iPhone

新規で買うならやっぱりiPhone!今ならお得になる情報も!

squash-793062_640
人気の高いiPhoneシリーズ。
既に使っている人も多いのではないでしょうか。また、アンドロイドを使っていても次にiPhoneを検討している人もいると思います。
そんな魅力的な端末であるiPhoneを新規で購入する場合、お得に購入する方法はあるのでしょうか。
主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoすべてから発売されているiPhone。
新規で購入する際には、どのようなキャンペーンを活用できるのでしょうか。工夫してお得になるための、ポイントはどこにあるのでしょうか。

乗り換えで購入

スマートフォンが普及した今、連絡を取り合う手段は変わってきていると思います。番号を使ったチャット機能や、Gmailと同期をさせている人も多いのではないでしょうか。
こうした事から、キャリアのメールアドレスを使う機会は減っていると思います。またMNPというサービスを活用すれば、電話番号を変えることなくキャリアの乗り換えも可能です。
iPhoneを新規で購入する際に、乗り換えをすればお得になるキャンペーンがあります。
契約するプランによって、特典に違いがあるのがソフトバンクとauです。ソフトバンクのスマ放題に加入すれば、お父さんロボット掃除機、ソフトバンクカードへの10,800円のプリペイドバリュー一括チャージ、通信料金から10ヶ月1,000円の割引から選択出来ます。
ホワイトプランにパケットし放題フラットを加えたプランの場合、お父さんロボット掃除機、ホワイトプラン基本使用料2年間0円、ソフトバンクカードへの2,160円×10ヶ月の分割チャージから特典を選択出来ます。
他社からMNPを利用した乗り換えで、auのiPhoneを新規で購入する場合auにかえる割Plusの対象となります。
カケホとデジラに加入すれば、auWALETTへの10,000円のキャッシュバック、LTEプランの場合2年間月額基本料0円で使えます。
新規でのiPhoneをdocomoでMNPを使い購入する場合も、キャンペーンは行われています。のりかえボーナスとして、その場で最大10,800円の割引があります。新規でiPhoneを購入する際も、お得になるので嬉しいですよね。

下取りキャンペーン

新規でiPhoneを購入する場合も、下取りを行ってくれるキャンペーンがあります。
新規でiPhoneを購入した場合は、今まで使っていた端末は不要になってしまうと思います。下取りキャンペーンを活用する事で、お得にiPhoneが購入可能です。
ソフトバンクでは、他社からMNPを使い乗り換えをし、新規でiPhoneを購入すると最大で22,560円の割引があります。2年間、毎月の通信料が下取り価格分割引されるのは嬉しいですよね。
また新規でソフトバンクのiPhoneを機種変更で購入する場合は、iphone6sの16GBは実質無料で購入できます。下取りの対象となるのは、他社のアンドロイドやiPhoneも高額で下取りしてくれるのは嬉しいですよね。
またauのiPhoneを新規で購入する場合は、auポイントの付与があります。下取りする端末は、iPhoneでもアンドロイドでも可能です。
同様にdocomoもポイントの付与がありますが、下取りの対象となる端末がiPhoneのみとなってしまいます。しかし画面が割れているなどのトラブルがあるiPhoneもポイントの付与の対象となるのは、とってもお得ですよね。ポイントは、通信料金から割引をしたり、付属のアクセサリなどを購入する際にも活用する事が出来ます。
新規でiPhoneを購入する際には、下取りを活用する事によってお得に購入する事が出来るので嬉しいですよね。

中古で購入

新規でiPhoneを購入する際には、中古での購入をする人も増えてきています。中古でiPhoneを安く購入し、キャリアに持ち込み契約をすることも可能です。
また格安SIMという言葉を目や耳にしたことがある人も多いと思います。格安SIMが普及して行くに連れて、スマホの中古市場も盛り上がりを見せています。
新規でiPhoneを購入する際に、中古市場をチェックしてみるとまだまだ綺麗な最新のiPhoneを割安で購入する事が出来るかもしれません。
大手通販サイトである楽天でも、iPhoneの購入は可能です。高額なので、楽天ポイントも貯まると思います。アマゾンでクーポンを使い、値引きさせる事もできます。
通販で購入する場合、時間を気にしなくて良いというメリットもあると思います。新規でiPhoneを購入したいと思っても、店舗が開いている時間にお店に行けない人もいると思います。また店舗での待ち時間も無く購入する事が出来るのも嬉しいですよね。
インターネットなどで、中古のiPhoneを購入する際にはキャリアにも注意しておく事が大切です。中古でiPhoneを購入し、キャリアに持ち込み使おうと思っている場合同一のキャリアでないと契約が出来ない場合が多いです。
見た目は同じiPhoneでも、どこのキャリアのiPhoneなのかを、注意して購入するようにしましょう。
また新規でiPhoneを購入するのであれば、付属品も大切です。充電器などは、アンドロイドのものでは使えません。iPhoneを使ううえで必要な付属品が揃っているのかも、確認しておくのもポイントだと思います。

まとめ

iPhoneを新規で購入すると、何もデータが入っていない状態のものを渡されます。自分でデータの移行を行わなければいけません。
アンドロイドの場合、電話帳などのデータはSDカードにバックアップされています。
しかしiPhoneは、SDカードには対応していません。JSバックアップアプリを使いアンドロイドで電話帳や画像のデータのバックアップを行い、iPhoneでJSバックアップアプリをインストールし電話帳などの復元を行います。
新規でiPhoneを購入する前には、バックアップを行っておきましょう。

関連記事

iphoneの料金を徹底比較!こんなに差が出る5つの買い方
iPhone6sをスマホ下取りを利用してお得な価格でGETしよう
キャッシュバックでお得な値段でiPhone6sGETできる方法
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧