ソフトバンク

相手がソフトバンクじゃなくても通話し放題の時代到来

N612_shibuyagawadedenwasuruikemen500
いま、携帯は通話料金をさほど心配しなくて済むようになりました。
昨年夏に各社が発表した新料金プランにより、異なるキャリアや固定電話に対して通話料がかさむ心配がずいぶん減った方も多いでしょう。
驚くほど、各社プランが近似していましたね。
今回はソフトバンクの、通話し放題についての記事です。
携帯料金は安いというひとはあまり多くないかも知れませんが、しっかり利用しても高くつかない、つまりコストパフォーマンスが洗練されてきたといえるのではないでしょうか。
かつては携帯は、通話も無料で済むことは少ないし、パケット通信料金だって青天井でした。それは「使わなければ大して高くつかない」「使えば高い」といえたでしょう。
現在は正反対の時代ではないでしょうか。
ランニングコストはいささか発生しますが、たくさん利用しても、二度見してしまう請求額にならないように料金体系が一新されています。

ホワイトプランで通話の安さに新風

そもそもソフトバンクの料金体系は、まず通話に関して単純明快かつ低金額に使える設定が以前からありました。
auやドコモが長く“無料通話分”制で料金体系を展開していましたが、ソフトバンクは「ホワイトプラン」でソフトバンク同士の通話を大部分(1時?21時の間)、無料化しました。
この料金体系はiPhone 4Sを採用する際にauも取り入れました。
同じキャリアなら通話料が格段に安くできる仕組みを、PHSのウィルコムを除いて激しく競合するドコモやauに先駆けて展開したのです。
夜にあまり安く使えない面もありますが、個人事業主や主婦の友人同士など、いわば「昼に活動する」関係での通話活用には大きく貢献したのではないでしょうか。

新料金プラン スマ放題

そんなホワイトプランよりも強化された料金プランが新登場しました。
時間帯問わず、相手の携帯キャリア問わず、相手が固定電話か携帯か問わずの料金体系です。

基本料

スマートフォン   通話し放題プラン 2700円
3Gケータイ    通話し放題プラン 2200円

WEB接続料

S!ベーシックパック   300円

パケット料金

データ定額パック・小容量(2GB)3500円
データ定額パック・ 標準(5GB)5000円 最大3ヵ月2GB増量中
データ定額パック・大容量(10GB)8000円 最大3ヵ月2GB増量中
データ定額パック・大容量(15GB)12500円 最大3ヵ月2GB増量中
データ定額パック・大容量(20GB)16000円 最大3ヵ月2GB増量中
データ定額パック・大容量(30GB)22500円 最大3ヵ月2GB増量中
データ定額パック(シンプルスマホ)(200MB)2000円 ※シンプルスマホ専用
家族で持つならデータ定額パック・大容量を用います。
家族の回線のパケット料金部分はデータシェアとして500円になります。計3人で15GBにする場合なら、
本人の回線2700円 + 300円 + 12500円 = 15500円
家族の回線2700円 + 300 + 500円 = 3500円 ×2 =7000円
合計22500円。ひとりあたり7500円。

インターネットまで含めて安く

PAK85_notepc20150319202127500
スマ放題なら、新しく導入されたNTTフレッツ網のネット回線「ソフトバンク光」を利用することで携帯回線としての月額が安くなります。
これにより、自宅のインターネットはISP分が無料になるような料金ですから、実に得する料金です。

ソフトバンク光

戸建 5200円
集合住宅 3800円

スマート値引き

データ定額パック・小容量(2GB)3500円
データ定額パック(シンプルスマホ)(200MB)2000円       2年間、3年目以降いずれも500円
データ定額パック(3Gスマホ) 5700円
データ定額パック(3Gケータイ) 3500円
データ定額パック・ 標準(5GB)5000円        2年間 1522円  3年目以降 1008円
データ定額パック・大容量(10GB)8000円
データ定額パック・大容量(15GB)12500円       2年間 2000円  3年目以降 1008円
データ定額パック・大容量(20GB)16000円
データ定額パック・大容量(30GB)22500円
旧プランのパケット定額                   2年間、3年目以降 いずれも最大500円
iPad ベーシック定額プラン for 4G LTE 2年間、3年目以降 いずれも500円
他タブレット  ベーシック定額プラン for 4G 2年間、3年目以降 いずれも500円

スマート値引きに必須のオプション

・光BBユニット
・Wi-Fiマルチパック / Wi-Fi地デジパック いずれか
・ホワイト光電話 / 光電話(N)+BBフォン / BBフォン いずれか
の3点を500円?/月で加入。
上記の3人で15GBにする例にソフトバンク光(集合住宅)とスマート値引きを適用させると、
ソフトバンク光 3800円 + オプション500円
本人の回線2700円 + 300円 + 12500円 = 15500円
スマート値引き △2000円
家族の回線2700円 + 300 + 500円 = 3500円 ×2 =7000円
合計24800円。ひとり当たりの料金8267円。
これで、家のネット料金まで込みですし…通話無料ですよ(驚)

まとめ いまこそコミュニケーションは通話を

話したい人とはできれば通話したいものです。でも、お金がかかるという事実から皆メールで済まし、現在ではLINEを多用したりであると思います。
でもついに時代はここまできました。
気軽に電話して、うっかり長電話して、通話無料。
ソフトバンクのホワイトプラン加入中であればスマ放題でさらに話し放題に、ネット環境まで含めて(さらに一家での料金も)安くしたい場合も通話し放題が実現しています。
たくさん電話しましょう(歓喜)。

関連記事

ついに始まった!お得なソフトバンクのインターネット
携帯電話を使うならソフトバンクを選ぶべき3つの理由
月々どれくらい?ソフトバンクの電話料金
料金 in ソフトバンク

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧