ソフトバンク

結局どれを選べば正解?スマホ料金の徹底比較

0c4aea06ee62e6b53626c1e09b736166_s
電話番号を変えずにキャリアを乗り換えることが可能になった今、各キャリアとも価格競争が激しく、さまざまなサービスを打ち出しています。
スマホの料金を比較してみても、大差はないと思います。キャリアが出している割り引きサービスを活用したりして、端末の料金が実質無料になれば月々の支払いもお安くなると思います。
また、電話をたくさんする場合やデータ容量がどれくらい必要かによっても金額は違ってくるようです。
今の料金プランは、果たして自分に適したプランなのでしょうか。
電話はめったにしないのに、通話し放題になっている。ネットはほとんど使わないのに、データ容量は一番大きなものになっている。使っていないのに料金を支払うのはもったいないと思います。

?◎通話し放題◎

be418d8088ea54ee3ee38409c4b6e8a9_s
通話をよくする場合は、通話し放題のプランにした方がお得です。
docomo、au、ソフトバンクとも通話し放題の月額料金は、2,916円です。
今までは、インターネットは使い放題だけど通話は、違うキャリアの人にかける場合は結構高くなってしまう、というプランが定番だったと思います。
しかし、各キャリアともに料金プランを変更して、定額の通話料金に加え「インターネット量に応じた料金」がかかる形になりました。ネットの接続料金として324円も共通しています。

◎料金を比較◎

では、料金を比較して選ぶ場合は何を基準に選べばよいのでしょうか。
例えば結婚するなど家族が出来る場合は、同じキャリアを持つほうがお得になるサービスが出ています。さらに、スマートフォンを新しく持つ人が25歳以下の場合はもっとお得になるようです。
定額の通話料金が全て同じですが、使うデータ量に応じた価格設定に違いがあるようです。
これは、自分がどの程度ネットを利用してデータ量が必要かを判断して選択したいです。
docomo、ソフトバンク、auともに2GBまでであれば3,780円と同じ設定になっています。5GBの場合も各キャリアとも5,400円と共通ですがauには3GBまでの4,536円の設定も可能です。
続いて8GBまでの通信量がdocomoとauにあり7,236と共通の金額です。10GBはソフトバンクとauが8,640円。docomoは10,260円になりますが、家族でシェアすることができます。
データ通信量というのは、速度制限なしに使用出来る容量になります。その月に、データ容量を超えてしまうと通信速度に制限が掛かってしまうのです。
インターネットが使えなくなる訳ではないのですが、やはりメールを送るなどといった動作にも時間が掛かってしまいます。どの程度ネットを使用するかに応じたプランにした方が良いと思います。
もちろん、ネットをさほど使わないという人もいると思います。余った分は繰り越せるプランもあるので確認をしておいた方が良いかもしれません。通信制限が掛かり低速になった場合は、容量を追加するオプションも各キャリアともあります。
auは追加のデータ容量が細かく設定されていて期限も長いので追加して、さらに翌月足りなくなった場合も対応できます。
しかし有料になってしまいますので、もし家族で同じキャリアを使っているのであればデータ容量を分け合ったほうが良いと思います。
ソフトバンクとdocomoの場合と、auでは家族でデータを分け合う形に少し違いがあるように感じます。
家族で1つのデータを購入してそれを分け合えるのが、ソフトバンクとdocomoの場合。家族それぞれにデータを購入して余った分だけ分け合うのが、auといった感じです。
家族で同じキャリアを使っていても、ネットを使う量は違うと思います。それぞれどういった形で、容量を分け合うか適した方法で快適に使いたいですよね。
また、docomoとソフトバンクには25歳以下の人はさらにお得になるプランがあります。月々の支払いが割引されたり、データ通信量が契約したものより多くもらえたりもします。
こうして比較してみても、各キャリアとも月々の料金を比較しても大差はないと思います。
今、スマホが普及して月々の料金が高くなったのは、端末の料金も要因であるのではないでしょうか。各キャリアともプランの料金に大きな差がない分、契約時のサービスでさまざまな工夫がされているようです。
そういった割引サービス意外にも契約時に、キャッシュバックがあるものもあります。自分の行動範囲の同じキャリアを比べても、キャッシュバックの額にはばらつきがあります。
またインターネットからの契約の場合がキャッシュバックの額が大きい傾向にあるようです。月々の支払い料金から割り引きされたり、現金や口座への振込みなど受け取り方も違います。
同じキャリアでも店舗によって特色があるので、行動範囲に何店舗かある場合は、キャッシュバックの額なども比較してみるのも良いかもしれません。

まとめ

格安スマホの普及により、大手キャリアもこれから価格が落ちてくる可能性もあります。どの程度、自分がスマホを活用しているかで適したプランに設定することが賢く使う上で必要であると思います。
ネットを使うのに便利なスマホですが、通信制限で低速になってしまうとストレスがたまります。
そういったときに、家族で使わない人がいれば分け合うことも出来るので、家族のキャリアは揃えた方が良いと思います。それだけでなく購入時にも、家族全員でスマホを購入すると割り引きになるサービスなどもあります。
乗り換えも気軽に出来るようになったので、顧客離れを阻止するために継続して使う人向けのサービスも充実しています。
家族や自分の使い方を見直してみてからキャリアを選択して快適に使いたいですよね。

関連記事

新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較
月々どれくらい?ソフトバンクの電話料金
家族まで助けてくれる時代に突入!ソフトバンクの学割

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧