更新情報

携帯業界に競争をもたらしたMVNO、徹底比較!

最近、スマホの料金を高いと感じることはありませんか?安く使いたくともソフトバンク・ドコモ・au、料金は横並び…。いまや政府が「家計に与える携帯料金の高価格」について議論する時代です。一説によると年間で1万以上出費が増えているというデータもあります。そんな中,スマホを安く使う方法としてMVNO (格安SIM)があります。

MVNO、格安SIMって何?

SIMカードというのは携帯電話、スマホなどに入っている小さいチップのことです。大きさは3種類ありキャリアによって異なります。
一般的にいうSIMカードとは大手の携帯会社(docomo・ソフトバンク・auなど)の提供しているカードのことを指します。対して、格安SIMカードとはそれ以外の携帯キャリア会社の提供しているカードのことで、楽天モバイル・OCN・DMM mobileなどがあります。また、格安SIMカードを提供している携帯キャリア会社は独自の回線を持たず、docomoやauの回線を使って携帯通信サービスを行っており、MVNO(仮想移動体通信事業者)といいます。

MVNOのメリット・デメリット

MVNOの最大のメリットはその料金の安さです。独自の回線を持っていない分、設備投資に使うお金が抑えられているため通信料が安くなっています。そのため大手携帯会社でかかる月額6000?9000円程度の利用料金を月額2000円程度に抑えること可能となってます。
仕事などで電話をかける機会が特に多い方をのぞき、MVNOを利用することでほとんどの方がメリットを体験できるかと思います。

また契約更新の短さもメリットのひとつです。大手の携帯会社では2年縛りが基本ですが、MVNOでは1ヶ月?1年の縛りですので気軽に通信会社の乗り換えが可能となってます。中途解約の違約金も大手キャリアの半額くらいです。
MVNOのデメリットは最初に端末を購入する必要があることです。大手キャリアでは端末代金と通信費が一体となり、2年契約をすることで端末代が安くなっていますが、MVNOのように端末代と通信費が分離していると初期費用がかさんでしまうことがあります。
格安SIMを使うためには端末が必要ですが、必ずしも購入する必要はありません。docomoやauのスマホを持っている人は、そのまま格安SIMを挿入して使用することができます。(ソフトバンクからの乗り換えであれば機種を新しく買う必要があります。)

MVNO、格安SIMでおすすめはどこ?

DMM mobile
月額料金で選ぶならDMM mobileがおすすめです。月額料金は業界最安値です。プランの種類が多いのが特徴で、ライトユーザーから一般ユーザー向けのキャリアです。月額料金は440円?4350円となっています。
NifMo
通信速度で選ぶならNifMoがおすすめです。docomo系の格安SIMで通信速度が速く、安定していると評判です。月額料金は640円?2800円、格安スマホとのセット購入で月額200円引きの料金設定があります。
楽天モバイル
楽天ポイント加算が魅力的です。ポイントキャンペーンのチャンスも多く、楽天でのショッピングをする機会が多いのであればおすすめです。月額料金は525円?2960円と他の会社と変わりありませんがポイント還元率が高いため、長期で考えるとお得感はアップします。
IJmio
家族で乗り換えるなら業界2位のシェアを誇るIJmioがおすすめです。月額料金は900円?3260円と幅広く設定されており、同等のデータ通信プランで比較した場合は他社より安いという特徴があります。ファミリーシェアプランがあるので家族で使用する場合にお得です。
OCN モバイル ONE
MVNOの中でトップシェアを誇ります。知名度では一番ですが料金は普通で、速度も他社と比較しても変わりません。月額300円かかる050plusに限り、音声通話付きのSIMは無料、データ専用SIMの場合は半額で利用できるというメリットがあります。月額料金は900円?1800円です。
UQ mobile
au回線を使っているためとにかく全時間帯で安定し通信速度が速いUQ mobile。auのスマホユーザに特におすすめの会社です。データ高速プランが980円?とうれしい価格です。3Gでのデータ通信ができないことや選べる機種が少ないことが若干のマイナスポイントかもしれません。
ぷららモバイルLTE
動画サイトを毎日2時間以上みるようなヘビーユーザー向けのプランがあるのはぷららモバイルLTE。たくさん使っても通信速度制限がない「定額無制限プラン、音声通話プラス」でも3460円と通常の大手のプランに比べると格安です。なにより速度制限がないことで快適でストレスフリーに利用できます。
現在20社以上のMVNOがあり、それぞれにメリット・デメリットがあるので比較して自分の使い方に合うキャリアを選ぶといいでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧