iPhone

格安SIMカード?って本当にお得?

various_sim_cards_205449
最近よくSIMカードという言葉を耳にしませんか?
SIMカードとは、携帯電話の契約情報(電話番号など)が記録された、小さなICカードの事です。
SIMカードを携帯端末に差し込むことで携帯が使えるようになります。
たとえ携帯が壊れてしまっても、別の携帯にSIMカードを差し込むだけで、電話やメールなどを受け取ることができるようになります。
ドコモならFOMAカード、auならau ICカード、SoftBankならSoftBank 3G USIMカードと言われています。
また、ウィルコムのW-SIMと言われているPHS専用のSIMカードは、他のSIMカードよりも大きなカードでPHSのアンテナが組み込まれています。
キャリア名称で見ると、知っている人も多いことでしょう。
また格安SIMカードではデータ通信専用で電話はできません。その為電話が必要な場合は、もう1台電話専用の携帯を持つ必要があります。
そうなると二重に費用がかさむことになるので、格安SIMカードの中でも更に安いものを選択する必要があります。
今回はそんなSIMカードについて紹介します。

格安SIMカード

格安SIMカードとは、携帯電話会社などの通信回線を借りて行なわれているサービスで通信速度やサービス内容などを制限することにより、パケット定額料を格安で提供しているサービスです。
またプランの幅も広く、月額料金が安いプラン、データ通信速度が速いプラン、SNSを利用できるプランなど、個人の使用用途に合わせて設定できるようになっています。
キャリアから提供されているSIMカードと比べて、かなりの節約が可能になります。
格安SIMは、自宅のインターネットプロバイダと同じ会社に揃えることで、月額使用料を更に安くすることができます。
格安SIMカードの多くはWEB上で販売されており、WEB上でクレジットカード精算をした後に郵送で送られてくるケースが多いようです。
データ通信要領は、500MB?無制限といったサービスプランから、自分にあったものを選択することになります。
データ使用量の上限を超えると、通信速度が低速に制限されます。
高速で通信できるデータ容量の少ないプランを選択した場合、月額使用料はかなり安くなります。

格安SIMカード の注意点

格安SIMカードは年間縛りが無く、解約違約金などが発生しないものが多いです。しかし携帯は別途購入する必要があります。
キャリアで購入した場合、他社乗換サービスなどで携帯購入代金が実質0円の機種が多く存在します。しかし携帯のみを購入する場合であれば、割引は適用されません。
キャリアはだいたい2年間縛りなので、例えば携帯の購入代金を2年間で割って、月額料金として金額を出したとします。
その場合、高い端末を買ってしまったが為に月額使用料と合わせると、実際はキャリアで契約していた方が安かった、というケースも多いようです。
また、格安SIMカードは電話ができない他にも、SNSなどのメール機能を使用できないものも多く存在します。その他デザリング機能も使用することはできません。
※SNSによる乗っ取り問題が多発したために、SNSは制限されています。
SNSが必要な場合は、SNS対応のものを購入しなくてはいけません。
SIM購入時は、慎重に購入するようにしましょう。
※SNS送信料は、1通につき3円程取られるようです。受信に関しては無料です。

SIMカード の形状に要注意

SIMカードには、「標準SIM(mini-SIM)」「micro-SIM」「nano-SIM」の3種類が存在します。
その為、事前に購入したい機種のSIMカードの形状を、確認しておく必要があります。
※新しい端末で、標準SIMカードを利用している端末は、ほとんどありません。
nano-SIMを採用している端末は、iPhone/iPadなどと限られているので、現状ではmicro-SIM を採用している機種が多いです。
しかしnano-SIMを、micro-SIMに変換するアダプタが販売されているので、nano-SIMでもmicro-SIMでも両方を使用できるように、nano-SIMを購入するのが良いとされています。
※SIMサイズが合わなかった場合は、無償でサイズを変更してくれるサービスを行なっている会社もあります。

OCNで例えると

OCNも格安SIMカードを提供している会社の一つです。
OCNのSIMカードを使用した場合は、携帯のパケット定額料金は毎月972円になります。
そして、OCNの格安SIMカードと、自宅のインターネット回線の両方を契約している人は、「OCN光モバイル割」という割引サービスを受けることができます。
両方契約することで、パケット定額料金から毎月216円ずつ割引されます。
また、同じ住所にOCNで契約している家族がいた場合、家族名義の携帯も 3回線まで割引対象となります。そうなれば毎月648円、年間にして7,776円もお得になるのです。
OCNでは、自宅のインターネット回線・SIMカード・IP電話の契約で割引額は大きくなっていくので、格安SIM購入を考える場合は、自宅のインターネット回線もOCNで揃えてしまうことをオススメします。
「OCN光モバイル割」は、自動的に適用される訳ではなく、割引を適用してもらえるように、別途申し込みをする必要があります。

格安SIMカードを使用できる携帯

格安SIMを使用できる携帯は、白ロムと呼ばれる携帯か、SIMフリー(SIMロックフリー)となっている携帯のみです。
※携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種です。SIMカードに契約情報が記録されていない携帯のことです。
※SIMロックは、キャリアのカードのみ利用できるようにかけられている、制限のことです。本来端末には、SIMロックというロックがかかっています。
しかしSIMフリーの携帯には、そのロック機能は解除されています。アップルiPhoneも、SIMフリーの携帯です。
その他には、家電量販店専門で売られているものなどです。

最後に

LIG93_cameradegandori1194500格安SIMカードと、月額金額だけを見れば確かに安いですが、携帯購入代金に左右されるのであれば、購入時はとても慎重に購入しなければいけません。
またSNS利用料も、1送信毎にお金をとられるのであれば本当に安いか考え物です。
自分の使用用途をきっちり把握していないと、実際はあまり安くならないことになるので、格安SIMカードの購入を考えている人は、携帯使用用途なども把握して本当にお得な買い物かを考えたうえで購入する必要があります。

関連記事

スマートフォン、格安時代の始まりと未来
NTTのスマホって何?格安スマホまとめ
【魔法の節約術】安いスマートフォンを使う7つの方法
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧