iPhone

どれを選ぶ?素材豊富なスマートフォンカバーの魅力

phone-cases-606901_640
スマートフォンを破損や傷から保護する目的として販売されているカバーですが、大変人気が高く、多くのスマートフォンユーザーが使用しています。
その為、デザインも豊富で、様々な種類の素材により作られています。

ハードケース

ハードケースと呼ばれるケースの中には、6種類の素材を含んでいます。
主にプラスチック・シェルタイプ・アルミタイプ・チタンタイプ・ウッドタイプ・皮タイプがあり、最も多く使用されているのが、シェルタイプのポリカボネート製です。
ハードケースは素材的にもツルツルしていて、滑りが良いことから、ポケットへの出し入れがしやすい事でも人気があります。

プラスチックタイプ

ハードケースは、プラスチック製のケースです。
カバーが吸収してくれるので、傷を防いでくれます。
ハードケースの場合であると、装飾品をつけても土台自体が曲がることも無く、接着しやすい為、デコパーツによる飾りつけを行なったものやオシャレなデザインの物が多いです。
一方で破損しやすいのも、このタイプです。当然ながら、強い衝撃が加わると、割れてしまいます。

シェルカバー

ポリカボネート製の強度の強いケースです。
割れにくく、はずれにくいので、スマートフォンが落下した時の衝撃をカバーが吸収してくれます。
透明の物もありスマートフォンのデザインを、カバーをしながらにして楽しむことができます。
また少し色味がついた物もありますが、完全に透明な物もあり、カバー自体も薄いのでカバーをしているような感覚をほとんど感じさせません。
非常に軽く、滑りにくいのも特徴としてあげられます。それはポケットへ入れている時に取りにくいというわけでなく、プラスチックと比べると滑り落ちにくいというような意味です。
スマートフォンのカバーの中でも、価格を安価にして販売しています。
一方ハードケースの中では、とても熱に弱いので、変形しやすいのです。夏に車の中で放置していると、変形を免れることは難しくなります。
また光を反射する為、カメラを利用する際に、余計な光が入り込み、写真の質が落ちることがあります。
また透明感のある軽い素材の為、少し安っぽく見えてしまいます。

アルミタイプ

アルミタイプのフォルムが、他製品と違うカッコ良さを実現しています。
また単なるプラスチック製品とは違い、独特の高級感が漂います。
衝撃による耐久性も強く、車に踏まれても少量の変形ですむ場合もあるなど、破損までには至らないケースが多いことも特徴的です。
しかし販売している種類が少なく、デザイン的な好みが極端に分かれてしまうので、女性には好まれません。
ハードタイプのカバーの中でも、少し値段が高くなります。
手汗や指紋の後も残りやすくなり、特に黒を基調としたものは目立ちやすくなります。その為、頻繁に手入れが必要になります。

チタンタイプ

チタンタイプは使用感や触り心地的には、アルミ製品と似ているので、手にとって見ても区別がつきにくいことでしょう。
チタンタイプは、アルミタイプ製品と比較すると、はるか強度も強く熱や磁力にも強い事が特徴的です。
アルミタイプと比較すると、錆にくいといメリットもありますが、重量も重くなることや、価格も高くなります。
チタン製品程の強度を求めずに普通に使用するだけであれば、アルミタイプのカバーで問題はありません。

ウッドタイプ

ウッドカバーは、エスニック系のようなデザインが好きな人から、人気があるデザインです。
独特の質感があり、木目がなんとも言えない高級感を漂わせています。
ウッドカバーのデザインは主に、イラストやペイントにより、装飾されています。
また年齢層幅広く支持を集めているのも、この素材のカバーになります。
しかしスマホカバー専門店でも、取扱いの無いところもたくさんあります。

革タイプ

革製品もウッドタイプ同様に年齢層幅広く、人気を集めています。
このタイプ製品の最も人気を集めているものは、電子マネーのカードを入れられるように設計されているものです。
朝の通勤時など、財布を出さなくても交通系マネーカードを入れておくだけで、スムーズに改札を通ることが可能になります。
手帳型の製品もあり、画面部分も保護できることも特徴的です。
しかし背面・前面を傷から守りますが、スマホのフレーム部分(上部・下部・左部)には、薄いナイロン製のカバーしか施されていない為、傷もつきやすくなります。
その為、この製品を使用する場合は、フレームを保護するバンパーを使用してケースを利用することをオススメします。

ソフトカバー

ソフトカバーはゴムや樹脂でできていて、柔らかいので、割れることはありません。
どちらかと言えば、裂ける、破れるといったイメージです。
柔軟性があるので、スマホに取り付けるときも、つけやすく、傷もつきません。
<h3>シリコンタイプ</h3>
このタイプはゴム製のカバーになります。
手にフィットする滑らかさが特徴的で、透明タイプの物も多いです。
カバー自体の破損の可能性が低いことや安価で販売されていることで、人気を集めています。
またカラーバリエーションも豊富ですが、装飾を施されたものは無く、デザイン性よりも機能性を重視した物が多いのもこのカバーの特徴です。
樹脂タイプと比較すると、安っぽく見えるというデメリットがあります。

樹脂タイプ

樹脂タイプは、伸縮性があります。このタイプの物も、スマートフォンに装着しやすいです。
伸縮性があるタイプなので、装着しやすい一方で、取れやすいという点もあります。そして滑りにくく、スマートフォン本体が大きい場合は、ポケットから少し出しにくくなります。
あとは埃や砂がつきやすく、手入れが必要になります。
しかしシリコンケースと比較すると、安っぽさは感じられません。

最後に

お勧めは、装着時に傷がつきにくく、カバー自体が破損しにくい、シリコンタイプです。本体の重量に負荷される割合も低いので、特に違和感なく使用できます。
もちろん他の素材でも、使いやすいものはたくさんあります。
ネットでは、大変安価に販売されているので、いろいろ使ってみるのも良いかもしれません。
きっとあなたの好みのカバーが、見つかることでしょう。

関連記事

毎日持ち歩くものだから。こだわりのスマートフォンポーチまとめ
【もう見たくない】スマートフォンの防水ケースまとめ【赤い水玉】
もう電池を気にすることもなくなるの?スマートフォンの電池

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧