MNP

どうしたら安くなるの?絶対やるべき通信費節約術5選

moneybox-158346_640
携帯の通信費が気になることはありませんか?
格安SIMなどの普及により、どんどん安くなっていく、携帯の通信費用。
なんだか大手キャリアで契約していると、毎回高額な請求額となるような気がして気になりますよね。
そこで今回は、通信費用を節約するにはどうすればいいかを考えていきましょう。

時代は通信費定額へ

最近では、ネットも使い放題の定額になり、今までのように使ってもいないのにネット使用料だけが取られていく。。。なんてことがなくなりました。
そして、あまり使わない人であれば、もともとのネット要領を小さいものにすれば、月々の支払額も少なくすることができますね。
しかし今普及している、格安SIMの通信費は安すぎるので、大手キャリアでの契約のネット要領を最小限に抑えて割引などを適用したところで、この段階まで追いつくには至りません。
それなら格安SIMを使って大手キャリアとの契約をやめればいいんじゃないの?と、皆さん思われることでしょう。
しかし、必ずしもそういうわけでもありません。

通信費節約術その1 ?短期利用編?

スマートフォンや、iPhoneは次から次に新商品が発売されています。
そして発売と同時に、高額なキャッシュバックだとか、各種様々な割引が適用できるキャンペーンだとか販売促進に力をいれます。
そうなれば、魅力的な条件についつい気が向いてしまい、新しい機種購入を検討することでしょう。その場合であれば、大手三キャリアでの契約が、一番お得になります。
第一の理由が、家電量販店や小売販売点などで購入してしまうと、機種代金を支払うことになります。
しかしキャリア契約で、NMPなどの場合であれば、新機種であっても実質0円での購入が可能になるのです。
あとは月々の携帯料金を支払うのみですね。
更に代理店で契約することにより、キャッシュバックを受け取ることができます。
そのキャッシュバックが高額であれば、月々の携帯料金から割り引いて考えると、かなり安くお得に契約できることになるのです。

通信費節約術その2 ?長期利用編?

sim-151268_1280
1台の機種を何年間にも渡り、長期利用する場合であれば、格安SIMによる契約が理想的です。
まず家電量販店や小売販売店で新機種を購入にすることにより、高額な支払が発生します。
もちろん単なる携帯購入だけであれば、割引もほとんど適用されません。
ただ家電量販店の場合であれば、今までに貯まったポイントがあるのであれば、そのポイント分を差し引いて購入することができます。
他にも自宅のインターネット回線を契約することにより、高額キャッシュバックを受け取ることができるので、大変お得に購入することはできます。しかし今回はそのようなお得な条件は、無いものと考えます。
であれば、やはり高額な金額で、携帯を購入することになりますね。しかし格安SIMの場合は、一番安い物の場合、月々の使用料金が1,000円以下になります。
例え最初の購入金額が少し高い場合でも、月々の金額が大手キャリアと比較すると最低でも3,000円から4,000円は安くなることになるので、その時点で年間計算すると、ほとんど変わらなくなってきます。
そこに付け加えて、長年利用することで、どんどん大手キャリアとは金額の開きが出てくることになるのです。
しかし格安SIMの場合は、音声通話利用金額は高くなってしまいます。
頻繁に音声通話を利用する人の場合は、大手キャリアで契約をして、かけ放題プランにする方が節約につながります。

通信費節約術その3 ?使えるものはどんどん使おう?

大手キャリアの場合は、ポイントが付与されますね。
携帯をたくさん使う場合は、このポイントはどんどん加算されていくことになります。
しかし意外とこのポイントは、眠ったままの人が多いですよね。それは非常にもったいないことです。
このポイントは、キャリアが運営しているショッピングサイトでも利用することができます。例えば日用品などを購入する場合でいくと、思わぬ収入が入ったかのような感覚になりますね。
MNPによる乗り換えの場合、このポイントがたくさん残っていたとしても教えてもらうことすらできません。
予め確認しておき、普段からポイントを利用する習慣をつけることで、実質的には携帯金額から割引された分を他で利用したようなものですね。
ポイントは必ず、捨てずに使い切ることが大切です。

通信費節約術その4 ?常に最新情報はチェックする?

今携帯会社は、価格戦争を行なっています。その為、どんどんお得な新プランを提供しているのです。
しかし情報に敏感ではない人の場合であれば、プランを変更することにより、更に携帯の通信費を安くすることができることに気が付きません。
その為、定期的にプランの見直しを行なうなど、新プラン情報を入手するきっかけを作ることが大切です。
良い例が電話かけ放題プランです。最初はドコモが開始しましたね。その後ソフトバンクで、期間をおいてAUが開始しました。
しかしこの情報を知らなかった利用者は、無駄に毎月高い通話料を支払っていたのです。
このように、新しい情報を常に取り入れることでも、節約に繋がってくるので必ず情報には敏感になりましょう。

最後に

今回は主に、特に難しいことを考えなくても、誰でも簡単に節約できる代表的な項目を4つ紹介しました。
細かいプランまでになると、ややこしい。。。と思いがちな方にでも、気軽に節約に繋げてもらえる方法です。
是非参考にしてみてください。

関連記事

モバイルデータ通信って何?必要な通信料はどのくらい?
1年で〇万円も夢じゃない!携帯代の節約方法まとめ
【魔法の節約術】安いスマートフォンを使う7つの方法
新しい時代の節約術!格安スマートフォンを使いこなす方法
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧