iPhone

最新が良い!価格は抑えたい!それならiPhone6sを狙おう

twitter-292988_640
アップル社から販売されているiPhoneシリーズは、世界中でも人気のある端末です。
新型が発売されると世界中で盛り上がり、発売日にはアップルストアなどに行列が出来ます。
発売間もなくしてもさらに新型のモデルに関する予想は常にネットで出回るほど。
それだけ関心の高いiPhoneシリーズ。現在発売されている中で最新モデルはiphone6sです。
話題の最新iPhoneをよりお得な価格な購入する方法とは?

乗り換え割引キャンペーン活用

番号を変える事なく、他社への乗り換えができるMNPサービス。
日本で主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoの3社すべてから発売されているiphone6sは乗り換えによる割引の対象となっています。
MNPを使って他社のiphone6sを購入することで価格を抑える事が出来るのです。
ソフトバンクとauの場合は、iphone6sを契約するプランに応じて特典に違いがあります。プランの基本料金が2年間0円になったり、ソフトバンクカードやauWALLETへのプリペイドバリューチャージから選ぶことができます。
iphone6sを契約した際に毎月支払う価格を抑えたり、カードへのチャージで普段の買い物に使う事が出来ます。
iphone6sをMNPでdocomoから購入した場合、価格から10,800円の割引があります。その場で価格が割引される、のりかえボーナスの対象となるのです。
他社からMNPを使って乗り換える際は割引キャンペーンを賢く活用しましょう。

乗り換えのタイミングが大切

MNPを行う場合には、必ず必要な手数料があります。
今まで使っていたキャリアにMNP転出手数料として2,000円から3,000円、新しく契約するキャリアに新規契約事務手数料として3,000円が必要です。
手数料の金額とキャンペーンを比較すると、手数料が発生してもキャンペーンを使えばお得になるといえます。
しかしMNPは、タイミングによって解約金が発生する可能性があるのです。iphone6sを価格を抑えて購入するためにも、手数料は支払いたくありませんよね。
スマホの契約プランは、多くの場合安く使える変わりに最低でも2年間利用することが条件となっています。2年以内に解約をした場合は、解約金として9,500円が必要なのです。
また2年以上使っていればいつでも良いのではなく、自動更新となりまた2年間のプランとなっている場合がほとんどです。
解約金が発生しないのは、ちょうど2年の契約更新月のタイミングのみです。この1か月間の間、なるべく早い月にMNPを行った方がiphone6sを購入する際に必要な価格を抑える事が出来ます。

下取りキャンペーン活用

それぞれのキャリアが実施している下取りキャンペーンを活用することで、iphone6sの価格を抑える事が出来ます。
iphone6sは16GB、64GB、128GBの3種類です。下取りキャンペーンを上手に活用すればiphone6sの16GBの実質の価格を0円にすることもできます。
下取りをする際には、初期化を行います。初期化をするとすべてのデータが消去されてしまいます。
iphone6sにデータを移行するためにも、事前にバックアップをとっておくことが大切です。
バックアップをしていなくても、後日郵送で対応してくれます。店頭で申込書などを受け取り、後日郵送にて下取りを行う事も出来るのです。
郵送の場合、下取り価格が反映されるのは全ての手続きが完了してからになるので注意しておきましょう。

中古で買取をしてもらった方がお得になる事も

キャリアで下取りをしてもらうと、iphone6sの購入価格から毎月割引されていきます。価格を抑えたり、キャリアのカードへのチャージなどから選べます。
現在、格安SIMなどが普及している事もありスマホの中古市場はとても賑わいを見せています。キャリアの下取りではなく、中古として売りに出す人も増えているようです。
iPhone5sから追加されたゴールドは、中古でも高額で買取してくれる場合が多いです。中古販売店でも、インターネットから郵送で受け付けを行える所も増えてきています。
キャリアの下取りではなく、中古販売店に売りに出した場合、売れた価格は現金で手に入れる事が出来ます。
郵送の場合、手続き後に振り込みされる場合が多いです。
自分が持っている端末の買取価格は、インターネットから調べる事も出来ます。キャリアの下取りではなく、中古販売店の方がお得になる場合もあるのです。

中古でiphone6sを購入する

中古で売るばかりではなく、中古のiphone6sはまだまだキレイな端末でありながらも価格が安い場合があります。
カバーをするからカラーにはこだわらないのであれば、さらにiphone6sをお得な価格で手に入れる事が出来るかもしれません。
中古でiphone6sを購入した場合、使い方は人それぞれだと思います。今まで使っていたSIMを挿し変えて使う場合、キャリアに注意して購入しましょう。
格安SIMを購入しようと考えている場合は、動作確認が出来ているものを選ぶようにしましょう。せっかくお得な価格でiphone6sを手に入れても、使えなければ意味がありません。
またiphone6sを中古で購入した場合、SIMロックがかかっている場合があります。ロックがかかっている状態でSIMを挿してしまうと故障の原因となります。
価格を抑えて購入出来ても、修理代が高くなることも。キャリアに持ち込むと、3,000円ほどでロックの解除をしてくれます。

まとめ

世界中で人気のあるiPhoneシリーズ。
新作iPhone6sは本体価格がものすごく高いから、、、と躊躇してしまう部分もあると思います。
ご紹介した通り、乗り換え時の割引キャンペーンや下取りなどを上手に活用することで、お得な価格で入手することも決して不可能なことではありません。
賢く活用してよりお得な価格で話題の新作iPhone6sをゲットしちゃいましょう。

関連記事

iPhone6sに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧