ソフトバンク

一本取られた!スマホとガラケー2台持ちで通信料が節約!?

smartphone_girl01
スマートフォンやタブレット端末の登場により、当初のガラケーことフィーチャーフォンの利用用途、在り方の予想の範疇を超えるスペックにまでなりました。
また、スマートフォンの普及に伴って各通信キャリアの通信料や通話料に対するお得なご契約プランが登場したことも大きな話題を集めたので、皆さんご存知のことでしょう。
どんなにスペックの良いスマートフォンにおいても、ユーザーが求めるのはスペックやデザインではなくお得な利用料金ではないでしょうか。
スマートフォンをお使いになられていくうえでの節約方法はいくつかございますが、ここではスマートフォンとガラケーの2台持ちによる通信料の節約方法に視点を向けてみたいと思います。

スマホとガラケーの2台持ちが通信料の節約に?

一見、スマートフォンとガラケーをわざわざ2台持ちすることは通信料の節約につながるとは思えません。
しかし、近年においては若い世代のユーザーを中心にスマートフォンとガラケーの2台持ちを考える人が急上昇してきており、そのほとんどが携帯電話の料金の節約が大きな目的といえます。
間違いなく通信料の節約を実現できるので、スマートフォンとガラケーの使用用途を分担するのであれば、音声通話はガラケー、その他の事はスマートフォンで行なうことができますので基本的にはガラケーは基本料金に通話料だけで済みます。
しかし、ほとんどのことはスマートフォンでできてしまいますし、今では音声通話はLINEやSkypeなどのアプリケーションで行っている人も多いので、通話料金が大幅に加算されることもまずないようにも思えます。
また、大手の3キャリアでガラケーを契約する場合は、大体は基本料金が1,500円以内で済みますので、維持費としてはものすごくコスパが良いのです。
たとえば、SoftBankでホワイトプランにてガラケーをご契約されれば毎月の料金はおおよそ1,300円ほどです。
これに通話料金が加算される形ですが、格安SIMスマートフォンの料金はプランによって変わりますが、おとよそ1,100円前後で、しかも音声通話の大半はLINEで済ませればよいので、全部で月々2,500円ぐらいで維持できるのです。

スマートフォンとガラケーの2台持ち・節約以外のメリット

スマートフォンとガラケーを2台持ちすることで、通信料の節約に繋がることはお分かりいただけたかと思います。
しかし、節約できても、他はデメリットばかりではスマートフォンとガラケーをわざわざ2台持ちする必要を感じません。
SIMフリーでスマートフォンに格安SIM(MVNO)を入れて、スマートフォン1台でまかなうこともできますが、この方法の一番のネックはその通信キャリアのメールアドレスを失ってしまうことです。
この通信キャリアアドレスのためだけに月々数千円の支払価値があるかというともしかしたらないかもしれません。
しかし、通信キャリアアドレスを消してしまうとGmailやYahoo!などのフリーメールアドレスを使用するか、電話番号でメールするSMSをメインに使用するかの二択になってきてしまいます。
しかも、GmailやYahoo!などのPCメールは迷惑メール受信拒否に引っかかって相手に届かないことも十二分に考えられますので、この二択はあまりおすすめはしません。
それならば、やっぱり全ての知り合いに対して、今まで使用していた通信キャリアメールアドレスは使えなくなったため、SMSでメールするか、GmailやYahoo!などのフリーメールアドレスを使う場合は受信拒否設定外しておいてほしい旨を煩わしいですが、連絡をしなければいけなくなります。
だからこそ、結論としましては通信キャリアメールアドレスをガラケーに一応残しておく手段をとり、料金を節約しつつ格安SIMのスマートフォンにて運用するという方法が節約もできて、めんどくさい煩わしい思いをするデメリットをカバーすることのできるスマートフォンとガラケーの2台持ちが一番おすすめとなります。

スマートフォンとガラケーを2台持ち・デメリット

bsPAK85_garakebb20141025171133
スマートフォンとガラケーをわざわざ2台持ちすることに対するメリットは、先ほどもお話をした通信料の節約と通信キャリアメールアドレスを使用することなのですが、それならばデメリットはあるのか、これは誰しもが気にかかるポイントだと思います。
デメリットを唯一あげるとすれば、それはわざわざ2台持ちしているので、片方を忘れてしまうことでしょう。とくに、ガラケーを忘れてしまうケースは多いかもしれません。
基本的にガラケーはスマートフォンと比較してみても、日常から触る回数が少ないですし、存在感もスマートフォンとは異なり薄くなりがちです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、通信料の節約を目的としたスマートフォンとガラケーの2台持ちについてお話しをしてきました。
正直、2台持ちすることが煩わしく感じてしまうでしょうが、各々のモバイル機種で役割を分担するさせ、うまく使いこなしていくことで毎月の通信料を今よりも下げることは可能なのです。

関連記事

【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技
Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術
どうしたら安くなるの?絶対やるべき通信費節約術5選
モバイルデータ通信って何?必要な通信料はどのくらい?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧