ソフトバンク

新しい時代の節約術!格安スマートフォンを使いこなす方法

108yen
消費税が8%に上がりもうすぐ1年になりますね。
もしかしたら、これからまた消費税が上がるかもしれません。だからと言って物価が下がるわけでもお給料が格段に上がるわけでもなく、物欲がなくなる訳でもありません。
身の回りの小さなことから節約してみれば少しは生活にゆとりが出来るかもしれません。携帯代を節約してみよう。

格安スマートフォンで節約

最近CMなどでもよく目にする格安スマートフォン。
今使っているスマートフォンの機能を完璧に使いこなせているかと問われれば全く自信がありません。ならば料金も安くなるし電話やメールも使えるのであれば格安スマートフォンで問題はないのでは?とCMを見て思いました。
(そもそも格安スマートフォンってなんなんだろう?)
家電量販店の携帯コーナーに行くとソフトバンク、au、docomo今まで大体この3社。そしてアップルのコーナーよほど家電量販店が好きで詳しい人でない限り、そんなイメージではないでしょうか。
でも最近は格安スマートフォンのコーナーも目にします。
(いくら携帯の月々の料金が安いからって本体が変だったりしたらね)
なんて失礼極まりないことを思いながらそのコーナーへ行きました。
するとそのコーナーに並べてあるスマートフォンは遜色のない立派なもの。手に持っても他のものと比べても見た目には何の遜色もありません。
では、手続きが面倒なのか。今までの番号を変えたりしなければならないのか。お店の方に尋ねてみたら何と今までの番号そのまま使用できるとの事。
番号が変わって電話帳に入ってる方にお伝えするのは正直面倒くさい事ですのでこれは助かります。
(SIMカードって何ですか)
暇さえあればスマートフォンを手にしている現代人ですが仕組みといいますか深い所まできちんと理解は出来ている人は少ないのでは?
お店の方に初歩的な質問ですがせっかくコーナーを見に来たので尋ねてみました。
「お使いの携帯電話の電話番号を特定するID番号です」
つまりは、この携帯の名札のようなものだろうか?携帯本体を会社と考えた時に使用するために必要なカードのようなものだろうか?
とにかく、このSIMカードによって今使っているスマートフォンから番号を変える事なく格安スマートフォンに移行することができる事が分かりました。
しかし、ここでふと疑問に思う事がありました。
SNS
現在の若者の大半は、スマートフォンに正直依存していると思います。スマートフォンに依存しているというかSNSへの依存が強いと思います。
一人暮らしでテレビを見ている際、出演者の方が面白い事を言ったりしたら、その方の名前をツイッターで検索し同じ事を考えてる人を見つけて安心する。友達と用もないのに終わらないLINEをする。
(もしSNSが使えなかったらどうしよう)
これは、現代の人にとってなかなかの重要な問題でした。
どうやら格安スマートフォンというものの料金形態はこのSIMカードを移行し月々の電話代に通信料がセットになるものとの事でした。ならばSNSは果たして使えるのでしょうか。
「SMS対応のSIMカードをご購入頂ければ大丈夫です」
どうやらSMSとはShort Message Serviceを略したものらしいです。つまり番号を指定してメッセージを送りあう事が可能であるとの事でした。
LINEも使えるので安心だなと思いました。またLINEをしていなくても、スマートフォンを使っている人もたくさんいると思います。
SNS疲れなんて言葉も産まれるくらいな世の中です。もし、LINEなどをしていないのであればSMS対応でなくとも大丈夫なのではと思っていましたが、どうやらお店の方のお勧めは対応しているものとの事でした。
詳しく聞いてみるとSMS対応SIMカードには嬉しい機能がありました。
セルスタンバイ問題というものを自動で解決してくれるそうです。セルスタンバイ問題とは携帯画面に電波状態を示すアンテナがありますよね。それをアンテナピクトというそうです。
SMSに対応していなければそのアンテナが表示されません。データ通信用のSIMカードだから当たり前ではないのだろうか?音声用の回線に繋がらないと電波をつかめたと判断されないのではないか?といった疑問も出てくると思います。
しかし、SMSに対応しておらずアンテナピクトが表示されないまま使い続けるとバッテリーの消耗が格段に早くなってしまうそうです。
音声回線を求めてスマートフォンが頑張ってくれるからですね。ずっと全力疾走していればそれは早めに疲れてしまっても仕方がないですよね。
ならばSMSに対応しているSIMカードにしてできるだけ長くバッテリーも持ったほうが嬉しいですよね。

まとめ

日常目にするのはCMのわずかな時間だけでの情報ですが、こうして実際に話を聞くことによりたくさんの発見があるのではないでしょうか。自分で聞いて説明してもらい理解することも大切なのでは。
そして、店頭で話を聞くことによって今まで以上に格安スマートフォンが魅力的に思えてくるのではないでしょうか。
格安スマートフォンとまとめていっても各社からさまざまな商品が出ていて料金もばらばらです。中には携帯本体の料金も掛からないものさえあります。
今は東京に住んでいますが地元に帰れば電波は山の上。電波の状況もいろいろと気を遣わなければならないような場所だなんて人も少なくないのでは。
購入した後に後悔しないように色々と比較したりして自分で納得し格安スマートフォンユーザーデビューして携帯料金を節約できれば浮いたお金を他のことに活用できるかもしれませんね。
格安スマートフォンに変更して賢くお金を貯めて、美味しいものを食べてSNSに投稿したりする日も近いかもしれません。

関連記事

【保存版】携帯電話の機種変更でお得に乗り換える3つの選択

ソフトバンクで手に入る実質負担金0円の人気機種まとめ

ソフトバンクにMNP!最得キャッシュバック方法5パターン

 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧