ソフトバンク

【完全保存版】携帯料金を一年で3万円以上節約する方法

 
24
皆さんは、スマートフォンの毎月の携帯料金はどの程度でしょうか。
もちろん、ユーザーの方々ひとりひとりの使い方によって、毎月の携帯料金は変わってきますが携帯料金を定期的に見直しされたりしていらっしゃるのでしょうか。
へたしたら、毎月の携帯料金は確認せず銀行口座から引き落としだけされていらっしゃる方なんでいらっしゃるのではないのでしょうか。
久しぶりに、たまにはご自身のスマートフォンの毎月の携帯料金を見直してみてください。思っていたよりも携帯料金が高かったり、もう少し安くおさえることはできないのかと感じられるはずです。
今回、ご紹介したいことは毎月の携帯料金を1年で30,000円以上も節約することのできる裏ワザです。
皆さん、知っているようで知られていない携帯料金の節約ワザを余すことなくご紹介していきますので、見逃すことなく一語一句チェックしていただきたいと思います。

節約する前に携帯料金の内訳チェック

そもそも、皆さん毎月の携帯料金の内訳をご存知でしょうか。まずは、そこからチェックすることから始めていき節約へと行動を移していきましょう。
皆さん、毎月の携帯料金を見直しされて、もう少し安く節約することはできないのかと感じられるかと思われますが、節約に始めていくためには、キャリアの開催されているキャンペーンやサービスを把握しなければ30,000円もの節約は不可能です。
また、節約へとアクションを起こされる前に毎月のご自身の携帯料金がいくらなのかよりも、内訳はどうなっているのかを把握することが大切です。
携帯料金の内訳は、最低限かかる内訳としましては、基本料金とパケット定額料金とインターネット接続料324円とその他のオプションサービスやスマートフォンや携帯電話の保証金や機種端末本体の分割価格でしょう。
オプションサービス等は有料のものですし、必要がなければ外されるか最初から付けておく必要すらないので、契約時に付けないのが一番です。
つづきまして、問題となってくる内訳ポイントが基本料金とパケット定額料金と機種端末本体の分割価格です。30,000円以上の節約を試みようと思えば、ここからだといえるでしょう。

節約するためのワザとは?

それでは、具体的にどのようにして一年で30,000円以上の節約を行なっていくのかをチェックしましょう。
一年で30,000円以上もの高額な節約を試みようと考えたときに、単純計算ではございますが、30,000円を12ヶ月で割ってみてください。
一月あたり2,500円の節約が出来れば良いというわけでございますが、2,500円の節約を毎月ってそんなカンタンなことじゃないようにも捉えられます。
しかし、キャリアが開催しておりますキャンペーンやサービスを利用することが問題なく、難なく毎月2,500円、いえ一年で30,000円以上の携帯料金の節約ができます。
さまざまございますが、厳選して携帯料金の節約ワザをご紹介していきましょう。

U25割引

people-315907_1280
まず、一つ知っておいていただきたいことが各キャリアのU25割引です。これは、そのスマートフォンや携帯電話の使用者を25歳未満の方であれば25歳になられる月までは基本料金から割引をいたしますよというサービスなのです。
たとえば、docomoであれば25歳になられる月までは毎月500円の割引が適用となりますので、一年で6,000円の節約をクリアすることができます。
これが年間で見てみると意外と大きいのですが、今回のお題でもある一年で30,000円以上の節約にはまだまだ手が届きません。

他社乗り換え

しかし、節約ワザはこれだけではございません。
たとえば、キャリアごと変更してスマートフォンや携帯電話をお乗り換えされるユーザーの方であれば各キャリアが行っておりますお乗り換え割引サービスがあります。
これは、お乗り換えされてから一年の間は毎月の携帯料金からおおよそ1,500円ほど割引を適用するというキャンペーンです。
すなわち、一年で計算しますと18,000円の割引適用であり、さきほどのU25割引サービスと併用させてみますと、一年で24,000円もの節約になることがわかります。
つまりは、キャリアを変更して他社キャリアのスマートフォンか携帯電話を25歳未満の方もしくは、25歳未満の方を使用者と設定してご契約されれば一年で24,000円の割引というわけです。
しかし、これでもまだお題でもある一年で30,000円以上の節約にはわずかに届いておりません。それでは、その他の節約ワザをチェックしていきましょう。

下取りキャンペーン

15
つづきましてご紹介しておきたい節約ワザは、スマートフォンの下取りです。
こちらの下取りキャンペーンも各キャリアで行われており、しかも他社キャリアからのお乗り換えでと他社キャリアのスマートフォンや携帯電話を下取りに出すことができます。
これが先ほどご紹介したサービスやキャンペーンとも併用できるため、大きな節約ポイントともなりますので、要チェックです。
たとえば、ここ最近であれば各キャリアからiPhone6sが販売されました。iPhoneにおける下取りキャンペーンとしましては、各キャリアおおよそ20,000円ほどの下取りを行われております。
もちろん、現在お使いである機種端末やiPhoneであれば容量も関係してきますが、iPhone5sの16GBモデルでどちらのキャリアで下取りを出していただいても20,000円から25,000円の価格となり、その価格分が新しくご購入される機種端末の本体価格の分割料金から差し引かれます。
また、たとえば毎月下取り割引として945円差し引くとしたときに、本来分割を組んだ新しいスマートフォンの毎月の分割価格が100円であった場合には、100円から945円を差し引いた差額の845円が毎月のご自身の携帯料金から割引きされますので、なんと24ヶ月もの期間中毎月845円の割引きを受けることができるのです。
これを一年で算出してみますと、845円に12ヶ月をかけて10,140円となりますので、さきほどご紹介したサービスの24,000円にプラスしてみると、一年で34,140円もの節約となるわけです。
一年で30,000円以上の節約は意外と容易だったわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、携帯料金を一年で30,000円以上も節約するワザを特別にご紹介してきました。
一見、30,000円以上の節約と考えてみると携帯料金から削ることのできるところなんてあるのかと疑問に思われますが、ちょっとした工夫で一年で30,000円以上の節約は可能です。
この機会にご自身の携帯料金を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

スマホの料金を節約するために知っておきたい裏技5選
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧