格安SIM

知っていれば防げるトラブル。格安スマホで注意すべき点

皆さんは、現在どちらのスマートフォンや携帯電話をご利用になられておりますでしょうか。
スマートフォンの普及ににより、日本人の携帯電話業界は大きく飛躍的に進化を遂げてきております。
、スマートフォンやタブレット端末などの液晶画面を大々的としたスタイルの主流化やアプリケーションの普及、スマートフォンに関するさまざまなコンテンツや各企業を通したさまざまな会員特典、日常生活では困ることのないスマートフォンの多様化と、驚くべきほどの進歩でしょう。
また、その利便性に伴ってスマートフォンなどのモバイル電子機器の本体価格が上昇していることも問題点としてあげられます。
そのため、現代では格安スマホと呼ばれる格安を謳ったスマートフォンがひそかに話題を集めております。
その名のとおり、格安スマホは毎月のお支払い料金が非常に安いことが大きな魅力としてあげられるのですが、何事にも格安と謳ったものには必ず注意点があるものです。
そこで今回は格安スマホにおける注意点をご紹介していこうと思います。
事前にチェックしておくことで、トラブルになることも防げますし、安心して格安スマホをご利用いただくことができます。
格安スマホへのご購入をお考えの方は一度、事前に格安スマホの注意点を確認しておきましょう。
 

格安スマホとは?!注意すべきポイント

PAK85_blackberrysimkoukan20141025171850500
それでは、格安スマホをお持ちになられるうえでの注意点をご紹介しておきましょう。注意すべき格安スマホのポイントはいくつかございますので、しっかり押さえておきましょう。
まず、格安スマホの注意点1つ目は、店舗での受付が出来ないことです。
近年においては、格安スマホと呼ばれる端末はイオンモールやビッグカメラなどの家電量販店、楽天モバイルなど店舗で受け付け出来る会社も増えてきましたが、その他の多くはインターネット上でのオンラインによるご購入になります。
そのため、実際に実機を触ったり、店員さんに説明を聞いてから買ったりなどをすることができませんし、設定や電話帳の移行なども自分で行う必要があります。
そして、2つ目にあげられる格安スマホの注意点がアフターサービスが不十分だということです。
たとえば、大手となる3大通信キャリアは購入後24時間、365日の受付が可能になっております。
紛失や盗難などで、緊急で電話を停止したい場合などに使用したい方も多いと思いますが、この点においては非常に注意しておくポイントとなります。

注意すべき格安スマホのデメリット

talk
格安スマホにおけるデメリットですが、大きく分けてデメリットは3つあります。
メリットばかりに注目が行きがちな格安スマホですが、しっかりとデメリットも押さえておきましょう。
1つ目は、機種代金が相対的に高いことです。
2つ目は、通信速度が遅いことです。
3つ目は、通話料金が高いことです。
これらの3つの格安スマホのデメリットについて、もう少し詳しく確認をしておきましょう。

格安スマホは機種代金が相対的に高いこと

これは、大手3大通信キャリアでスマートフォンを購入する場合と比べた場合のことをさします。
これまでに、大手3大通信キャリアで購入した場合、多くの方が機種代金を支払わずにお得にスマートフォン手に入れることが可能になっています。
しかし、これにはからくりがあって、通話料などに機種代も含まれていて、事実上は支払っているともいえるのですが、実際に代金を払わなくて良いのは事実です。
それにくらべ格安スマホは、機体費用が全額実費です。
格安スマホを取り扱うメーカーなどが行なっておりますキャッシュバックキャンペーンなどで、かなり買いやすい状態にはありますが、初期費用が無くなるまでにはいきません。
全体的に通信キャリアよりも安くなるので、良しと考えるのが一般的な考えだと思いますが、納得出来ない人や、初期費用が増えるために、購入に踏み切れない人も多くいます。
このデメリットをなるべく少なくするために、分割支払いがあるところで買うか、中古やインターネットなどで安価なものを見つけてくるのが実情です。

格安スマホは通信速度が遅いこと

格安スマホは、これが一番のデメリットになる方も多いと思います。
以前に比べ、格安スマホの販売各社それなりに通信速度があがってきましたが、まだまだ大手3大通信キャリアには敵いません。
実情はdocomoなどで20Mbps程度出ている場所でも、早い会社でも10Mbps程度、1から5Mbpsなんて会社も多く見かけます。

格安スマホは通話料金が高い

大手となる通信キャリアでは『カケ放題』などの、定額通話制が導入されており、毎月の費用は結構お高めですが、長時間通話をする人にとってはとても便利となっております。
しかし、現在格安スマホにはほとんど定額通話は用意がありませんので、通話料金は、30秒あたり20円となり、1分で40円の通話費用が掛かります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、格安スマホの注意点やデメリットをご説明してきました。
格安スマホへの変更をご検討中の方は、ご購入される前に一度こちらの記事などで事前に、格安スマホの情報を得ておきましょう。

関連記事

どうしてこんなに安いの?格安スマホがお得な秘密4選
すぐ行こう!格安スマホを提供する良心的なスマホ会社TOP3
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較
格安のSIMを手に入れろ!話題の携帯を5台ピックアップ!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧