ソフトバンク

節約したい人必見!携帯電話を安い料金で使う裏ワザ6選

a0001_011707
携帯電話は現在では、昔からあるフィーチャーフォンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレット端末などの新しいモバイル機種が多数販売されております。
おそらく携帯電話ユーザーの多くは、スマートフォンをお持ちなのではないでしょうか。
従来の携帯電話でありますフィーチャーフォンは、まさに音声通話やメールなど他の第三者との連絡手段のためのツールとしたモバイル機種だったことに対して、近年人気のあるスマートフォンは手に収まる小さなパソコンともいえます。
スマホはさまざまな種類のアプリケーションを利用することで、ビジネスやご家庭でも多くのシーンで活躍する、われわれの社会にはなくてはならない大きな存在であります。
しかし、料金はどうでしょうか。便利になってきた分、携帯料金は安いとはいい難い状況ではないでしょうか。
そのため、今回は携帯電話を安い料金で使用するための裏ワザ的なお話しをしていこうと思います。
便利なスマートフォンなど携帯電話を、安い料金で利用できれば、これほどユーザーにとって嬉しいことはありません。それでは、さっそく6つの裏ワザについてご紹介していきましょう。

携帯電話を安い料金で使う方法・裏技

現在、スマートフォンなどの携帯電話をご利用されているユーザーの多くは、大手通信キャリアであるdocomoやSoftBankやauが大多数でしょう。
決して、めちゃくちゃ高いというわけではなくても、もう少し安い料金で運用できたら、というのが本音ではないでしょうか。
少しでも安い料金で携帯電話をご利用いただけるよう、裏ワザを6つご紹介しておきましょう。

裏ワザ1・定額サービス加入

1つ目にご紹介いたします携帯電話料金を安い料金で利用する方法は、音声通話における料金を安くする裏ワザです。
主に携帯電話の料金が著しくハネ上がる理由としまして、最初に考えられるのが、音声通話の料金でかさんでいるということです。
これは、通信キャリアのかけ放題プランを使うことももちろん良いですし、それ以外の方法で安くするのも良いでしょう。
たとえば、近年においては各通信キャリアにおいては音声通話の定額サービスが新しく始まっておりますので、毎月1時間近くの音声通話をご利用されるような方は、迷うことなく音声通話のカケホーダイ定額サービスに加入するべきです。
実はこの新しいサービスをご存知のようで、ご存知ではないユーザーが多いようですので、ぜひともこの機会に要チェックしておきましょう。

裏ワザ2・割引きサービスの利用

次にご紹介いたします携帯電話の料金を安い料金で利用する裏ワザは、各通信キャリアの割引きサービスを利用して音声通話をお得にすることです。
音声通話を利用される相手の対象が家族のみのであるならば、先ほどご説明した各通信キャリアのカケホーダイなどの「新料金プラン」よりも、ご家族で昔からある「旧料金プラン」でまとめたほうがお得で安い料になることが多いのです。
しかし、docomoなどによっては、スマートフォンの場合ですと新料金プランの受付しか行なっておりませんので要注意なのです。
もし家族間での音声通話がメインである場合は、携帯電話ショップでたまにフィーチャーフォンのキャンペーン割引きがございますので、その際に機種変更やお乗り換えされるのも良いでしょう。
2台持ちなどすると手間はかかりますが通話料は間違えなく抑えられます。

裏ワザ3・無料音声通話やアプリの利用

LINE
つづきましてご紹介しておきたい安い料金で携帯電話を利用する裏ワザは、無料音声通話や安い価格によるサービスアプリケーションを利用することです。
スマートフォン同士であれば、IP電話アプリケーションを使うことで確実に携帯電話の料金を抑えることができます。
たとえば、人気のアプリケーションでもある「LINE」や「Skype」などが現在では多くのユーザーに愛されて利用されております。
とくに最近ですと、スマートフォンなどの利用目的が主にLINE、といった目的の人も決して少なくないので、LINE上で音声通話を行なうことが安い料金で利用できるもっとも現実的な裏ワザなのかもしれません。
ただし、データ通信を利用して音声通話を使用するというIP電話の特性上でありますので、音声通話の電波が不安定になる可能性があるという点に注意しておきましょう。

裏ワザ4・データ通信量の確認

つづきましてご紹介しておきたい安い料金で携帯電話をご利用できる裏ワザは、データ通信にかかる料金をおさえることです。
スマートフォンやタブレット端末を使っていて、なぜ月額が高くなってしまうのかがわかりにくい理由がデータ通信費用にあるためです。
音声通話においては、かけた分だけ料金がかかっていますので、おおよその通話時間はユーザーご自身も把握しやすい部分がありました。
一方、データ通信はよっぽどスマートフォンなどに詳しい限り、現状ご自身がどれほどのデータを通信しているのか、どれほどの料金を要しているのかがわかりにくいといえます。
そのため、現在のご契約を確認する際には、毎月どれだけのデータ通信を行なっているのかをまずチェックすることが安い料金へとつながる裏ワザです。

裏ワザ5・プランの見直し

続いてご紹介しておきたい安い料金で携帯電話をご利用できる裏ワザは、上記でご説明した裏ワザ料金のチェック、再見直しを図り、その上で見合った料金プランへと変更することです。
スマートフォンやタブレット端末をご利用する際、利用制限がかからない限りプラン変更をする人はあまりいません。
だからこそ、使いすぎて制限がかかってしまったり、通信速度が遅くなってからはじめて通信量のことを気にするユーザーがほとんどなのです。
また、通信制限にかからなければ、データ通信料が実は余っている、ということに気付きにくいこともポイントとしてあげられますので、そう感じられた際には、ご自身に見合った適切な料金プランにすることです。

裏ワザ6・Wi-Fiの利用

wifi-640404_640
最後にご紹介するのは安い料金で携帯電話をご利用できる裏ワザは、Wi-Fiのご利用です。
ご自宅にフレッツ光などの光回線を引いていらっしゃったり、あるいはWiMAXやソフトバンクなどのWi-Fiルーターを持っているようでしたら、スマートフォンに活用しない手はありません。
なぜならば、Wi-Fiでインターネットをご利用する場合はデータ通信量がまったくカウントされないためです。
携帯電話の料金プランのスマートフォン代は、データ通信量のプランで大きく変わってきますので、ご契約のデータ通信量次第で変動いたします。
そのため、アプリケーションのダウンロードや動画の視聴をする際にWi-Fiルーターを活用することで、スマートフォンなどの携帯電話のご契約プランを安いプランへと落として節約することができます。
また、アプリケーションの更新や動画のキャッシュを取得するなど、事前にデータ通信量が多くなることがわかっている場合はコンビニやショッピングモールなどのWi-Fiスポットの環境をご利用することもおすすめです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、スマートフォンなど携帯電話を安い携帯料金で使用することのできる裏ワザを6つ厳選してご説明してきました。
必ずしも今回ご説明した6つのことを実践される必要はございません。
いまご契約いただいている料金プランを変えることができないこともございますので、まずは裏ワザとしてご紹介しましたが料金プランを見直すことをおすすめいたします。

関連記事

端末価格が安い携帯電話TOP3!これなら一括購入も可能
どこよりも安い、そんな携帯集めました!驚きのベスト5
無駄なお金は払わない!みんなが選んでる低価格スマホ4選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧