iPhone

まだまだ下げる!携帯電話料金を安くするお得な裏ワザ5選

携帯電話、スマホを使っていて、一番気になるのは電話料金ではないでしょうか?
携帯電話の月々の使用料は平均して7千円以上というところでしょうか?
携帯が一人一台と言われているこの時代です。父母とその子供達という世帯になるとかなり家計に厳しいと思われます。
今回は、携帯電話を安くする裏技を紹介します。

裏ワザその1:通話料&通信料を抑える

LIG_konoapuritukaenai500
「通話料と通信料を抑える?そんなの当たり前でしょう?抑えるって言ったって限度もあるし」という声も聞こえてきそうですね。
至って当然な事ではありますが、これは料金を安くするのになくてはならない方法の一つでもあります。
通話料や通信料は使用すれば使用するほどかさんでいきます。なので、予防線を張る必要が大いにあります。

通話料を抑える方法

まず通話料を抑えるための方法として

  • LINEなどの無料通話アプリを利用する
  • 音声定額プランへの加入

などがあります。(※LINEはスマホが中心のアプリではありますが、LTE対応ならばガラケーでも利用できます。)
よく電話をする人は音声定額プランへの加入は必須だと思われます。ほぼ毎日、もしくは定期的に長時間電話をかける方ならば音声定額プランに入っていて損はないと思われます。

通信料を抑える方法

次に通信料を抑える方法です。
こちらも自身の通信利用料にあった容量の定額プランに加入する事をオススメします。
ご自宅にいる事が多い方等は最低限の容量プランに加入、家の中ではwifiでネットにつなぎ、外出の際はWifiスポットを利用してネットにつなぐ等で対応できるかと思います。
また、このWifiスポットの利用は他の定額プランに加入している方にも有効です。なぜならば、一定の容量を超えると、通信速度に制限がかかってしまいます。
日頃ネットをあまり使わない方ならば、そんな事はあまりないですが、ネットにゲームにビジネスにとフル活用しているタイプの人は設定していた容量がオーバーしてしまって、肝心な時に速度が遅くなってしまうなんて事があります。
それを解除するにはいくらか課金しなくてはならなくなります。定額にしている意味がなくなってしまいます。
なので、WIFIスポットを利用する事はネットをフル活用しているユーザーにも有効なのです。もし、カフェなどで時間をつぶす事があれば、ぜひともWifiスポットの掲示があるお店で接続しましょう。

裏ワザその2:不要なオプションを外す

piggy-bank-621068_1280
これもまた、当然といえば当然な方法ですが、以外とコレをやっていない方は多いのです。
携帯の新規購入や機種変更時に「携帯を安くする代わりに、一定期間、このオプションに加入してくださいね。1か月経ったら外してくれてかまいませんから。」なんて言われて、なすがままに色んなオプションに加入してしまった事、ありますよね。
「あとで外せばいいし。」と思ってそのままで、有料オプションをつけている事すら忘れてしまって、1年以上も使用していない有料オプションの料金を払い続けている・・・なんて感じです。
中には「え?これって2年縛りの中の一つじゃないの?」と思い込んでる方も見受けられます。
基本的にショップの店員さんが「このオプションに入ってね」というものは、2年間使用しなくても問題はありません。親切な店員さんだと「1か月経ったら外して下さい。電話でもWEBでも手続きできますよ」と言ってくれます。
店員さんが親切に言ってくれたにも関わらず、手続きを忘れて律儀に2年近くオプション料金を払い続けた人もいます。筆者がまさにそうでした。
筆者の場合は、不要なオプションを外すことで1500円ほど安くなりました。使わないオプションをつけたままにしていないか、契約内容を見直してみましょう。

裏ワザその3:2年ごとに機種変&MNPする

1
かなり荒業ですが、2年ごとに機種変しているのであれば、キャリアもその都度MNPしてしまうとかなりお得になります。
というのも、同じキャリアでの機種変はどうしても新規購入の機種変に比べると高価になってしまいます。新規購入が実質0円なのに対して、機種変だと実質にしても5万円近くになる事は多々あります。
この新規購入の方がお得という「一括0円」システム?を利用して2年ごとにMNPしてしまうのです。
メールアドレスが2年ごとに変わってしまうというデメリットもありますが新規購入でMNPだと、その店舗独自の様々な特典がついてくるなど、同じキャリアで機種変をし続けるよりも料金的に特になる事があります。
ただ、この一括0円システムは総務省の要請で廃止されるとの話もあります。おそらく、各キャリアで新規購入の目玉となる施策は用意されているとは思われます。
また、長期ユーザーに対する優遇施策も各キャリアは検討していると思われるので、今後の動向に注目ですね。

裏技その4:各割引プランの利用

balloon-395598_640
各電話会社が出している割引プランには、学生割引(学割)、指定した相手との通話料が安くなる指定先割引(指定割)、家族との通話料が無料、もしくは通常より安くなる家族割、一定の期間の契約をすることで安くなる年割、月額を払うことで通信料を安くするパケット割やパケット定額などがあります。
携帯電話を殆ど利用しない人、緊急時の為に持っている人などは、パケット割やパケット定額などは入らない方が安く利用できます。上手にこういった割引を利用する事がカギになってきます。
まず、指定割。これはほとんど特定の人としか電話やメールをしない人は、指定割を付帯すれば通話料金やEメール代がかなり安くなります。
家族割は家族が同じ携帯会社を使っている場合に適用されます。昨今では無料で家族割を設定できるようになっています。
家族間ではEメールや通話料が無料か半額になります。是非とも加入しておきたい割引です。
そして学割などの学生限定割引。基本料金やメール代などを全て半額にすることが出来ます。
最近では学生でなくても25歳未満対象の割引プラン等もあります。25歳未満、もしくは学生の方には要チェックです。
また、この学生限定の割引ですが、学生限定とは謳っていますが、学生がいる世帯にも適用されるので大人もお得になるプランです。料金がトクになるだけでなくデータ容量のプレゼント等もあるので、学生がいる世帯は是非ともお見逃しなく。

裏技その5:格安SIMに乗り換える

9
格安SIMに乗り換えるのも携帯電話の料金を安くするには有効です。
格安SIMは取扱会社にもよりますが、月額1600円から利用ができます。プランも多数です。おそらく、3大キャリアで利用しているよりも大幅に安く利用ができると思われます。
ただ、メリットだけではなく、デメリットもあります。キャリアのEメールアドレスが利用できなくなります。また、それぞれのキャリアで展開されていた専用のサービスも使えなくなります。
通信速度もやや落ちますが、それほどネットをしていない方にとってはストレスにならない程度です。

まとめ

いかがでしょうか?
高額な携帯電話料金ですが、ご自身のライフスタイルに合わせたプランを探すとベストな料金プランや利用方法が見つかります。
安く楽しく携帯を使いたいですね。

関連記事

節約したい人必見!携帯電話を安い料金で使う裏ワザ6選
こうすれば安くなる!超オススメ通信料節約術ベスト5
端末価格が安い携帯電話TOP3!これなら一括購入も可能
どこよりも安い、そんな携帯集めました!驚きのベスト5

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧