格安SIM

SIMフリー+格安スマホで激安運用する3つのテクニック

最近ネットやテレビでよく聞く格安スマホや、格安SIMをみなさんはどこまでご存知ですか?
最近名前はよく聞くものの格安SIMについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?
格安SIMとは一体どんなものなのか基本から、SIMフリー端末+格安スマホで激安運用するための3つのテクニックを紹介していきます。

まず格安SIM・格安スマホって一体なに?!

various_sim_cards_205449
最近ネットやテレビCMなどでもよく聞く格安スマホや格安SIMですが、実はまだどういったものかを知らない方も多いのではないでしょうか?ただ、名前の通り通信費が安くなるのはなんとなくご存知かと思います。
最近よく聞く格安スマホや格安SIMは、まさにその名の通り大手キャリアに比べて格安で使える通話・通信サービスです。
格安SIMは、通信・通話サービスの提供が格安SIM会社のメインのサービスであり、大手キャリアの様に端末を同時に購入しなくてもSIMだけ購入し、利用することが可能です。
そのため格安SIMを利用している方は自身で用意した端末を使っている方が多いです。
また、格安SIMは料金は安いですが、大手キャリアの通信・通話回線を借りて提供しているので、サービス自体はなんら問題なく利用できます。

格安SIM・格安スマホの特徴

sim
格安SIM・格安スマホは料金が格安ではありますが、デメリットもありますので、格安SIM・格安スマホがむいている方むいていない方がいます。
格安SIM・格安スマホは、大手キャリアの通信・通話サービスを借りて提供しているので品質には問題なく、料金も安いのですが、アフターフォローや設定してくれるショップなどがほとんどなく、アフターフォローなどをしてもらうには不便です。
そうはいってもアフターフォローや設定などは全くしてくれないわけではなく、有料で行ってくれる会社が多いです。
また、格安SIM・格安スマホには24時間どれだけ話しても通話無料というサービスがありませんので、長時間の通話などがお仕事で多い方にはあまりむいていません。
しかし、○分以内通話無料や月間○時間通話無料などのオプションサービスをつけることができるので、長時間の電話をせず短時間の通話がメインの方であれば、格安SIM・格安スマホでも問題なく利用できると思います。

格安スマホを激安運用するテクニック3つ

10
格安SIM・格安スマホがどんなものか簡単に説明しましたが、なんとなくご理解いただけましたか?
SIMフリー端末+格安SIMで毎月激安価格で通信費を運用したいけどどうすればいいかわからない!という方向けに、格安スマホを激安運用するための3つのテクニックを紹介します。

テクニック1:お得にSIMフリー端末の用意をする

大手キャリアの場合通話・通信サービス料金とは別に端末を分割で購入するのが、一般的ですが、格安SIM・格安スマホの魅力の一つとして、別にSIMカードを契約するときには、端末を同時に購入することがなく、SIMフリーの端末があれば格安SIMの毎月の料金だけで運用が可能なことです。
SIMフリー端末は料金が安いものから、高価なiphoneのような端末まで数が多いのでキャリアで端末を購入するよりも数多くの中から好きな端末を選ぶことができます。
その中でも、価格の安い端末を選べば選ぶほど、毎月の料金が安くすみます。
またiphoneなどの高価な端末は、新品のSIMフリー端末を正規店(Appleなど)で購入するとキャリアで購入するよりも割高になっていることが多いです。
なので、iphoneなどの高価なSIMフリー端末を購入を希望している方は新品でも新古、少ししか利用していない状態のいい中古を購入することをおすすめします。
同じ新品でも新古で購入するだけで、数万円かわってきます。このような方法でiphoneなど高価な端末を購入し、格安SIMで格安スマホとして運用すれば、大手キャリアで契約するよりも毎月激安で運用することが可能です。

テクニック2:新しい端末を買わずに、格安スマホの利用

実は、格安SIMを利用した格安スマホを利用するのにわざわざ新しいものや中古などのSIMフリー端末を購入しなくても、手持ちの端末で激安で運用することができます。
格安SIMを提供している会社では、回線を借りている大手キャリアの端末であれば、格安SIMを入れて利用することができるんです。
例えば格安SIMでも利用者が多い、OCNや楽天モバイルなどは、ドコモの回線を借りて提供しているので手持ちのドコモの機種で利用することができるので、今現在ドコモを利用している方がドコモの回線を利用した格安SIMに乗り換えた場合、新しい端末を用意する必要がありません。
端末を用意する必要がない分、初期費用などは掛からずに毎月2000円を切る価格で利用がきるのでお手持ちの端末を格安SIMで利用するのもおすすめです。

テクニック3:端末や利用頻度にあった格安SIM選び

端末は好みなどがあるので、自身で決めやすいとは思いますが、どこの格安SIMを利用すればいいのか一番悩んでしまうと思います。
格安SIMの基本料金は正直なところそこまで提供している会社によって大きく変わりがありませんが、利用頻度にあったオプションサービスや使える端末などは提供会社によって変わってきます。
例えば短い通話の頻度が多い方であれば数百円で○分以内通話無料のオプションサービスがある格安SIMの会社がいいでしょう。
また、一回の通話時間が長いが、頻度は少ないという方であれば○分以内無料では意味がないので月間○○分無料など自分の利用頻度にあったオプションサービスがあるかをチェックしましょう!
せっかく今手持ちの端末がauやドコモなどであれば、端末を用意しなくても済みますのでお手持ちの端末で利用できる格安SIM会社を選ぶことがいいと思います。(現状、ソフトバンクの端末を利用できる格安SIMは残念ながらありません。)
また、楽天モバイルなどであれば楽天市場で買い物するときに、楽天モバイルを利用していれば通常購入時よりポイントアップされます。
格安SIMを契約するときには、こういったお得なポイントサービスなどがあるかチェックするのもおすすめです。

まとめ

最近よく聞く格安SIM・格安スマホを利用すれば、毎月の通信費を激安で運用することができます。
ただ、自分の利用頻度にあってるか自分の持っていたり、購入を検討している端末にあった格安SIMなのかをしっかり見極めることでさらに料金を安く利用することが可能になります。
今回紹介してテクニック3つをチェックしてから、端末や格安SIMを選んでみてください。

関連記事

本当に十分使えました!格安スマホが選ばれる5つの理由
どうしてこんなに安いの?格安スマホがお得な秘密4選
すぐ行こう!格安スマホを提供する良心的なスマホ会社TOP3
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧