携帯料金をもっと安く!5分でわかる格安スマホ徹底解明


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

もう生活に欠かせないスマートフォンですが、やはりガラケー時代から比べるとスマホにして携帯料金は高くなってしまった方が多いのではないでしょうか?

あまり携帯料金を気にせずに使っているとスマホの場合8000円から10000円くらいかかっている方も多いと思います。

そんな中最近携帯料金節約のために人気になっている格安スマホの魅力を徹底解明していきます!

なんといっても料金が安い!

gasoline-prices-206098_640

格安スマホは名前の通り毎月の携帯料金が安いのは、なんとなくわかるかと思います。

その一方で料金が安いと、電波などの質が悪いんじゃないの?と不安な方もいると思いますので、なぜ格安スマホは安いのかを実際の格安スマホを利用した場合の料金を解明していきます!

なぜ料金が安いのか?

格安スマホは名前の通り料金はかなり安い仕組みになっています。

ただ料金が安いからといって電波や機種の質が悪いわけではありません。

格安スマホは簡単にいうと大手のドコモ・auの電波を格安SIMの提供会社が借りて提供しているため開発費であったりがかかっておりませんので、安く利用できます。

また大手も3キャリアのドコモ・au・ソフトバンクのようにショップを構えていないため人件費やショップの維持費などがかかっていないためその分料金が安くできます。

結論からいうと、電波状態は大手キャリアの電波を借りているので大差はなく、ショップがないためアフターサービスなどは受けづらいですが、メールや電話での問い合わせは可能になっています。

ただ正直なところ、アフターサービスをショップでうけることは年に1回あるかないかという方も多いと思いますので、とにかく料金を安く利用したいという方にはサービス面で格安スマホは問題はないと思いますよ!

実際の毎月の料金は?

では、実際格安スマホを利用した場合どれくらい料金は安くなるとかというと、利用方法によって異なりますが、平均2000円程で利用できます。

格安スマホの場合は、ネットの利用量によって基本料が違いそこに+通話料金となっています。

例えば格安スマホ会社でも大手の楽天モバイルで利用した場合、プランは4つあります。

3.1ギガプランで利用した場合、SMSなしで通話ができないプランであれば、900円で、通話ができるプランであれば1600円となっていますので、ネットの使用はほぼWi-Fiを利用するという方であれば1600円の基本料と通話料だけでおさまります。

ただ、格安スマホの場合大手キャリアと違い24時間通話し放題のプランがありません。

ネットの利用がメインで通話頻度が少ない、またはアプリなどを利用して電話をするという方であれば格安スマホはおすすめですが、仕事などで通話が多い方には格安スマホはむいておらず逆に高くなってしまう方がいるので要注意です。

ですが、格安スマホの中でも5分以内の通話を無制限で無料にしたり累計○○分無料にしたりとできる有料オプションがあるので通話の頻度は多いが通話時間は短いという方は、格安スマホの方が大手キャリアで通話し放題にするよりも安く利用できるでしょう。

ちなみに、先ほど紹介した楽天モバイルの場合は基本料+850円の有料オプションで5分かけ放題プランにできますので、5分かけ放題をつけたとしても2500円程度で利用できます。

使える端末が豊富

格安スマホを利用する場合は、大手キャリアのように端末を同時購入する必要はありません。

また、格安スマホの場合は新しく端末を購入しなくてもドコモやauで利用していた古い端末を利用することも可能です。

まだまだこだわりがあったり利用できる端末をわざわざ新しい端末に買い替える必要はありませんので無駄もなく端末代金もかからないので安く利用できます。

また、SIMフリー端末を自分で用意しSIMカードだけ契約すればよいので、機種にこだわりがない方であれば、安いSIMフリー端末を購入すれば端末にお金をかけずに済みます。

例えばiphoneを大手キャリアで購入し毎月の使用料と合わせるとなんだかんだで8000円以上かかってしまうことが多いですが、中古のドコモやauのiphoneを購入し、格安SIMと合わせて利用すればかなり毎月の利用料金を抑えて利用できるのでおすすめです。

利用用途に合わせられる

KYOU85_tell20111119162826500

格安スマホの場合は、前述でも伝えた通りデータの利用容量にあわせて毎月の金額はかわりますので、ネットをほぼWi-Fiで利用する方であればかなり安く利用できます。

フリーテルという格安SIM提供会社であれば従量課金ですので、使ったら使った分の金額になりますので、最低限の金額が安いのでパケットを利用をほぼしない方であれば298円から利用できるんです。

逆に、ネットを頻繁に利用する方であればUQモバイルなどであればネット制限がないプランがあったりと、格安スマホは利用用途に合わせて料金プランを用意している提供会社が多いので毎月の利用料金に無駄が生じないところが魅力の一つです。

まとめ

格安スマホは利用用途によってはかなり安く毎月の携帯料金を抑えることができます。

格安スマホの利用を考えているかたは以下の項目をチェックしてみてください。

・データ(ネット)容量の利用は少なく、Wi-Fiの利用がメイン
・通話頻度は少ない、または一回の利用時間が短い
・機種にこれといって大きなこだわりがない

以上三項目に当てはまる方はすぐにでも格安スマホに切り替えるのをおすすめします!

三項目に当てはまった方は格安スマホへの切り替えを検討してみてください。

また当てはまらなくても携帯料金を下げたければ格安スマホの利用方法に、合うように利用するのもおすすめです。

関連記事

本当にどこでも一緒?!知って得する3社の携帯料金比較

ガラケー派なら知って損ナシ!3社の携帯電話料金比較

携帯料金って複雑・・・3社を比較して自分のピッタリを探そう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない