方法があれば、浮いた金額を他の事に回せるかもしれません。
現在の日本では、主にdocomo、au、ソフトバンクの3社を利用している人が多いのではないでしょうか。この3社のプランを比較した場合、月々の使用料金に大きな差はないのです。
では、どこに違いがあるのでしょうか。次月の請求書をじっくりと見たことはありますでしょうか。
自分が使っていない携帯会社のサービスに加入している場合もあります。動画を見れるサービスや音楽を聴けるサービスなど、自分が気付いていないだけでありそういったサービスの利用料を月々支払いしている場合もあります。
自分の料金プランをきちんと把握し、加入しているサービスを全て利用しているのか照らし合わせて見ることも大切なのではと思います。

割り引きプラン

この3社の中でも、細かくたくさんのプランがあります。主に通話料が電話代を高くしている要因になるのではないでしょうか。ここを上手く節約すれば料金は安くすることが出来ると思います。
携帯会社によって家族に電話をすることが多いのか他社端末にかけることが多いのか、また固定電話なのか。自分がどこに多く電話をするのかによって自分に合ったプランに設定するのが良いと思います。
また、家族で携帯電話を持つ場合は、キャリアを同じにしたほうが家族全員がお得になり良い事が多いのではないでしょうか。
学生の場合は学割の使用。パケット通信料は定額にすることも小さなことですが大切な節約方法です。

アプリの利用

LINE
現在、スマートフォンユーザーのほとんどの人が利用しているであろう無料通話のアプリLINE。このアプリを利用すれば色々なサービスが無料で利用できます。
メッセージのやり取りはもちろん、電話をしたり、写真、動画、さらには音声まで送ることが可能です。
たくさん連絡を取る相手にはLINEをダウンロードしてもらって連絡を取る際に節約できれば良いと思います。
また、Wi-Fiを持っているのであれば音楽を聴いたり、動画を見たりするのもWi-Fiを見て無料アプリで行うのも賢い使い道なのではないでしょうか。

MVNOの利用

MVNOをご存知でしょうか。
最近はテレビCMなどでも「格安スマホ」や「格安SIM」といった言葉をよく耳にすると思います。このMVNOを簡潔に説明すると他社から電波を借りることにより月々の携帯料金を安く提供する会社のことです。
この会社は自社では無線通信インフラを持っておらず、他社からインフラを借りることにより通信料金サービスを安く提供している事業者の事になります。
このMVNOのサービスは大きく分けて「データ通」と「音声通話」に分けられます。
NTTドコモの通信網を利用したサービスが多いようで音声通話を省略してデータ通信に特化することによりドコモよりも低価格でサービスを提供できるようです。
平均的な料金は月額400円代から900円代ととっても安いです。使えるデータ量やサービスの内容が各社違ってくるので自分の使い方にあったプランを選んで賢く節約したいですよね。
しかし、注意点もあります。データ通信のみの場合が多く、通話が出来ないという点です。
音声通話のオプションがあるサービス料金を別途支払ってそれを利用するか通話専用の携帯を用意して2台持ちをする方法で解決できます。
またこのスマートフォン端末にもLINEなどの無料通話アプリをダウンロードすればお金が掛からずに通話することが可能です。
もう一つの問題としてMVNOサービスが対応している端末かどうかということです。今、持っている端末が対応していない場合は、新たに購入しなければならないので端末料金がかかります。

格安スマホ

格安スマホのCMは最近良く見ます。格安スマホもMVNOと似たような通信状況になります。データの使用量に通話サービスの使用量になります。
今、使っている携帯から思い切って格安スマホへの乗換えをする場合も番号はそのまま使うことが出来ます。LINEのデータなども引き継ぐことが可能になります。
なので、今使っているスマートフォンの契約満了月に格安スマホに乗り換えて解約金も掛からず、その後の月々の料金をお安く抑えることも可能になります。
格安スマホも現在は様々な会社から出ており、端末もいろいろな種類があります。自分が使いたい端末をよくみて、どのプランが自分に合っているのか良く考えてから乗り換えするのが良いでしょう。

まとめ

無料通話アプリなどを上手く活用することも大切です。お互いに節約になりますので、よく連絡を取り合う相手とは同じアプリをダウンロードして無料で通話して賢く節約できれば良いのではないでしょうか。
また、格安スマホに乗り換えなくとも更新の際はお店の人にプランの確認をした方が良いと思います。
自分が本当に必要か。電話を掛けることが多い相手とのキャリアは同じなのか。自分のプランを組みなおすだけでも意外と月々の使用料金がお安くなる場合もあるのではないでしょうか。
一度、自分の携帯料金の請求書をチェックして必要ないサービスに加入していないか、通話料金は必要以上に高くないのか、見つめなおして月々の携帯電話の使用料金を少しでもお安くすることができればよいですね。

関連記事

【保存版】携帯電話の機種変更でお得に乗り換える3つの選択

ソフトバンクで手に入る実質負担金0円の人気機種まとめ

ソフトバンクにMNP!最得キャッシュバック方法5パターン

 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧