iPhone

携帯新機種@ドコモ

e104e124e433ddc5f2d95790d0a82581_s
いつでも携帯電話はあたらしいものが気になりますね。
機種や新サービスが多いドコモはいつも目を引く気がします。
現在は2014冬2015春モデルが最新です。良い機種が揃ったと思います。
スマートフォンは普及して5年近く経とうとしていますが、完成度の高い機種がふえたのではないでしょうか。
リリースのたびに思うのですが、3機種くらいから選ぶのだったらまだしも、10機種近く選択肢があるとどうして良いか困ります(苦笑)
購入を控えているひとの心境、まさにそんなところではないでしょうか。

ドコモ2014-2015冬春モデル

iPhone 6

2013年秋のiPhone参入を経て、ドコモにとってのiPhone第2弾です。
その1年前、2012年秋にiPhone5購入者はドコモを選ぶことができませんでした。
いまでもドコモへの変更を望むユーザーやiPhone5の本体代支払いが済んだ他社ユーザーを取り込みたいところですね。

iPhone 6 plus

ついにiPhoneからもファブレットがでました。
GALAXY Noteシリーズと火花散る争いかと思いきや、iPhone 6 plusがリリースされる1年前に発売されたGALAXY Note3が大変ヒットしたためかGALAXY Noteの新作は穏やかな雰囲気です。
そしてiPhoneのファブレットを待っていた人は多いんですね。街中でも“iPhone6の大きいほう”を見かけることが多い気がします。
当初は画面サイズが独特なのでiPhoneアプリで対応しないものが目立ちましたが、各アプリのアップデートも進んだことでしょう。ビジネスシーンにもプライベートにも大活躍。
6 plusの登場により、iPadの売れ行きに影響はでないのでしょうか・・・(素朴な疑問)。

?Xperia Z3 SO-01G

大人気のXperia Zシリーズ、カラーリングも増えて登場です。
他2社からもリリースされていますが、ドコモではVoLTE対応。通話の際、相手に繋がるまでが早くなったり音声品質もさらに磨かれたりと通信クォリティまで高められています。
しかし相変わらずの高級感がたまらないですね。
そして今作も「Gレンズ」搭載。暗所に強い高感度ISO12800準拠で、カメラ機能は他の追随を許さないのでは。

Xperia Z3 compact SO-02G

Z3のコンパクト版。やはりこのサイズを望むユーザー層も多いですよね。
5インチ型と、同コンセプトのコンパクト端末の戦略はXperia Z1 SO-01Fど同時リリースのXperia Z1f SO-02Fから続いています。
カラーが増えて、コンパクトサイズを好む女性ユーザーには楽しみが増えたのではないでしょうか。

GALAXY Note Edge SC-01G

なんと大胆にも、側面に名前のとおりエッジをきかせています。
そこにメニューアイコンを配置することで、ファブレットなのに親指での操作性強化。片手使いがやりやすいわけですね。攻めていますね。
現状、あまり利用しているユーザーを見かけないのですが、ひとつには前作GALAXY Note3がたくさんの人気を集めてしまったこと、そして対応保護フィルムが実に少ないことが理由にあるのではないでしょうか。形状が独特すぎて・・・。
ただ、片手使いの強化は画期的だといえると思います。GALAXY Noteシリーズはビジネスシーンでの利用が実に多いようです。
満員電車の車内など片手しか使えない場面では、かなり役立つように考えられます。

GALAXY S5 ACTIVE SC-02G

ついにGALAXYから防水モデル。
「GALAXYに足りないのは防水だけ」と考えていた愛好ユーザーも少なくないのでは。
防水どころか耐振動、耐塩水や高温71度・低温マイナス51度までに耐えるタフネスGALAXY。登山やフィッシングなどアウトドアな趣味を持つユーザーや屋外での業務が多い職業のユーザーをしっかりサポートする心強いモデルですね。
ライバルといえようXperiaシリーズにはタフネスモデルはありません。これまでの潜在ニーズに応えられる期待値高し。

AQUOS ZETA SH-01G

SHARPスマホの代名詞、IGZO液晶搭載。そして人工知能が話しかける新機能「エモパー」を搭載しています。
エモパーはSHARP製家電に搭載している人工知能「コロコロエンジン」をベースに開発された、スマホ向けのエージェントプログラム。
「えもこ」「さくお」「つぶた」「おれんじん」という、エモパーのキャラクターを選ぶことができるとのこと。
エモパーは例えば机の上に本体を置いたとき、「○○時△△分ですよ。本日は雨になるようですよ。」といった調子で話しかけてくれます。
スマートフォンが友達になりそうですね(笑)
われこそはモノを大事にするぞというユーザーは、このAQUOS ZETA SH-01Gを選ぶのもいいと思います。

ARROWS NX F-02G

富士通のお家芸「全部入りスマホ」がパワーアップ。
特色は、Wi-FiとLTEを同時接続することで高速ダウンロードを可能にしています。いままでそんな通信手段は無かったですね。
日常的に馴染みを感じやすいお役立ち機能としては、手袋をしていてもタッチ操作可能はうれしいところですね。
また、利用シーンを解析することで時間帯ごとに利用頻度の高いアプリを画面に表示してくれる「パーソナルアシスト機能」を搭載。
富士通さんは、かゆいところに手が届くスマホづくりに余念がないですね。

Disney mobile on docomo SH-02G

先述のSH-01Gをもとに作られています。
つまり高機能の優れものであることはいうまでもなく、そして「エモパー」を搭載。
女子力バッチリかつ5.5インチの大画面。

まとめ 欲しくなりました(笑)

どの機種も外れなし。
たいへんすばらしい機種が揃ったのではないでしょうか。
各メーカーが火花を散らして競っているようにみえます。

関連記事

?【2015年春】みんなが選ぶドコモの人気スマホTOP5
春だから新しくしちゃう?2015年春、ドコモの最新機種
やっぱりドコモがいい!こんなに優秀、ドコモのスマホ
【2015春】絶対後悔しないドコモのおすすめスマートフォン7選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧