ソフトバンク

本当にどこでも一緒?!知って得する3社の携帯料金比較

日々、家計を管理していく上で携帯料金は結構な割合を占めているのではないでしょうか。
「国民1人1台携帯所持」という時代背景から想定するに家族全員が携帯を所持しているということですね。4人家族ならば4台分の携帯料金が家計に影響を及ぼすという事です。
可能ならば、少しでも安く、お得にしたいですよね?
しかし「携帯の料金なんてどこも一緒じゃないの?」「色々プランがあるけど、結局は同じだよ」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本当にそうなのでしょうか?
今回は3社の携帯料金を比較してみました。いずれも通話放題+平均的なデータ通信量と言われているデータ通信料5GBを選択した場合の設定で計算しています。

auの場合

電話カケ放題プラン2,916円+LTE NET324円+データ定額5(5GB):5,400円=合計8,640円/月といった計算になります。
ちなみに他のデータ通信プランは下記の通りです。
◇データ定額2(2GB):3,780円/月
◇データ定額3(3GB):4,536円/月
◇データ定額5(5GB):5,400円/月
◇データ定額8(8GB):7,236円/月
◇データ定額10(10GB):8,640円/月
◇データ定額13(13GB):10,584円/月
どの位データ通信しているかで金額も変わってきます。
毎月割(新規契約・機種変の場合は1386円。乗り換えの場合は2061円などを適用すると更に安くなります。
「そんなに電話かけないしなぁ・・・。カケ放題なんていらないよ~。無料通話とかいらない。データ通信も7GBもあれば十分だよ」と思われるauユーザーの方にとって耳よりな情報があります。
auの場合は現段階では電話かけ放題ではないプランに申し込むことも可能です。
このプランを選択した場合は、基本料934円+LTEフラットプラン5700円=6634円となります。但し、無料通話分はつかず、LTEフラットプランは7GBで制限がかかります。

NTTドコモの場合

つづいて、ドコモの場合はどうでしょう?
カケホーダイプラン2,916円+spモード:324円+データMパック(5GB):5,400円=8,640円/月といった計算になります。前述のauの場合とそれほど変わらないですね。
ドコモのデータ定額プランは下記の通りです。
データSパック(小容量)(2GB):3,780円/月
データMパック(標準)(5GB):5,400円/月
データLパック(大容量)(8GB):7,236円 /月
シェアパック10(小容量)(10GB):10,260円/月
シェアパック15(標準)(15GB):13,500円/月
シェアパック20(大容量)(20GB):17,280円/月
シェアパック30(大容量)(30GB):24,300円/月
ドコモの場合も割引やキャンペーンなどを利用するとさらにお得です。割引は以下の通りです。
ずっとドコモ割(利用年数11~15年目):-600円
ずっとドコモ割(利用年数16年目以上の方):-800円
ありがとう10年スマホ割:月々サポートで432円×24か月=合計10,368円の割引
※ドコモを10年以上利用の場合

ソフトバンクの場合

最後にソフトバンクの場合はどうでしょうか?試算してみましょう。
通話し放題プラン:2,916+S!ベーシックパック:324円+標準(5GB)5,400円/月 合計8,640円
ソフトバンクもドコモ、auと同額になりました。5GBまでならば3社とも同額ですね。
ソフトバンクのデータ定額料金は下記の通りです。
小容量(2GB)3,780円/月
標準(5GB)5,400円/月
大容量(10GB)10,260円/月
大容量(15GB) 13,500円/月
大容量(20GB) 17,280円/月
大容量(30GB) 24,300円/月
ソフトバンクも割引やキャンペーンなどを利用するとさらに安くなります。
のりかえ割:1,000円/月(10ケ月間) ※他社から乗り換えの場合に適応
のりかえ下取りプログラム:940円/月(2年間) ※他社からの乗り換え&使用していた端末を下取りにする場合適用。
機種変更下取りプログラム:1,035円/月(2年間) ※機種編時に使用していた携帯を下取りにする場合に適応)
以上がソフトバンクの割引になりますが、適用条件などもありますので、利用時は注意が必要です。
店舗で店員さんにしっかりと説明してもらう、公式サイトでじっくり調べる事がベターです。

まとめ

以上、携帯大手キャリア3社の携帯料金比較でしたがいかがでしょうか?
電話かけ放題+5GBのデータ通信プランでは3社とも同額でしたが、10GBの場合はauが8640円と他2社と比較して安いようです。かけ放題+10GBの設定の最安はauがお得のようです。
また、auの13GBは10,584円とドコモとソフトバンクの10GBの10260円と大差がありません。3GBも多くて284円しか差がないというのは結構お得ではないでしょうか。そう考えると13GBまでの利用ならばauがお得なのかもしれません。
しかし、auは15GB以上のプランはないのですが、ソフトバンクとドコモにはあります。
15GB以上欲しいのであればドコモかソフトバンクという事になりますね。15GB以上の金額についてはドコモもソフトバンクも同額です。
しかし、ドコモの場合には長期間利用ユーザーに対して「ずっとドコモ割」など一定の割引を設定しています。この割引を利用することでドコモ長期間利用ユーザーは毎月の通信費をグっとお得にできます。
auとSoftBankはキャンペーンが適応になることや他社からの乗り換えキャンペーンの利用などによりトータルするとお得になるようです。
新規購入・機種変更・乗り換えなどのタイミングや自身の使用状況に応じてお得なプランが見つかったら良いですね。

関連記事

ガラケー派なら知って損ナシ!3社の携帯電話料金比較
携帯料金って複雑・・・3社を比較して自分のピッタリを探そう。
これからの参考に!各社の携帯電話料金比較!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧