iPhone

【完全保存版】電話帳バックアップと移行と復元の方法まとめ

9d64a017ea57fcc1127b66761bab7b97_s
ガラケーからAndroidスマートフォンへ、ガラケーからiPhone、iPhoneからAndroidスマートフォンAndroidスマートフォンからiPhoneへ。
または稀ですが、iPhoneやAndroidスマートフォンへと機種変更をする際にデータを移行しますね。
しかし、やっかいなのは電話帳です。文字コードと呼ばれる文字のデータが合わなければ空白が?になったり最悪の場合、すべてが文字化けしてしまったりします。
その電話帳を定期的にバックアップする事も大切です。スマートフォンのデータが消えてしまった…なんて事もありますよね。
そこで、移行の手順と共に定期的なバックアップにも使える方法を書いていきたいと思います。
・microSDを使った方法
・赤外線やBluetoothを使った方法
・各社、データ預かりサービスなどを使った方法
・クラウドストレージを使った方法
・Eメールを使った方法
・Googleアドレス帳を利用等あります。
ひとつずつ説明していきます。それと電話帳が移行先で文字化けしてしまった際の対処法もかいていきます。
 
新しいスマホにしたら、電話帳バックアップとデータ移行が必要ですね。
MNPや機種変更で新しいスマホが欲しいなら、利用するキャリア先のサイトで選んで申し込みましょう。
ソフトバンクに乗り換えたい場合:「おとくケータイ
ドコモに乗り換えたい場合:「docomo Online Shop
auに乗り換えたい場合:「au Online Shop
 

microSDを使う方法

DD0I9A8329_TP_V
ガラケーからAndroidスマートフォン、AndroidスマートフォンからAndroidスマートフォン、Androidスマートフォンからガラケーに移行する際に使うことができますし、定期的なバックアップにも有効です。
方法は簡単で機種によって多少方法は違いますが、ガラケーの場合は基本的に電話帳を開いてサブメニューを開きmicroSDにバックアップとあるので、それを選択しバックアップを実行します。
Androidスマートフォンの場合も基本的に電話帳アプリを開き、サブメニューを開き「インポート/エクスポート」や「エクスポート」といった項目があるのでそれを選択し、microSDにエクスポートという操作を実行します。
これらの操作はあくまで、的な操作ですので、機種によってその場所にない場合もあります。その際はマニュアル等でお調べください。
そのmicroSDにバックアップしたものが電話帳データなのですが、一部移行先の機種では文字コードと呼ばれる文字の種類が合わず文字化けする可能性があるので、移行前にパソコンへデータをコピーしバックアップすることをおすすめします。
そして移行の方法ですが、移行先の端末に電話帳データが入っているmicroSDカードを挿入し、電話帳アプリを開きサブメニューから「電話帳データを復元」、「インポート」を選択し復元してください。
こちらの操作もバックアップエクスポートの操作と同様で機種によって違うことがあるので、その際は、マニュアル等でお調べください。
このデータを復元した際に、文字化けしてしまったときには、先程パソコンにバックアップしたデータをもう一度コピーしデータを2つにします。
そしてテキストエディターを開きそのデータの1つをドラッグ&ドロップし名前をつけて保存を選択します。
そして保存形式を「すべてのデータ」にし〇〇〇.vcfというファイル名(〇〇〇にはお好きな名前)を入れ、文字コードをUTF‐8に変更し保存したデータを端末のmicroSDに戻しもう一度インポートしてみてください。
代表的な文字コードはshift‐JIS(ガラケーの大半)とUTF‐8(スマートフォンに多い)なので、どちらかだと思われます。

赤外線やBluetoothを使う方法

PAK105215431_TP_V

これは端末のスペックに依存するので赤外線の場合は、赤外線の送受信が可能な端末同士、BluetoothならBluetooth機能を搭載している端末同士なら原則できます。
その方法ですが、赤外線の場合は電話帳から「電話帳を赤外線で送信」といった(機種毎に異なる表記)を選択し受信側では赤外線アプリや赤外線メニューから受信を選択し、赤外線ポートを近づけると送受信が完了するので受信側で「電話帳に登録しますか?」等と表示が出ますのでOK等とを選択し登録すると完了します。
Bluetoothの場合は少し複雑で、あらかじめデータを送受信させる端末同士をペアリングさせておきます。しかし、ここで送受信の規格が合わずペアリングすることすらできない場合もありますし後述する方法で送受信できないこともあるので、その場合は他の方法で送受信してください。
さて、方法ですが、電話帳を開き「電話帳をBluetoothで送信」という項目や「電話帳を送信」を選んでから「Bluetoothをつかって送信」という場合もありますので、マニュアル等をご確認ください。
そして送信先の選択をする画面になりますが、ここで受信側の端末のBluetoothをオンにしてください。ペアリングしてあれば、すぐ出てくるので送信側で選択をすれば受信側で通知が来ます。
「受信しますか」にはい、もしくはYES等を選択すれば送受信が始まります。その受信したファイルを選択すれば、登録しますか?と出るので登録をすれば完了です。
しかし最初に記述した様に文字化けした際は、文字コードを変換する作業か必要になるので一度パソコンに戻してから文字コードを変え送るのですが、その際は後述のクラウドストレージやEメールを使ったり、直接パソコンからスマートフォンに送る方法をおすすめします。

各社のデータ預かりサービスなどを利用する方法

IMARIC20160805310323_TP_V
各社、docomoでは「携帯データお預かりサービス」(携帯はお申し込みから31日間無料、それ以降100円[税別]、スマートフォンは無料)、auでは「auアドレス帳」(無料)、Softbankでは「S!電話帳バックアップ」というサービスがあります。
これはキャリア間の機種変更でしかつかえません。なのでMNPなどで、キャリアが変わるときは使えません。
それとガラケーでは、パケットを使うので注意してください。パケホーダイなどデータ定額を利用していない時は気を付けてください。この方法は基本的にガラケーからスマートフォンの時だけおすすめします。
さて方法ですが、docomoのガラケーでは電話帳を開きサブメニュー内に「コピー/お預かり」などを選択し「お預かりセンターに接続」から画面の指示に従い操作すればセンターに保存されます。
スマートフォンで、「ドコモバックアプリ」を起動し「お預かりデータの復元の利用」を選択、SPモードパスワード入力し「端末への復元」そして復元したい項目にチェックをつけ実行します。
次はauのガラケーで電話帳でサブメニューを出し「auアドレス帳」を選択し、パスワードを入力し「保存」で保存することができます。
スマートフォンで「FriendsNote」を起動し、auIDを認証させ、メニューを開き「アドレス帳バックアップ」を選択し「スマートフォンに保存」を選択する。これで完了です。
Softbankのガラケーで、電話帳を開きサブメニューの「S!電話帳バックアップ」を選択し画面に従って進むと完了します。
スマートフォンでは、playストアで「あんしんバックアップ」というアプリをダウンロードして、アプリを開き「携帯電話からスマートフォンへ電話帳移行」を選択すると完了します。
 
新しいスマホにしたら、電話帳バックアップとデータ移行が必要ですね。
MNPや機種変更で新しいスマホが欲しいなら、利用するキャリア先のサイトで選んで申し込みましょう。
ソフトバンクに乗り換えたい場合:「おとくケータイ
ドコモに乗り換えたい場合:「docomo Online Shop
auに乗り換えたい場合:「au Online Shop
 

クラウドストレージを利用する方法

YUKA20160818503514_TP_V

クラウドストレージを利用する方法は、ガラケー単体では厳しい為、ガラケーからの場合は一度パソコンに移してからが良いです。
方法としては、ガラケーから他の端末へは、まずmicroSDを使った方法と同じように一度microSDにバックアップをとり、パソコンへmicroSDを使って移します。
ここから移動先のスマートフォンによって違います。
Androidスマートフォンの場合はGoogleドライブが簡単に復元できます。
iPhoneの場合はiCloudが簡単に復元できます。
まず、Googleドライブに保存する方法ですが、送信先のAndroidスマートフォンに設定してあるGoogleアカウントを利用します。
ブラウザにてそのスマートフォンのGoogleアカウントにログインします。そしてブラウザでGoogleドライブを開きます。そしてそのGoogleドライブに電話帳ファイルをアップロードします。
そしてスマートフォンのplayストアでGoogleドライブのアプリをインストールして開きます。そのアップロードした電話帳ファイルをダウンロードしスマートフォンで読み込み登録します。これで完了です。
iPhoneの場合は、まずパソコンにiCloudソフトをダウンロードインストールします。
そのソフトを起動し、iPhoneで利用する、iCloudのIDパスワードを設定し、iCloud上に電話帳ファイルをアップロードします。そして、iPhoneのiCloudで、電話帳ファイルをダウンロードして読み込み登録させてください。
iPhoneでは、iTunesで端末のバックアップをとるか、iCloudでバックアップをとるか、なのでiCloudを利用するのも良いです。

Eメールを使った方法

こちらも、クラウドストレージを利用するのとあまり変わらないです。
microSDを使ってパソコンに転送してあるファイルをパソコンから、Eメールに添付し送る方法です。
Eメールソフト又は、ブラウザからYahoo!メールなどにログインし、送信先のEメールアドレスを入れ、添付ファイルに電話帳アプリを添付し送信します。
Eメールを受信したら、添付ファイルを開き、読み込み登録させれば完了です。

Googleアカウントに電話帳を発信させる方法

IS107095827_TP_V

AndroidスマートフォンからAndroidスマートフォンへの機種変更に有効または常にバックアップとして使えます。
使い方は電話帳ファイルを読み込み、保存先をGoogleアカウントにすることと新規で登録させる時に、Googleアカウントに登録することです。

まとめ

TAKA160421400I9A2651_TP_V
とても長くなってしまいましたが、自分に合った方法をやってみてほしいです。
ひとつひとつ一長一短がありますので、どれがいいというわけではないです。
あとはバックアップという形で定期的に残すことをおすすめします。
 
新しいスマホにしたら、電話帳バックアップとデータ移行が必要ですね。
MNPや機種変更で新しいスマホが欲しいなら、利用するキャリア先のサイトで選んで申し込みましょう。
ソフトバンクに乗り換えたい場合:「おとくケータイ
ドコモに乗り換えたい場合:「docomo Online Shop
auに乗り換えたい場合:「au Online Shop
 

キャッシュバック比較表

[TableLayoutPC4SP2]

関連記事

iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
【スマホを新しくしたら】キャリア別、電話帳の移行方法まとめ
ソフトバンクのAndroidにMNP後データ移行する方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧